So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「オリエント急行殺人事件」★★★ [映画日記]

murderontheorientexpress.gif


アガサ・クリスティの有名ミステリー小説を映画化しとりますよ、今さら!


日本で、2006年に横溝正史の原作を再映画化した「犬神家の一族」みたいなノリでしょうか。


1からやり直すんですよ版権商売!


ネタに新鮮味は一切ありませんが、改めて観ると、殺人事件の顛末に浪花節が効いている。

近年のミステリー映画には無い人情味に懐かしさ。


クセになんよ、この昭和の臭み!


干物の臭みみたいなもん!!


お話は、主人公が、オリエント急行列車に乗車するところから始まりますよ。

昔の豪華列車ってステキだったんですね。

憧れの乗り物、という感じで外観や内装まで、きらびやか~。


お客を演じるキャストも豪華ですよ。


乗り込んできたわい、スター様が肩で風切って!


ザックリ紹介すると、下はデイジー・リドリー、上はジュディ・デンチまで。


ポッと出から重鎮までですよ、紅白歌合戦のトップバッターから大トリまでみたいな!


ジャニーズ枠から演歌枠までみたいな品揃え!!


隅っこの方で、静か~に、黙~って座っている人材ですらペネロペ・クルスですよ。


こんな地味な演技をするペネロペ・クルスを久々に見ましたよ。


もったいないわな、脱げる子なのに!


ボインを出せる子なのにさ~!!


ミシェル・ファイファーはセクシー系の目立つ役でイキイキ。


ペネロペよりも前へ前へ出たがってました!


殺される役はジョニー・デップでしたけども、少~し演技が自身の代表作「パイレーツ・オブ・カリビアン」の船長っぽかったかな。

ちょっと盛り過ぎたかもよ、芝居!


監督兼、主人公の探偵ポアロ役はケネ夫!(←ケネス・ブラナー)


とっても良い役でした、ケネ夫さんにはもったいないくらい!!


ポアロは、推理力も正義感もスゴイのですが。

時には自信を無くしたり、亡き妻への愛を語ったり、人間味にあふれる、誰からも好かれるキャラクターになってました。


ポアロが列車を降りて話は終わる、という構成も、まとまりが良かったです。

ケネ夫さんの演出も派手だから、こんな密室殺人を扱ったお話でも大作感が出るから良いと思う~。


そんな感じで、オールスターが集まった特別感は年末年始の鑑賞にピッタンコ。


その趣きは、まるで「古畑任三郎」の正月特番~!(←古いですか)


ラストシーンでは、客席がどよめきましたよ。

もしかして、この作品って、年寄り客に向けての「アベンジャーズ」みたいな商売に発展するのかも。


年寄りをターゲットにした銭儲けなのかもよ、振り込め詐欺みたいな!



Ost: Murder on the Orient Expr

Ost: Murder on the Orient Expr

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Classics
  • 発売日: 2017/11/10
  • メディア: CD

nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 5

内幸町

のむらさん。
ポアロさん、寝る時ひげにカバーみたいのつけてませんでしたか?
あれなんだろう。髭の人ってあんなの付けて寝るんだろうか。
電車が動くと窓越しにスターの顔が映って
豪華な感じがしました。
最後1列にスターが座ってポアロさんが前でお話してるのを観て
すごい豪華~って思ってしまいました。
https://www.youtube.com/watch?v=t5AkqU_mjis

by 内幸町 (2017-12-17 21:43) 

のむら

内幸町さん。
ひげカバー、付けてましたよね!ひげの形にピッタリ合って・・特注品なのかな。きっと当時は、ひげカバーというオシャレアイテムが存在したのでしょうね。最後、スターが一列にズラッと並んで壮観でした。端っこは、たしかペネロペだったかな。ホントあの人、地味だったな〜。
by のむら (2017-12-18 00:41) 

内幸町

のむらさん。
続編ができるんですね!
誰が出るんだろう。
楽しみ!
by 内幸町 (2017-12-19 21:24) 

ネスカフェ

のむらさん

私も見ましたよ(^^)。実は1974年版もD・スーシェの出演したTV版も見ていたのですが、その二作と違ってまた楽しめました(^^)

今回のポワロはやや武闘派でしたね。冒頭、いきなり✕✕を踏んでまた踏み直すポワロにびっくりしました。ガイ・リッチー版の「シャーロック・ホームズ」を意識して、アクションに泣きを入れて軽快な娯楽作にしたてたのは正解でしたね。なんか時代劇を見ているようでした。三作の中では一番わかりやすかったです。

個人的にはあの橋の上で立ち往生。事件発生というのがよかったですえ。豪華列車でもあんなところで止まるのは嫌だと思いました。

ただ、豪華俳優にしては割と地味目な印象でしたね。D・リドリーも
今が旬なのに、大画面で見てもなんか華がない感じでした。この人はどっちかというとTV向きだと思いました。

あと✕✕の罪で✕✕された✕✕の関係者とその✕✕した✕✕の親族が手を組むとか、✕✕が発砲するとかW・デフォーの正体がバレバレとか
ちょっと「?」な展開もありましたね。そこがまた魅力ですが(^^)
by ネスカフェ (2017-12-19 21:38) 

のむら

内幸町さん。
続編も大スターが集まる事は間違いないでしょうね。大スターと言っても、盛りを過ぎたスターが集まるんじゃないかな、フォレストウィテカーとか〜。

ネスカフェさん。
僕は過去作を観たことがないのですが、聞くところによると、今回の作品は派手めで、動きの多い演出がなされているようですね。若めの客層にも受け入れやすいし、僕もこの路線でいいと思いました。橋の上での停車も良いアイデアでしたよね。高所というスリルも味わえましたし。僕もデイジーリドリーは、JJエイブラハムのテレビドラマに出るのがピッタリだと思います。JJエイブラハムが好きそうな顔なんですよね〜。
by のむら (2017-12-20 00:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。