So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎」★★★ [映画日記]

kukai.gif


主人公は空海だという。


坊さん映画ですよ!


中国に滞在していた頃の空海が、現地で摩訶不思議な謎を解くという、日中合作の歴史エンターテイメント・ムービーですよ。

中華ファンタジーというジャンルが相当新鮮でした。

「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」みたいな、ド派手なテンション。

美術的なもののクオリティが最高で、セットや大道具もいちいちデカくて、超大作の香り~。


おカネの香りですよ、紙幣のスメル!


こういう世界観のテーマパークがあるなら、いっぺん行ってみたいです。


中華ランドですよ!


もしもそこに行ったなら、おなかいっぱい食べてみたいな焼き餃子!!(←安上がり)


原作は夢枕獏さんということで、獏さんの小説「陰陽師」みたいな感じのお話なのですが。

お話自体は地味なんですよね~。

よくもまあ、この話に、ド派手な演出を付け足せたな~、と感心しました。


盛り上げ上手ですよ、盛り付け上手!


監督は、まさか、まさかのおカイコー!!(←チェン・カイコー)


中国を代表する巨匠のカイコーさんが、日中合作映画を撮ってくださったことに、まずは感謝ですよ。


日本人の出演者もいるし、日本語をしゃべる場面もありますよ。

これがカイコーさんの作品だと思うとありがたや~。


明らかに世界での大ヒットを見込んでいる作品ということで。

もしかしたらカイコーさん、映画作家としての魂を売ってしまったのでは?


積まれた札束を前に、ひれふしたのでは?・・・と思ってましたけども。


観てみたら手抜きはほとんど見当たりませんでした。


1場面、CG製の猫ちゃんが泣いたりして、演技をしている場面だけは安かったです。



しかしストーリー上、CG猫が演技をせざるを得ない状況。


カイコーさんが魂を売ったとしたら、そのお相手は猫ちゃんなのでした!


空海役を演じているのは染谷将太くんですよ。

あの将太くんが、カイコーさんの監督作で主役だと思うと感慨深いです。


坊さん役だから当然丸坊主ですよ。


そりゃ喜んで剃りますよ、巨匠の作品だもん!


頼まれなくても剃り上げるわな、上から下まで!!


空海は20代という設定なのでしょう。

ちょこまか動き回るし、妖術も使うし、チャーミングな空海像になっていたと思います。


チャーミング僧侶ですよ!


楊貴妃も出てくるのですが、20代の空海が生きていた時代と、楊貴妃が生きていた時代の差は30年ほどだったんですね~。

楊貴妃がヒロイン役みたいなもので、カイコーさんの持ち味であるド派手な演出も、楊貴妃が出てくる場面で存分に味わえますよ。


楊貴妃が出席するパーティー会場内には、超アクロバティックなパフォーマンスが繰り広げられてますよ。


人が空中で浮いとったから、しばらく!


ゼロ・グラビティですよ、まるで宇宙!!


パーティ会場の中心にはお池があるのですが。

どうやら中身はお酒みたい。


アル中にはたまらん、酒の池~!


楊貴妃が民衆の前に姿を見せる場面では、楊貴妃が民衆の頭の上を、空中ブランコでブランブラン!


命綱なしでのパフォーマンス。


プリンセス天功みたいでした!



沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一 (角川文庫)

沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一 (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2012/06/25
  • メディア: Kindle版

nice!(8)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 3

sakaya

かつての「さらば、わが愛/覇王別姫」が好きだったのでどうかなーと思ってたのですが、丁寧な作りみたいでよかったです。
でも明らかに金はかかってますよね。あと積まれてもいそうですね。
染谷君のビジュアル解禁になったときはハマっててびっくりしました。
by sakaya (2018-03-09 03:17) 

ぽん♪

これ、私の中で、近年まれに見る、「映画館で観たらすごいかも映画」だったので、のむらさんにとりあげていただけてうれしいです!

ただ、あまりにも丁寧で豪華な仕上がり過ぎて、大音響、大混雑だと、おなかがいっぱいになるかもな・・・とか、例によって突然やってくる、個人的なトイレ休憩をはさむのもめんどくさいな、で、迷ってはいますけれど。

色々忙しい時期だから、もうちょっと落ち着いてからかなぁとは思いますけれど、本当に久しぶりにやってきた、映画ってやっぱりいいよね、は大事にしておきます。(笑)

染谷君の空海、ビジュアルから、なぜかとってもいい感じで、そういう意味でも、日中友好な感じでいいですよね。楊貴妃の美貌も、安定のヒロイン像にはぴったりなのかもしれませんし、いつか見てみたいです。
by ぽん♪ (2018-03-09 05:44) 

のむら

sakayaさん。
ゴージャス感はありましたよ。CGがいっぱい使われているタイプの娯楽作でした。染谷くんは、坊主頭が似合いますよね〜。目つきも鋭くて若い空海役にピッタンコ〜。そういえば僕「さらばわが愛」を観てなかったな。

ぽん♪さん。
楽しい感じの作品で、若いお客さんが喜びそうな作品でしたよ。そして楊貴妃が綺麗でした。静と動が交互にやってくるお話なのですが、「静」の時におトイレに立つお客さん、何人かいましたよ!実はこの作品。日本では客ウケが悪いから、早めに上映が終わるかも〜。
by のむら (2018-03-10 00:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。