So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2017年、なんかスゴかった「実話を元にした映画」ランキングを発表してみる。  [ランキング]

いや~、2017年のNHK紅白歌合戦な~。


安室ちゃんが出るってよ、あの子が!


本番が楽しみですけども。


久々に紅白に出演する安室ちゃんですが、バッキバキの英詩ダンス曲をクールに歌って踊って、サッと帰ってほしい。

曲中はニコリともしないで、視聴者をドン引きさせてほしいな!

その方がカッコいいじゃん、なんかシャーリーズ・セロンみたいで!!


さてさて、そんな2017年。

実話を元にした映画をたくさん観たわい。(←話題が変わりすぎ)


2017年に観た、なんかスゴかった「実話を元にした映画」を、ランキング形式で紹介しておこうと思います。



1位「パトリオット・デイ」

悲劇の実話でありながらアクションや愛が満載で、エンタメ映画としても完成度が最高。

パトリオット・デイ [Blu-ray]

パトリオット・デイ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray


2位「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」

ジャクリーン・ケネディを「転落したお姫様」に仕立てるという、少女漫画的アレンジが妙味。

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命 Blu-ray

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命 Blu-ray

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: Blu-ray


3位「スノーデン」

スノーデンの身に起きたことが、作り物以上にサスペンスすぎて笑う。

スノーデン [Blu-ray]

スノーデン [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray


4位「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」

後味の悪さがスゴイ、アメリカン・ドリームのダークサイドを見た気分。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ [Blu-ray]

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray


5位「ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男」

劇中の人種混合団体が、なんとなくカルト教団化してしまうところがリアル。

ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男 [DVD]

ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD


6位「ドリーム」

人種差別社会の中で、人生を切り開く女性たちを尊敬せずにはいられません、普通くじける。

ドリーム 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

ドリーム 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray


7位「バリー・シール/アメリカをはめた男」

口封じに札束を配る場面を見て、「いいな、その場にいたい」と、ふと思う。

バリー・シール アメリカをはめた男 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

バリー・シール アメリカをはめた男 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: Blu-ray


8位「ハクソー・リッジ」

戦争映画ですが神がかっていて、いかにもアメリカ人にウケそうな感動作。

「ハクソー・リッジ」スタンダードエディション [Blu-ray]

「ハクソー・リッジ」スタンダードエディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: Blu-ray


9位「LION/ライオン ~25年目のただいま~」

人探しもインターネットで、という、人情とテクノロジーが融合しているところにイマドキ感。

LION/ライオン ~25年目のただいま~ [Blu-ray]

LION/ライオン ~25年目のただいま~ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: Blu-ray


10位「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」

飼い猫がカワイすぎるとカネになる、という猫ビジネスの好例。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ Blu-ray

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ Blu-ray

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray


というわけで。

気に入ってる作品は、可憐でありながらも壮絶な「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」なのですがね~。


リアル、感動、哀悼、娯楽、メッセージという、実話がもたらす要素を全部入れ込んだ「パトリオット・デイ」のクオリティがスゴかったです。

ぶっ込んでるから、何もかも!


「パトリオット・デイ」は、「ローン・サバイバー」「バーニング・オーシャン」に続く、マーク・ウォルバーグ主演の実話三部作。

「マークも、もう実話はやり尽したであろう」と思っていたら。


2018年に日本公開予定で、石油王の孫誘拐事件を描いた実話映画「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド」にも出ているというから、そちらも楽しみです。

脇役で出演していたケヴィン・スペイシーが、スキャンダルで降板したことでも話題でした。

こちらが劇中のお写真。↓

j1.jpg


他に2018年公開で、期待している実話映画は。

ゲイリー・オールドマンがチャーチル首相を演じた「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」ですよ。

チャーチルさんとゲイリーって、顔に共通点が見当たらないのですが。

なんとゲイリーは、顔にいろんなお肉をくっつけて役作り!

「役作り」というか、もはや「肉作り」ですよ!!

なんだか、かわいく仕上がってますな~。↓

j2.jpg


nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 2

まかれな

チャーチルの特殊メイクをやってるのは、
辻さんって日本人のメイキャップアーチストで、
「グリンチ」のメイクなんかもしてるのですが、
特殊メイクは引退してたのに、ゲイリー・オールドマンに
頼まれて復帰したそうですね。

気になる映画です。
by まかれな (2018-01-06 14:27) 

のむら

まかれなさん。
グリンチのメイク、プヨプヨしている質感がスゴかったですよね〜。そのメイク担当者が復帰していたんですね。僕も、何でもいいからゲイリーに頼まれてみたいです「弁当買ってきて」でもいいから。
by のむら (2018-01-07 14:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。