So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「サバービコン 仮面を被った街」★★★ [映画日記]

Suburbicon.gif


サバービコンですよ、サバービコン。


サバ缶じゃありませんから!(←誰も間違えませんか)


ジョージ・クルーニー監督作品です。


おニー様の映画~!


しかし、どういうわけかこの作品、ひとつも話題になっていない。


日本人はサバービコンに興味がないんですよ、サバ缶は好きだけども!


「きっとこの映画はつまんないんだね」と思いながら劇場入りしたボクちゃん。


ダメで元々ですよ!


そうやってハードルを下げていたせいか、本編は楽しめました~。


時代設定は1950年代、舞台はアメリカの住宅街サバービコン。

あるお宅にまつわる奇妙な殺人事件を描いたクライム・サスペンス作品です。


冒頭から、ジュリアン・ムーアが二役で登場~。

同じ画面にジュリアンが二人いるという不思議~。


ボクちゃんピンときた。


ハハ~ン、さては合成画面だね。(←誰でも分かりますか)


そっくりな姉妹をひとりで演じているジュリアン。

夫役はマット・デイモンだという。


マット・デイモン、これはまた、ずいぶん年上の女房を抱いてんじゃん!・・・と思いましたけども。


マットとジュリアンのツーショットは意外にお似合いでした。


ジュリアンって年下の男性が似合うのかも。

かわいい年上女房って感じも出せますしね。


計算できるんですよ!


そんなご家庭で不審な死亡事故が発生。

犯人は意外な人物だった・・・という展開で、1950年代の風景も手伝って、なんとも粋なサスペンス劇が味わえるのですが。


今回の物語で最大の特徴は、黒人差別の表現がフィーチャーされているところ。


主人公宅の隣人は黒人一家で、物語の最初から最後まで常に白人から嫌がらせをされているという状態。

しかも、その黒人差別がメイン・ストーリーには一切絡んでこないというのが面白いです。

差別表現は、ただの背景なんですよね~。


奥ゆかしい差別ですよ!


サスペンスが盛り上がってくると、黒人差別もエスカレート。


大人しい黒人と対照的に、カネ、性、虐待が大好ききという白人の醜さが浮き彫りになるという仕掛けで、演出効果がバッチリ。

新しいタイプの差別表現でした。


白人と黒人の男児は仲良し、という場面もニクいです。

あの子ども2人だけが、明るい未来を感じさせてくれて良かったです。


やっぱり子は宝ですな!


あの子たちが飼っている動物がヘビっていう場面では「このバカガキが!そんなもん捨てんかい!!」と思いましたけども。


ジュリアンが男児に作る食事が食パン!


食パンの1枚にはピーナッツバターを、別の1枚にはいちごジャムを塗って。


2枚を合わせて完成~って、簡単に済ませたわなアンタも!


みそ汁くらいに煮たら!!・・・とも思いましたけども。


あの食パンも、おなかがすいているときには美味しいのでしょう。


晩ゴハンがあのパンだと、ちょっと甘すぎるけども。


晩ゴハンのおかずにするなら、やっぱりサバ缶の方がいいよねぇ。



Suburbicon / [Blu-ray] [Import]

Suburbicon / [Blu-ray] [Import]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray

nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 6

内幸町

のむらさん。
私も観ました。
最初の方で観に来た事を後悔しはじめました(笑)
いただいたチケットなので最後まで我慢して観ました。
子役の子 がんばってましたね。
なんか嫌な気分になった。。
by 内幸町 (2018-05-23 00:10) 

M

ふたりの子供が仲良くするところは、良かったですよね。それに比べて周囲の大人のひどさ。もしかして、大人ってイヤ~ね!というテーマだったのかな。
ジュリアン・ムーア、どこに向かっているのか…不思議な女優になりましたね☆
by M (2018-05-23 13:16) 

のむら

内幸町さん。
冒頭から、なんとも嫌味な白人たちでしたね。クライマックス以降はバイオレンスもあって、なかなかハードな家族サスペンスでした。最後まで我慢してえらかったですよ!

Mさん。
大人ってイヤ、っていうテーマ、あったと思います。子供たちが仲良くやっているから、「大人って古い」という感じも出てましたね。賞をとったりした実力派俳優で社交性がある人は人脈ができて、オファーされた仕事も断れなくなるのかな。ジュリアンムーアも仕事を断らないタイプですよね〜。
by のむら (2018-05-23 19:50) 

ちびまま

ピーナッツバター・ジェリー・サンドイッチはアメリカの子供達のランチバッグの定番。大人も軽食で良く食べるけど、アメリカの(ってか海外の?)ピーナッツバターにはお砂糖が入ってないので、全然甘くない、ジェリー(なぜかジャムとは言いません、どうみてもゼリーではないけど)を足して丁度いい甘さ。無糖ピーナッツバターをセロリに付けて食べるのも定番。

しかしこの映画さっぱり話題になりませんでしたね。
by ちびまま (2018-05-24 14:28) 

ちびまま

そしてゼリーはジェローjell-o(元々商品名らしい)ですね。紛らわしい。
by ちびまま (2018-05-24 15:02) 

のむら

ちびままさん。
あのピーナッツバターとジャムのサンドイッチ、米国ではそんなによく食べられているんですか?!子どものお口には合うのかな〜。あれが食事なら、お母さんも炊事がラクでしょうね〜。火も水も使いませんもんね。
by のむら (2018-05-24 23:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。