So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ボヘミアン・ラプソディ」★★★☆ [映画日記]

BohemianRhapsody.gif


エッ、フレディ・マーキュリーって出っ歯だったの?


「おそ松さん」のイヤミみたいなお口になってるんですけど~?!


演じたラミ・マレックが、思いっきり「付け歯」を装着して大熱演。


序盤でのラミ・マレックは、あまりにも似合わぬ長髪ヅラをかぶってハッスル!


もうね~、恥ずかしいだの何だの言ってられないんですよ!!


クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの音楽人生を再現した作品ですけども。


まーね、ラミ・マレックとフレディ・マーキュリーは、見た目が全く違うのですが。

ラミ・マレックは、ものすごくがんばっていると思います。


顔が似てない分、動きでごまかしたわな!


手足をバタつかせて、観客の気を散らしたわい!!


フレディ・マーキュリー以外のバンドメンバーについては、よく知らなかったのですが。

今回の作品で、他メンバーの情報も知ることができて勉強になりました。


他メンバーは、みんな頭が良かったんですね~。


実はインテリ・バンドだったんですよ!


そんな他メンバーを含めた、クイーン役者さんたちのライブ場面が素晴らしいです。


完璧だネ、その口パク!


そしてエア演奏!!


カネを取れる芸でした。


忘年会に呼びたいくらいですよ!


フレディ・マーキュリーの曲作りや、私生活の裏話が盛りだくさん。

血縁者や子ども時代の写真なども出てきて、小ネタも充実。


おかずぎっしり、幕の内!


バンド結成から出世後、フレディ・マーキュリーが病におかされるまでを描いておりますけども。

なんとも立派で、キレイなストーリーになっている。


少~し感動させるとろこがニクいわな。


心に違和感を抱えているフレディ・マーキュリーが、、音楽活動を続けていくうちに、自分の個性を発見して受け入れていく、という、人間の成長物語になっていたと思います。


話を盛り上げるためか、ちょっとフレディ・マーキュリーがグレた感じになる場面もありますが。


ムクれてしまうんですよ!


犯罪を犯すわけじゃなく、基本的に、まともな男子だったと思います。


ビックリしたのは、フレディ・マーキュリーには嫁がいたんですね!


抱いてたんですね!!


離婚後は、男性に抱かれるマーキュリー。


タイプの男性はイケメンじゃありません。

マイホームパパさんみたいな、ほっこりした癒やし系。


クマのプーさんみたいな殿方!


ビフテキが好きそうに見えて、実は「いも煮」が好きだった、みたいな意外な嗜好!!


父親の愛が欲しいと思いながら生きてきたから、そういう男性に憧れたのかな~と思いながら見てました。


顔をうずめたかったんですよ、ビール腹に!


そんな素朴な好みも、フレディ・マーキュリーの好感度を上げておりました。



ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2018/10/19
  • メディア: CD

nice!(8)  コメント(12) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 12

てむお

いつも楽しく拝見しております。ライブシーン、ボーカルは口パクでほぼフレディ本人の歌ということですが、バックは、役者さんが本当に演奏してたらしいです。そらもう死ぬほど練習したみたいですけど。役者さんも大変だなあと思いました。思ってたのとだいぶと違ってたけど、いろいろ心に残る映画でした。
by てむお (2018-11-18 00:53) 

すだち

フレディ役の俳優さん、線が細くてどっちかと言えばプリンス寄りじゃね?って感じでしたけど、話が進むにつれて見慣れてきたせいもあってか、ちゃんとフレディに見えてきたのはすごかったです。当時、実際にはバンドとしてもっと悩んだり迷ったり揉めたり、色々あったんじゃないかとも思いますが、映画はきれいめにわりかしライトな仕上がりになってた印象。無理やり泣かせたり感動させようとする過度な演出もなく。でもそれでよかったと思います。偉大なバンドのキラキラした時代が描かれているだけで十分でした。ラストのライヴエイドもよかったですが、音作りに拘りまくったレコーディングシーンのあたりもすごく好きです。
by すだち (2018-11-18 09:55) 

のむら

てむおさん。
いつもありがとうございます!クイーン役者さん、なんと猛練習で演奏できるようになっていたんですね!ライブの場面では、ちゃんと指も音に合ってましたしね。大変だったでしょうけど、その凄みは観客に伝わったんじゃないかな、と思います。「てむおさん」という響きが良いですね〜、発声したことのない響き〜。

すだちさん。
フレディ役の人、中盤以降、短髪になってから良くなりましたね。作品は、通好みになると思いきや、ライトでメジャーな仕上がりでしたよね〜。ホント、キラキラ時代がよく描かれてました。性描写もないから、多くのお客さんが楽しめそう〜。実際のメンバーが製作しているからか、レコーディングシーンは説得力がありましたよね。「へ〜、そうやってたんだ〜」と思いながら観てました。


by のむら (2018-11-18 15:38) 

丸坊主のポメラニアン

クイーンには全く詳しくないのですが、なんでかめちゃくちゃ感動してしまいました…。ラミマレックってなんか同情を誘うんですよね~。
また抱きネタで恐縮なのですが、これをきっかけにラミマレックは、メアリー役のルーシーボイントンちゃんを私生活でも抱いてるようですねー。まさかラミがそんなやり手とは知らずびっくりしました。同情して損しました!
あと、ジョセフマゼロ久しぶりにみましたけど、元気そうで嬉しかったです。ジョセフももう35歳なんですね~。
by 丸坊主のポメラニアン (2018-11-18 17:59) 

