So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「MEG ザ・モンスター」★★★ [映画日記]

TheMeg.gif


メグ・ライアンがモンスター化する映画じゃありません。


今年一番のサメ映画ですけども。

今回のサメは一味違いました。


小型のクジラよりでっかいサイズですよ、スゴイ肉付き!


そんな巨大サメに出会ってしまい、退治することになる主人公役はジェイソン・ステイサムですよ。


今回のステイサムは海に入るっていうことで、お得意の格闘技は披露しませんが。

実はお水との相性が良いステイサム。

元・飛び込み選手ですからな。


泳げる人材なんですよ、スイスイスイスイ!


ステイサムがお水に飛び込む場面がありましたが、ちゃんと自分でこなしていて、キレイに着水してました。


「腹打ち」なんてしませんから、あの子は!


そんな「ステイサムVS.魚」の構図が新鮮でしたけども。

米国と中国の合作ということで、臭い芝居とか、ハイテクに漢字が入ったデザインセンスとか、ものすっごく中国っぽいです。


中華スタイリッシュ感が爆発~!


もはや中国映画を観ている気分でした。


劇中、サメの密猟場面がありましたけども、サメの体からは見事にヒレだけ切り取られていて苦笑い。


ああ哀れ、フカヒレスープの原料にされたサメたち!


お国柄だわな!!


そんな場面を見ていると、なんだかフカヒレスープを食べたくなってしまうのでした。


すすりたいんですよ、サメ汁を!


中国資本が入った「パシフィック・リム:アップライジング」と同じように、劇中では中国人キャラクターが大活躍していて、日本人キャラクターは雑に扱われていて悲しかった~。


しかし群集シーンでは、中国人の食われっぷりもお見事。


あんだけ食われりゃあたいしたもん!


中国女優のビン子さんが主役級の扱い。(←リー・ビンビン)


ビン子さんが裸のステイサムに出くわし「やだ~もう~!・・・ステキな体ね」みたいな、モジモジしつつも目は筋肉に釘付け、みたいな態度をする場面で笑いました。


初々しかったです、2人ともアラフィフだけど!


ステイサムは、ビン子さんにも、彼女の娘にも優しく接していて、とくに娘をあやしている場面は「萌えどころ」。


「ワイルド・スピード」シリーズでも見せてましたけど、なんなんでしょうね、この「ステイサムと幼子の組み合わせ」の妙。

超・弱い者を、超・強い者が守るという「萌え」を堪能いたしました。


中国での上映を見越してか、実は残虐な場面って無いんですよね~。

人が食われる場面も、水しぶきが多くてよく見えません。


上手にごまかしてんよ、バシャバシャバシャバシャお水をかけて!


そのかわり、サメが突然現れるというドッキリ場面がハード感を出して観客を魅了。

ボクちゃんも、ドッキリ場面に出くわすたびに椅子から飛び上がってました。


そんなサメと対決する人々の作戦が「1人で海に入り、サメのヒレに発信機を付けよ。1人で海に入ればサメも気付くまいなど無謀なプランばかりで唖然・・・。


知恵を感じない!


しかも彼らはお船に乗っているにもかかわらず、お船がちょっと揺れただけでバンバン海に落とされるんですよね~。


「みんな船室に入って、おとなしくトランプでもしてなよババ抜きでも!」と思う場面ばかりで楽しかったです。



MEG ザ・モンスター (角川文庫)

MEG ザ・モンスター (角川文庫)

  • 作者: スティーヴ・オルテン
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/08/24
  • メディア: 文庫

nice!(9)  コメント(7) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 7

怪しい探麺隊

いろいろと「荒っぽい※」映画だなぁ...と思いながら、それはそれとして楽しく鑑賞しました。
※ 全体の筋立ても、サメ対策の作戦の1つ1つも、小さな可愛い娘と母一人子一人なのに無茶ばっかりしたがるビン子さんの設定も、1万メートル潜れるにしちゃチャチな潜水艇も...

荒っぽいと感じさせて、なお楽しませるんだから、意外に優れた映画なのかも知れない.....

by 怪しい探麺隊 (2018-09-16 10:33) 

sakaya

うわーステイサムとサメってたまらない。サメ映画好きの知人はきっと見るんだろうなあ。上映館近かったら私も行きたい…あ、近所でやってました。現在激務中なので上映期間が長いといいんですけど、無理かな?
by sakaya (2018-09-16 12:17) 

かつかつ☆

管理人さん、お久しぶりです☆
私もメグ・ライアンがモンスター化する映画かと思っておりました(汗)

ステイサムとサメ似合いすぎです!
あ、実生活ではパーペキクールビューティーなモデル兼女優さん(名前が長くて思い出せない!)抱いているんですよね。
by かつかつ☆ (2018-09-16 15:25) 

のむら

怪しい探麺隊さん。
そうですね、サメ映画はこれくらい雑な方が楽しいのでしょうね。大勢でキャッキャ、キャッキャ言いながら観るのに最適な作品でした。言われてみれば潜水艇が安っぽかった〜。

sakayaさん。
サメ映画の中では上等な部類です。数あるサメ映画の中では、残虐場面が無いところが特徴だと思います。これは、しばらく上映してそうだから、そのうち観てみてくださいね。
by のむら (2018-09-16 15:31) 

のむら

かつかつ☆さん。
そうそう、ステイサムは実生活でパーペキなクールビューティを抱いてるんですよね!2人の年の差は20って言うんだからスゴイです。ほぼ娘世代ですよね〜。メグ・ライアンがモンスター化する映画も、あれば面白いかも〜。
by のむら (2018-09-16 15:34) 

こけし先輩

ルビーローズを戦闘員として使わないのがもったいなさすぎだと思います!
by こけし先輩 (2018-09-16 23:45) 

のむら

こけし先輩さん。
ルビー・ローズこそサメと戦うべきでしたね!今のハリウッドで、最も機関銃が似合う女優だと思います。今回ルビーの顔を見て「ちょっと老けたかな」と思いました。老け込んでしまう前に、またモンスターと戦っておいてほしいです

by のむら (2018-09-17 15:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。