So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」★★★☆ [映画日記]

TheFloridaProject.gif


フロリダの安モーテルを舞台に、貧困母子の苦悩が描かれていますけども。


見た目はカラフル、ドリーム貧乏~!


主な登場人物は6歳の子どもたち。

お子さま目線で見た風景だから、殺伐とした設定なのにポップで賑やかな印象なのでしょう。


主人公の女児ムーニーは、毎日走り回って遊んでいる。


無邪気なもんだわなキャッキャ、キャッキャ、キャッキャ、キャッキャ!


冒頭からお子さまキャラの叫び声がスゴイです。

ちょっとそこまで歩いていくだけで「ぐあああああああ」「ぶぶぶぶぶぶぶ」で、もう、うるさいの何の。


モーテルの支配人にも絡みまくるお子さまたち。


じゃれてくんの!


近所のおばさんには「うっせんだよババア!」みたいな暴言。


たしかに6歳児はかわいいですけども。

同時に相当うっとおしい~!


アンタら、じっとしとかんかい。


そこに正座しときな!

 

まさにプリティ・モンスター。

お子さまの表現が生々しくて素晴らしいです。

西洋の是枝作品という感じですよ。


演技のアドリブ感がものすごいのですが。

最後まで観ると、子役たちは、おおむね脚本のとおり演技をしているんだな、ということが分かります。


演技とアドリブが半々という感じなのかな。


なんとまあお達者な!


子役に、ここまでの芸をさせるとは。


見事な調教~!(←猿回しかい)


物語の中盤くらいまでは、遊んでいるだけのお子さまたちですが、次第に、道行く人に小遣いをせがんだりしますよ。


せびるんですよ、銭!


「なあ、おばちゃん、アタイたちに小銭ちょうだい、アタイたち喘息なの」みたいなホラも吹き。

その手慣れた感が、貧乏生活の長さを物語っています。


だんだん貧乏表現が深刻になっていき、女児ムーニーの母ヘイリーが、偽ブランド商品を観光客に売りさばくような、危なっかしい場面も。

あまりにもお子さまたちが無垢で輝いていているから、観ている間は「この物語がハッピーエンドでありますように」と祈るばかりでした。


母ヘイリーの不器用さが痛々しい~。

仕事、友情、金銭の支払い、人生のあらゆる場面でぶつかりますよ。


社会に向き合えない女。


はみだしてんの、はみだし女!


母ヘイリーと娘ムーニーの関係は良好。

貧困だけど幸せな家族なんですよね~。


カネだけが問題で、どうにかなりそうで、どうにもならないという現実世界と、お子さまたちが生きるファンタジックな世界が交錯。


ワンダー貧乏ですよ!


不思議感あふれる作風が、相当楽しかったです。



モーテルの管理人を演じたのはウィレム・デフォーですよ。

デフォーにしては珍しく、普通のおじさん役でしたけども。


味はあります、出汁は出る!


まだ出がらしじゃナーイ!


狭い事務所で、パソコンのキーボードをカチャカチャやって数表を作るデフォーが、かわいらしかったです。



Florida Project / [Blu-ray] [Import]

Florida Project / [Blu-ray] [Import]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 2

ちびまま

どうにもこうにも、しつけってものが全く無いガキどもと、生まれっぱなし自分も無教育の馬鹿っ母にイライラしぱなっしだった。オスカー候補のデフォーも、まぁいい人ではあるけれど積極的に介入しようとしないし。アメリカにだって生活保護制度はあるだろうに、金が無くなったら売[新月]しか無いとは! アル中やヤク中で無い所が救いだけど。騒ぎまくるガキの許容量に乏しい私目には辛い映画だった。
by ちびまま (2018-05-28 17:07) 

のむら

ちびままさん。
冒頭の「つば吐き合戦」からスゴかったですよね〜。うちの親戚の男の子たちが6歳くらいのとき、大雑把に言えばあんな感じだったかな。あの子供のモンスターっぷり、お子さんが3人くらいいるお母さんは大変でしょうね〜。
by のむら (2018-05-28 23:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。