のむら

丸坊主のポメラニアンさん。
えっ、ラミはルーシーを抱いてしまったんですか!ルーシーって、高嶺の花だと思っていたから少し残念〜。ラミって、言われてみれば同情を誘う顔をしていますね。明らかに弱い動物の目をしていますけども。私生活でのラミは、やり手だったんですね〜。ジョセフマゼロは、久々に活躍してましたね。まさかもうアラフォーとは〜。
by のむら (2018-11-18 18:17) 

内幸町

のむらさん。
私も観ました。最初にかかった曲を聴いて空耳アワーを思い出しました!https://www.youtube.com/watch?v=jIZQMh24i1Y
お気に入りのメンバーのジョンさんをマゼロ君が演じていてうれしかったです。マイ・フレンド・フォーエバーを思い出しました。最後、フレディがお父さんと抱き合って出ていく所で号泣してしまいました。しばらく立てなかった。隣のご夫婦は、もっと号泣していて最後拍手していました。今度は、応援上映で観てみたいです。
by 内幸町 (2018-11-18 22:21) 

LOLA

それほど思い入れてるわけじゃない、ハンカチ持って行きなと言われてもオーバーな・・・と思って臨みましたが、いやとんでもない、気づいたら号泣してました。
何で泣いてるのかわからない、あの頃のその時々の自分を重ねたのか俳優たちや演奏の素晴らしさなのかもうこの人がこの世にいない悲しさ切なさなのかその全部なのか・・・。
RADIO GAGAのあたりからはもう観ていられない、ドアが近かったら出て行きたい!くらいの。
映画観て、嫌悪感以外でこんな感じになったのは初めてです。
確かめたくて明後日のレディスデーを予約済み。
再度行ってきまーす!

by LOLA (2018-11-19 13:39) 

のむら

内幸町さん。
応援上映あるみたいですね。クライマックスのライブ場面とか盛り上がりそう〜。フレディのお父さんも、最後は認めてくれて良かったですよね。基本的にフレディは良い子でしたしね。なんと、隣の席の人は、泣いていたうえに拍手までしていたんですか?!ものすごい感動が得られらようで、うらやましいかぎりです〜。

LOLAさん。
ドアから出ていきたいくらいの感情の高ぶり・・素晴らしい作品に出会えてよかったですね!基本的に、フレディは亡くなっているという切ない空気が流れてはいますけれど。あんなにノリノリの曲ばかりなのに泣ける、っていうのは、スゴイことだと思います。原曲と役者さんたちのプレイがリンクしすぎて異次元の扉が開き、当時の時代感と観客の心もリンクしたとしか思えません。(←大丈夫か自分)毎週レディースデーに観に行ってほしいです!
by のむら (2018-11-19 20:35) 

turf

ズバリ世代な者です。
青春時代wの色々な感情が入り混じり泣きそうでした。
この曲はあの時の彼女と…とか。

で、レコード会社の古いタイプのおっさん役で、マイク・マイヤーズが変装みたいな感じで出ていて「こんな曲で頭を振るやつはいない」的な発言がありましたが、要はあれ「ウェインズ・ワールド」を逆にネタにしているところで笑うところのようです。
by turf (2018-11-19 22:24) 

のむら

turfさん。
ズバリ世代でしたか〜!青春の思い出を蘇らせるには、古い曲を聴くのが一番ですよね。今回の作品、いい企画だったと思います。マイクマイヤーズは、出演者の中で一番有名でありながら、どういうわけか話題に上ってこない人ですけども。なんと「ウェインズワールド」をネタにしている場面があったとは〜。日本人客には難しいネタでした〜。
by のむら (2018-11-20 00:05) 

kaetteyo

昔、ユキのコンサート行って、千人以上のキャパなのに、お客さんが(たぶん)50人くらいしかいなくて、全員ステージ前に集まってボヘミアン歌いました。
という話は置いといて、昨夜、観てきましたよ。「ボヘラプ」。いやぁ、泣けた!!! そしてライブ・エイドの再現シーンは、鳥肌止まりませんでした。フレディ役のラミ・マレック、頑張ってましたね〜。個人的にはブライアン・メイ役のグウィリム・リーが最高でした(そっくり!)。
劇場を出ると数々の名曲が蘇ってくる中、気がつくと、頭の中はノエビア化粧品のCMでいっぱいになってました W
https://www.youtube.com/watch?v=Qw8ua40JmCY
by kaetteyo (2018-11-29 12:58) 

のむら

kaetteyoさん。
kaetteyoさんもハマりましたか〜!ライブエイドの再現シーンは、ノーカット完全版が存在するとのことで、そのうちノーカット版も上映されるかもしれませんね。ノエビアのCMリンクをありがとうございます、懐かしいです!あの曲はノエビアのイメージがこびりついてますよね〜。そして、ユキのコンサートまで行ってたんですね。客入りが悪くても、思い出になって良かったですね!
by のむら (2018-11-29 23:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。