So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「君の名前で僕を呼んで」★★★★ [映画日記]

CallMeByYourName.gif


17歳の少年が、年上の男性に好意を抱いて始まるひと夏の経験。


兄貴に抱かれた熱帯夜!・・・そんなお話。


メンズの抱かれ物語ですよ!


まずは1980年代を舞台設定としたイタリアの田舎風景が素晴らしい~。

圧倒的な情緒ですよ。


真夏の暑そうな空気感があると思えば、泉のお水の冷たさも。


沸かしたうどんに、びっくり水をかけるような演出ですよ!


恋の情熱と、それを冷ます理性という温度差が描かれているお話だったから、ちょうどいいロケーションでした。


そして、一瞬たりとも気がそれることのない編集、音楽使いなどもセンスがバッチリ、脚本も演技付けも相当丁寧で、作品の完成度の高さがスゴイことになっています。


幕切れも素晴らしくて名画の風格~。

30年くらいは語り継がれそうな秀作ですよ。


監督のルカ・グァダニーノというお方は間違いなく巨匠だわな。


アンタ一流芸能人!(←アンタ呼ばわりですが)


ここまで作り込まれた世界観だと、いっぺん入ったら抜けられぬ。


みんな兄貴にズブズブハマる!


兄貴という名の蟻地獄~!!


兄貴役オリヴァーを演じたのは網浜さんですけども。(←アーミー・ハマー)


今回の網浜さんを見て、ボクちゃん、脳天に雷を受けた気分。


電気が走った神経に!


網浜さんに1980年代のゲイ役がハマりすぎている。


初めて見たわい、こんなに濃い顔が生かされている網浜さんを!


主人公の少年エリオの前で、半裸でウロウロするオリヴァーからは色気がプンプン。


なんかヘンな色気ですよ、妙な臭い!


基本、オリヴァーの下半身は短パン姿。

しかも、ものっすごい丈の短い短パンで、お色は白。


あんな短パン、ボクちゃんは穿きこなせやすまい。


まずは白地に尿ジミが付くのが心配だから!


エリオ役を演じたティモシー・シャラメ君もなんじゃいこの子!


ア然とするくらい表現力が豊かでした。

すごい子が出てきましたよ、芸能界!


冒頭では、見初めあってはいるものの、目線すら合わさないオリヴァーとエリオ。


周囲にバレたら終わりなんですよ、バレたらパー!


心の内に秘めた思いの表現が、いちいち繊細。

誰にも相談できない、誰の援助も期待できない恋愛なんですよね~。

これは、ものすごい重みです。


その反動で、思いが実ったときの幸福感はハンパない。

そこらに転がっている男女間の恋愛を描いた映画が、安いB級に見えるくらいに人間味があふれていました。


エリオの父母は知性的。


インテリ家!


インテリ要素のおかげで、若さの勢いも論理的かつ詩的に伝えてきますよ。


思春期の男子の性が、なんともお上品なお味に。


食べやすいお味に仕上がりました、素うどんみたいに!


ラストシーンまでたどり着くとエリオの両親役の演技も実は見事だったことに気付きます。

実は、家族ドラマとしてもご立派!

ホント、いいご家族でした。


ラスト付近で、父親がエリオに語ったメッセージも、いいことを言っていたのですが詳しいことは忘れました!


ただ「誰からも良い顔をされるのは若いうちだけ。(年をとったらもう散々)」みたいな意味合いの言葉にはグサッときました。


確かに父ちゃんの言うとおりでした。


年をとって分かったわい、父ちゃん、アンタのおっしゃるとおりでしたから!



Call Me By Your Name / [Blu-ray] [Import]

Call Me By Your Name / [Blu-ray] [Import]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray


 

nice!(5)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 8

お名前(必須)

のむらさん

この映画の脚本を手がけたのって、J・アイヴォリーですね。あのカズオ・イシグロの「日の名残り」とか「ハワーズ・エンド」とか名作いっぱいの監督さんですよ。御年89歳でこの作品でアカデミー賞取りましたからね。すごいの一言ですね。最も「モーリス」という映画も撮ってますから、お手の物だったのかも知れませんが。

https://www.youtube.com/watch?v=PWYEeMTEEvw
↑と動画探してたら、4Kで再上映されるみたいですね。商売上手だなあカドガワ。
by お名前(必須) (2018-05-17 21:51) 

ネスカフェ

↑のコメントは私のです。お騒がせしてスミマセン(^^)
by ネスカフェ (2018-05-17 21:52) 

内幸町

最後の暖炉?の所で泣いてるシーン
もらい泣きしてしまった。
家に帰ってAMAZONで歌をダウンロードしました。
豪華版パンフレットっていうのがあったんですね。
知らなかった。買って家宝にしたかったです。


今週は、シュワちゃんの息子の映画を観ました。また号泣。

by 内幸町 (2018-05-17 22:33) 

のむら

ネスカフェさん。
だから今「モーリス」が上映されてるんですね!理由がわかりました、ありがとうございます!「モーリス」の監督が脚色していたんですね〜。89歳でまだまだやれますね、ビックリです。

内幸町さん。
豪華版パンフもサントラも売れてるみたいですよ!ハマる人がいるのもわかる気がします。ラストシーンがいいから、余韻にひたったまま帰宅し、そのままネットでサントラを買ってしまう、というパターンかな。
by のむら (2018-05-17 23:36) 

バーニ

おおっ、モーリスではないですか!
中学生のころ『ロードショー』誌の写真でヒューグラントに一目惚れしましたが、なにしろ中学生。見たいとは言えず、少し年上の従姉の家で見せてもらったのがいつだったか。R15なんですね。当時はレーティングなんて無かったですよねぇ。
by バーニ (2018-05-18 18:31) 

のむら

バーニさん。
中学生時代の甘酸っぱい思い出エピソードをありがとうございます!「ヒューグラントに一目惚れ」っていうのがいいですね〜。僕は「モーリス」を観たことがないのですが、R15ってことは、性的な場面も少しはあるのかな。中学生のバーニさんが、どんな顔して鑑賞なすったのやら。言われてみれば昔はレーティングなんて無かった気がする〜。
by のむら (2018-05-19 00:28) 

ちびまま

前評判につられて見ましたが、私目には今イチでした。その一因はやはりあまりにも「禁断」感がない。舞台が比較的開放的なイタリアだったりユダヤ人だったりか、本人たちも当然の帰結の様に、周りもほとんど見てみぬ振りの様に、ただただ美しい景色の中で、ひとなつの体験が進んで行く。なにも同性じゃなくても年上の女性でも、外国からきた少女でも同じ。「ブロークバック・マウンテン」や「キャロル」の様な、窮極の愛の切なさが無さすぎ。当て馬みたいな少女に対しても申し訳なさが無い。ただ好奇心に負けただけみたいな。もの分かりの良すぎる親父の言葉が逆に居心地悪かったです。
by ちびまま (2018-05-19 21:18) 

のむら

ちびままさん。
原作の時代設定は1987年、近代だから禁断感がないのでしょうね。シリーズ化されるみたいですが、続編でもエイズとか時代に合った問題を取り入れていくみたいですね。抱いた女子への対応は、17歳の男子としては、大変リアルだったような気がします。
by のむら (2018-05-20 15:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。