So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」★★★★ [映画日記]

badgenius.gif


高校生のカンニング事件を描いたタイ映画ですけども。


山口達也元メンバーと安室ちゃんが共演した1996年の映画「That's カンニング!史上最大の作戦?」のリメイクじゃありませんから!


洗練味のあるエンターテインメント作品で、世界中でヒットしているのも納得。


舞台は、学園内か試験場が多いです。


試験という縛りなんですよ、テスト・ワールド!(←いやな世界だわな)


タイの男子高校生って、制服が半ズボンなんですね~。


まるでカジヒデキみたいでした!(←死語)


まずは軽くて楽しいタッチのサスペンス調で、高校生たちのカンニングが始まりますけども。

まるで高校生版「ミッション・インポッシブル」か「オーシャンズ11」みたいなノリですよ。


そのうち、だんだん重くなっていく展開がたまりません。

カンニングという題材で、胃が痛くなりそうな危機感を出しているところが素晴らしいです。


高校生なんて子どもじゃないですか~。


毛も生えそろってませんよ!(←もう生えそろってますか)


そんなお子さまが、罪の意識も薄いまま、初めて手を出す不正がカンニング。

まだ悪を知らない若者が、カンニングを止められなくなっていくところが怖かったです。


高校生の心が、だんだんカンニング気質になっていくんですよね~、カンニング体質に!


だんだん太りやすい体質になっていくみたいに!!


高校生自体も、最初は友達や家族を助けるために行う不正でしたけど。

一部の者は、カンニングの目的が私利私欲に変化。

善人が悪人になる過程が鮮やかに描かれていたと思います。


学生たちは「頭は良いけど貧乏家」「頭は悪いけど富裕層」という、大きく分けると2つの派に別れていて、格差社会も表現。


「頭の良い富裕層」がいれば問題は無かったんだけど、そんな人いないのかなお蝶夫人みたいな人は?!


友情を育んだり、対立したり、青春風味もあって、確かに高校生映画なのですが。

描かれているような不正、裏切り、格差は、大人社会にもある問題。


高校生映画でありながら、大人も理解できる心理ドラマに唸りました。


キャスティングも全員ハマってる~。

とくに主人公で、優等生のリン役を演じた子の顔が良いです。


頭が良さそうな顔をしてるんですよ、女・小沢健二的な!


東大顔ですよ!!


リンが、大量の解答を丸暗記する場面では、観てるボクちゃんも脳が一杯一杯に。


ああ、脳が痛い!


あんなに多くの情報を短時間で記憶できるって、やっぱりスゴイわな、ガリ勉さまは!


そんなリン役を演じた女優さんの名前はチュティモン・ジョンジャルーンスックジン。


そのお名前が、いまだに全く覚えられぬボクちゃん。


人に聞かれたときは、カンニングして答えたいです。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。