So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ベイウォッチ」★★★ [映画日記]

Baywatch.gif


例によって、ドウェイン・ジョンソン製作・主演の娯楽作ですけども。


世渡り上手な「あの方」のご商売ですよ!


しかし珍しくヒットを逃し、日本では劇場未公開になった作品。


稼ぎ損ねた、恥作品ですよ!


ドウェイン・ジョンソンがベテランのライフガード役。


ツルッパゲで、ド派手な刺青を背負ったライフガードて!


まるで海のヤ●ザじゃんか~!!


そんなドウェイン・ジョンソン演じるミッチが、ライフガードの若手チームを率いて活躍するというお話なのですが。

ライフガードなのに、晴れたビーチにて、溺れている人を助ける場面は、あまりありません。


むしろ活動するのは夜ですよ。


犯罪者を独自に捜査する場面の方が多いです、しかも、それはノーギャラでやっているという!


ああ、ライフガードの仕事って一体・・・。


そしてライフガードのみなさん、いつ休んでいる?!


ミッチは「俺たちの仕事は、誇り高き思想に基づいている(だから賃金も休日もなくていい)」みたいなことを言って部下をまとめてますけども。


それって、キレイな言葉を用いたパワハラのような気が。


しかもライフガード・チームは、麻薬取引をする悪党を退治しようとしているという。


結構な大事件!


そんなのプロの警察に任せなよ~!!


どういうわけか、「正義の味方か、自警団」というキャラ付けがされているライフガードなのでした。


敵のアジトに潜入する戦略を練り、ときには敵と大乱闘。


そのハードな労働体制は、まるでブラック企業のようでした!


ミッチが上司から「事件の捜査をやめろ。ビーチの監視が手薄になっているじゃないか。そんなんならクビだ!」と叱られるのですが。

物語上、上司は敵役なのですがね~。


上司の言ってることの方が正論、・・・と思ってしまいました。


そんな感じで~、筋は「正義と悪の戦い」なのですが。

路線はエロティック・コメディという豪快さ。


全部乗っけてきたわい、素人客が好きそうなもんを!


ドウェイン・ジョンソンまでシモネタを交えたセリフを言っていてビックリ。


清純派で売っているドウェイン・ジョンソンにしては珍しい現象でした。


ライフガードの新人で、ナマイキな水泳選手役がザック・エフロンですよ。


ドウェイン・ジョンソンと張り合う展開になる、ということで。

ザック・エフロンがめちゃめちゃ鍛えてきたわい。


意地でバーベルを上げてきたんですよ!


脱いだら完全にボディビルダードン引き!!


ア、アンタ、何もそこまでやらなくても・・・。


ザック・エフロンは、女装して敵地に忍び込んだりして、彼なりに笑いを取っていました。


ザック・エフロン出演作にありがちな「おちょくられ」という芸風ですよ!


クライマックスは、ドウェイン・ジョンソンとザック・エフロンの相棒コンビが敵のボスを追い詰めて殺傷、という、ドウェイン・ジョンソン・プロデュース作にありがちなパターンで終了~。


人命救助というライフガード文化を木っ端微塵に破壊して、ドウェイン・ジョンソン色で見事に再構築。


こういうの、嫌いじゃありません。



ベイウォッチ [Blu-ray]

ベイウォッチ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント
  • メディア: Blu-ray

nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。