So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ダーティ・グランパ」★★★ [映画日記]

DirtyGrandpa.gif


グランパですよ、グランパ。


ケロンパじゃありませんから!


2016年製作のコメディ作品です。

主人公のマジメでお堅い弁護士役がザック・エフロンですよ。


ありえない主人公だわな、腹筋割れたイケメンでありつつガリ勉っていう!


近年の主演作は、日本では公開されづらい傾向のザック。

うちのレコーダーにも、ザック主演の映画が何本か録画されてますけども。


どうも再生する気分にはならないという微妙な存在に。


難しいお方!


現実感が無さ過ぎて、シリアス作品には合わぬザック。


存在がファンタジーなんですよ、妖精!(←ホメ言葉)


結局コメディ作品への出演が多くなったことが、日本での定着が鈍い理由なのかもしれません。


そんなザック演じる孫が、ロバート・デ・ニーロ演じる不良の祖父から悪い遊びを教わったりして、振り回されるという物語。

デ・ニーロが中心の映画に見えて、ザック・エフロンのファンに向けた、大人のアイドル映画に仕上がっておりました。


全編を通して相当な量のシモネタ~。

劇中では、ザックが、ありとあらゆるセクハラをされますよ。


ものっすごくヨゴされてんよ、下半身の後ろもツツかれて!


キツツキが木をツツくみたいに、ツツかれまくるんですよ!!


裸になって尻まで見せて、卑猥な動作をするザックにもビックリ。


かつては、「ハイスクール・ミュージカル」シリーズで、学園の王子様的存在だったアンタがねぇ・・・。


すっかり大人の動きを覚えなすって!


たいてい出演作では、ヨゴされ気味のザック。


清純派に見えるから、ヨゴし甲斐があるのでしょう。


確かに、ザックのヨゴレシーンは笑えて楽しかったです。


しかし、いくら脱がされ、ヨゴれようとも、どういうわけか清潔感は保っているザック。


全く、いやらしさを感じないところは才能だわな、胸毛から腹毛までボーボーなのに!


下手すりゃ裸芸人になりそうなのにねぇ、江頭さんみたいな!!


ザックがビーチにて「裸になってステージに上がれ」、と言われる場面では「え?俺?ダメだよステージに上がるなんて。恥ずかしいじゃん」みたいな渋る態度を取りながらも、結局はステージ上がるザック。


ザックが、カラオケ・スナックにて「ステージに上がって歌え」と言われる場面では「え?俺?ダメだよステージに上がるなんて。恥ずかしいじゃん」みたいな渋る態度を取りながらも、結局はステージ上がるザック。


どのステージでも、プロ並みのパフォーマンスを見せて喝采を浴びる、というシチュエーションも、ザック映画のお約束という感じで面白かったです。


ザックの父親役がダーモット・マローニーというのも「なるほど」と思いました。


イケメンの家系ってことですよ!


堅物役のマローニーも、最終的には顔面にどえらいスケベ画を描かれていて、笑ってしまいました。


この人、こんなこともしてくれるんですね、意外~。


何でも頼んでみるもんですな〜、イケメンにも。



ダーティ・グランパ [Blu-ray]

ダーティ・グランパ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: Blu-ray

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。