So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「バスターのバラード」★★★ [映画日記]

TheBalladofBusterScruggs.gif


コーエン兄弟監督の新作が、Netflixオリジナル映画として配信~。


ついにネットに乗ったわいあの兄弟。


WiFi兄弟ですよ!


Netflixオリジナル映画ってスカが多いですけども、今回は良かったです。


劇場公開されている映画と違って、Netflixオリジナル映画の場合、予告編やCMを見ないまま鑑賞することが多いのですが。


事前の情報が無いまま、いきなり本番なんですよ、アポなし取材みたいに!


それはそれで、鑑賞時に発見や驚きを感じることが多くて面白いです。


やみ鍋みたいなもんですよ!


作品は西部劇。

冒頭から、身なりが清潔で明るい性格のカウボーイ、バスターが登場。


朝の情報番組に出ているアナウンサーみたいに笑顔がさわやかなバスターですけども。

実はスゴ腕のガンマンで、詐欺や殺人を繰り返す犯罪者だという設定。


「なるほど、殺人ものだね。同時にキャラものだね」と思っていたら、すぐにバスターの出番は終了。


すぐに退却、撤収~!


どうなってんの?・・・と思ったら。


実はこの作品は6編で構成されるオムニバス映画だったんですね~。

バスターのパートが第1章なのでした。


オムニバスとなると、各エピソードは別監督が手がけることが多いですけども。

今回の場合は、全部コーエン兄弟の作品。


あの兄弟のお仕切り!


紅白歌合戦を、全部1人で歌いきるようななもんですよ!!


だから、全く違うエピソードでありながら、渋さと美を兼ね備えた作風に一貫性がありますよ。


一曲一曲が別テイストでありながら通して聴くと統一感のある、シンガーソングライターのアルバムでも聴いているかのような気分になりました。


ラストの第6章だけは、よく分からなかった~。


セリフを聞いていても難しく、右耳から左耳に素通りするだけ。


受け流すしかないんですよ!


モヤッとして、不思議な感じの幕切れでしたけども。


その他の全エピソードは、西部劇らしく野心と死が描かれていて、暴力と孤独という味で個性を付けていたと思います。


暴力演出は流石のセンス~。

わずかにユーモアと毒味を入れる、というさじ加減が素晴らしく、「ザ・巨匠のオムニバス」という感じでした。


匠の味ですよ、ゴールドブレンド!(←ネスカフェかい)


出演している有名スターは、リーアム・ニーソンか、トム・ウェイツか、ジェームズ・フランコくらいで、後は知らない人ばかりでしたけども。

名も知らぬ役者さんたちからも、素晴らしい魅力が引き出されていたと思います。


安くて上手いんですよ、松屋プレミアム牛めしみたいに!


ジェームズ・フランコは、すっかり大人になって、見た目はまるでトム・べレンジャーみたいになってましたよ「山猫は眠らない」だか「山猫は眠らない2」だか何だかの頃の~。



The Ballad of Buster Scruggs

The Ballad of Buster Scruggs

  • 作者: Joel Coen
  • 出版社/メーカー: Faber & Faber
  • 発売日: 2018/12/18
  • メディア: ペーパーバック


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。