So-net無料ブログ作成

「ROMA/ローマ」★★★☆ [映画日記]

Roma.gif


Netflixオリジナル作品ですよ。

時代設定は1970年代で、主な舞台はメキシコシティのお医者さん宅。


インテリ家ですよ!


そこに住み込んで働く家政婦クレオを描いておりますけども。


今まで観てきたNetflix製の映画の中では、トップのクオリティだと思います。

当時の街並や田舎風景を細部まで再現しつくしたモノクロ映像が、圧倒的な美しさ。


ああ、蘇える昭和~!


出てきてもおかしくないですよ、美空ひばり石原裕ちゃんが!!


そんなモノクロ映像の明暗と、劇中で扱われるテーマ「貧富」の明暗がクロスオーバー。

さらに、明暗を分けた「女性2人の人生」まで描かれていて・・・。


もう明暗、明暗で、目がチカチカしたわい!


基本的に、家政婦クレオの日常を追った内容。


お医者さん宅では犬を飼っていて、スゴイですよ、その糞量。


駐車場とか、大便だらけじゃんか~常に!


もう駐車場というより、駐フン場~!!


子どもが駐車場で遊んでいる場面では、フンを踏みゃあしないか心配に。


目が釘付けですよ、子どもの足大便に!


機嫌の悪い奥さまが家政婦クレオに言いますよ「便くらい掃除しなっせ!」と。


フン見て、ついにキレたんですよ!


割と、中盤までは便に縛られた内容。


便映画でしたけども!


「このまま、特別なことは何も起こらないのかな。便以外は」と思って観ておりましたところ。


家政婦クレオが、ボーイフレンドに抱かれてからは、地味ながらドラマチックな展開に・・・。


結果的に、人間ドラマ作品だったと思いますが、それは個人レベルの人間ドラマ。


壮絶体験は、個人個人に訪れるもの。

誰でも人生の問題は1人で抱えて、1人で解決するけれど、よく周りを見渡せば助けてくれる人もいる。・・・という、ささやかな個人ドラマが、いじらしすぎて胸を打ちました。


クライマックスのビーチの場面も、ものすごく良く撮れています。

子役も大熱演していて、奇跡の名場面になっていたと思います。


あの子役グッジョブ。


褒美にチロルチョコでももらって帰んなね!


監督はアルフォンソ・キュアロンなんですよね~。

前作の「ゼロ・グラビティ」では宇宙でのドラマを、今回は個人のインナースペースでのドラマを描いている、という感じでしょうか。


2作のアプローチは180度違いますが、クールな印象は共通~。

あの人の持つ「映画力の幅」を見せつけられた気分です。


物語は、アルフォンソ・キュアロン自伝らしいのですが。

お医者さんの息子が、アルフォンソ・キュアロン自身なのかな?


ボンボンですよ!


Netflix製の映画って、シネコンで鑑賞する商業映画とは全く違うんですよね~。

ライトな客層のために、分かりやすい場面なんて用意いたしません。


全編を辛口表現のまま突っ走る形態に、アルフォンソ・キュアロンの作風がピタッとハマりました。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。