So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「砂上の法廷」★★★ [映画日記]

TheWholeTruth.gif


キアヌ・リーヴスが弁護士を演じている法廷劇ですけども。


映像が地味じゃな、原色ナーイ!


ある裁判の行方を、弁論を中心にして描かれております。


だから動きもナーイ!


裁判所内のセットも殺風景で、BGMすらほとんどないという設計。


シンプルさが売りの無印良品みたいな映画~!


物語の序盤から「この映画、この先オモロくなんの?!」と不安でしたけども。


暗中模索でしたけども!


結果的に、なかなかオモロかったです。

監督は2008年の「フローズン・リバー」を手がけた人だったんですね~。

そう思うと、良い手腕のような気がします。


ネームバリューの効果だわな、監督の名前は覚えられませんが!


弁護士役のキアヌのことを「弁護士にしては、いくらなんてもイケメンすぎませんか?」とも思いながら観てましたけど。

最終的に、イケメン弁護士だから成り立つお話だったと思います。


また、劇中でキアヌがバイクに乗ったり、ベンチでテイクアウトの食べ物を食べたりしているシーンは「世界的なひとりぼっち」で有名なキアヌだからか、とっても様になっておりました。


お持ち帰りの食事が似合うハリウッドスター第1位ですからな!


キアヌの助手として雇われる女性は、人の嘘をズバリと見抜ける才能を持つという。


「人間ウソ発見器」だという女!


ああ、そこまでの女性はイヤだな、と思いました。


そんな助手のキャラクターも魅力的でしたけども。


今回、一番ハッとした女優はレニー・ゼルウィガーですよ。

二重まぶたでお目目パッチリ。

整形したての超・美人姿でご登場。

まるでナオミ・ワッツみたいな印象ですよ。


ボクちゃん我が目を疑った。


この美人が、世界的な愛されブス、ブリジット・ジョーンズを演じたお方と同一人物とは!


その整形面を写真で見たことはありましたけども、その面で演技をしている姿は初めて見ました。


大人ガワイイ服にシャネルのバッグを肩にかけ、ステキな美人妻という役柄を堂々と演じていてビックリ。

体も細くて、腰のくびれもキュッとしています。


しかも、ちょっとだけ脱いでいて、尻の割れ目も見せたわい自信マンマンで!


尻の割れ目を、見せつけられたんですよ勲章みたいに!!


レニー・ゼルウィガーが出てくると、ついつい顔や体をを凝視してしまう。


とんだ舞台荒らしでした!


今回の作品は、キアヌの弁護士姿よりも、レニー・ゼルウィガーの整形面の方が注目度は上。


現在はレニー・ゼルウィガーの顔も整形前に戻ってますので、今回の作品は貴重だと思います。


もはや、レニー・ゼルウィガーのお宝映像集でした!



砂上の法廷 [Blu-ray]

砂上の法廷 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: Blu-ray

nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 4

sakaya

これは観た人からネタバレされちゃったので未見なのですが、キアヌとレニーの見た目は重要かな?という感想です。キアヌは一応セリフ言えてたけど何か挙動変だったらしいですね、役作りではなく(笑)。
by sakaya (2017-12-21 21:08) 

のむら

sakayaさん。
この映画を観た人がいたんですね!それは珍しい〜。キアヌの役には色気が、レニーの役には妖艶さが必要なストーリーだったと思います。が、逆に両キャラともブサイクでも、リアルになって良かったかも〜。
by のむら (2017-12-21 21:31) 

怪しい探麺隊

私、この映画、劇場で観ましたよ。結構、面白かったです。
東京ではTOHOシネマズシャンテ1館のみだったし、異様に小規模な上映だな...と思った覚えがあります。
助手役はググ・バサ=ローで、初めて見るが印象的な女優が出てきたな...と思いました。この後、「美女と野獣」で「羽根ぼうき」の役をやってましたね。人の姿は最後だけでしたが....

by 怪しい探麺隊 (2017-12-24 02:33) 

のむら

怪しい探麺隊さん。
なんと映画館で観てたんですね!オチが効いていて、けっこう面白いですよね、相当地味ですが。助手役の人、なんか見たことある顔だと思ったら「美女と野獣」にも出てたんですね〜。地味に売れてますね〜。
by のむら (2017-12-24 17:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。