So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「500ページの夢の束」★★★ [映画日記]

PleaseStandBy.gif


今のダコタ・ファニングも演技力が素晴らしいのですが。

怪演しまくった子役時代のインパクトが強すぎて、今は普通に見えるのが損だわな。


霞んで見えるんですよ、モヤがかかったスカイツリーみたいに!


今回のダコタちゃんは自閉症の小娘役。


いまだに設定は生娘ですよ!


自閉症演技も上手にこなすダコタちゃんですけども。

ダコタちゃん演じるウェンディは「スター・トレック」マニアという設定。


劇中では「スター・トレック」クイズを出題されたら即答する子。


全問正解ですよ、「クイズダービー」の優秀な解答者はらたいらさんみたいに!


やがてウェンディは「スター・トレック」のオリジナル脚本を書き始めましたよ。


「好きだね~アンタも。ヲタだよね!と思いました。


自作の「スター・トレック」脚本をハリウッドの業界人に認めてほしくて、ウェンディは自力で街を出る、という展開。

ガールズ・ロード・ムービーという形態の中に、「スター・トレック」というサブカルチャー要素を散りばめているところが魅力ですよ。


ふりかけているんですよ、白飯にのりたまでもふりかけるみたいに!


おいしいんですよ!!


最低限「スター・トレック」ファンの取り込みが可能な、心ニクい仕掛けでした。


かわいらしい便乗ですよ!


劇中劇としての「スター・トレック」映像もありますが、とくにスポックやカークが出るわけではありませんでした。


しかし、ウェンディの姉オードリー役を演じたアリス・イブって、「スター・トレック イントゥ・ダークネス」に出てる人だったんですね~。

実はサービス心のあるキャスティングなのでした気付きづらいですけども!


物語は予定調和で、まあまあ普通だと思うのですが。


他人との関わりが難しい人間が、ひとつの夢を抱き、それまで体験したことのない日常の冒険に踏み出して行く、という設定はベタですがグッとくるものがありますね。

誰の人生にも、知らない社会の中に飛び込む時ってありますから。


また、ときどきウェンディが人に騙されたりする場面とかも、やっぱりベタだけどグッときました。


悪意のある人間に出会って愕然とするウェンディを見て、「人生には、そういうときもあるんだよ。悪意を持った人間なんてウジャウジャいるんだよ!」と思いました。


結局、鑑賞中はウェンディの応援モードになるんですよね~。


道中のウェンディは、とっても演技が上手いワンコを連れているし~、空っぽのお財布を握りしめているし~。


どことなく「家なき子」by安達祐実みたいな風情も。


「空と君のあいだに」が聴こえてきそうでした、中島みゆき姉さんの!


道中ウェンディは、親切なオババとオジジの車に同乗させてもらってましたけども。


ハンドルを握ったオジジが、絵に描いたような見事な居眠り運転!


なんかもう、心の底からオジジをビンタしたかったです、入れ歯が飛ぶほどの!!


あの後のオババとオジジがどうなったのか気になります。


今頃、三途の川かな?!



Please Stand By

Please Stand By

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。