So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ジーニアス:ピカソ」観終わった~。アントニオ・バンデラスがピカソ役でセクシー・ハゲ路線に進出〜。 [海外ドラマ日記]

いや~、ピカソを主人公にしたドラマ「ジーニアス:ピカソ」な~。

 

誰もが知ってる芸術家のピカソですよ、「芸術は爆発だ」でおなじみの!(←それは岡本太郎さん)

 

ナショナル ジオグラフィック(TV)で全10話を観てみたのですが。

*番組情報はこちら。↓


 

まずはピカソ役がアントニオ・バンデラスなんですよね~。

ホントにものすご~くかんばってました、頭も丸めて!

こちらのお写真が劇中のバンデラスと、ピカソ本人。

なんとな~く似てる~。↓

p1.jpg

 

若かりし頃のピカソを演じた若手男優も、本人になんとな~く似てる~。

こちらのお写真が劇中の若手男優と、ピカソ本人。↓

p2.jpg

 

まずは、再現率を重視したキャスティングが大成功~。

 

今年のテレビ界の祭典「エミー賞」のリミテッド・シリーズ部門にも、いくつかノミネートされていた本作。

主演男優賞は、てっきりアントニオ・バンデラスが受賞するのかと思ったら・・・。↓

p3.jpg

 

リミテッド・シリーズ部門の主演男優賞は、かつてドラマ「Glee」に出ていたダレン・クリスが受賞してビックリ仰天。

ダレン・クリスですよ、ダレン・クリス。

ダレノガレ明美じゃありませんから!

 

ノミネートされていたのはバンデラス他、ベネディクト・カンバーバッチ、ジェフ・ダニエルズなど。

このメンバーの中から選ばれたなんてスゴイです。

こちらのお写真は受賞時のダレン・クリス。

まさかアンタの時代が来るとはねぇ。↓

p4.jpg

 

「ジーニアス:ピカソ」は、ピカソが生まれてから死ぬまでを描いているドラマなのですが。

ピカソの愛人関係がドロドロすぎて、逆に笑いました。

結構な愛人の数ですよ。

愛人量がスゴイです!

 

こちらの写真は、愛人と愛人が鉢合わせして大ゲンカする場面ですけども。

写真右の愛人マリー=テレーズ役を演じているのは、「キングスマン:ゴールデン・サークル」にも出ていたポピー・デルヴィーニュだったんですね。

意外にも演技が上手すぎて気づきませんでした〜。↓

p5.jpg

 

手がけた絵画の裏話も充実していて、楽しかったです。

バンデラスは「今後はセクシー・ハゲというジャンルで活躍か?競う相手はジェイソン・ステイサムやマーク・ストロングか?」と思ったのですが。↓

p6.jpg

p7.jpg

 

ドラマが終わったら、もうハゲはやめるみたいです。

「ハゲ、やめるってよ」ですよ!↓

p8.jpg

 

こちらのお写真は、愛人を演じた女優陣。

ドラマを離れてもバンデラスのことを愛してやっとくれね。↓

p9.jpg

 

*海外ドラマBOARDでも「ジーニアス:ピカソ」について書かせてもらいました。

ぜひご覧ください。(タイトルをクリック↓)

 



nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。