So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の4件 | -

「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」★★★★ [映画日記]

badgenius.gif


高校生のカンニング事件を描いたタイ映画ですけども。


山口達也元メンバーと安室ちゃんが共演した1996年の映画「That's カンニング!史上最大の作戦?」のリメイクじゃありませんから!


洗練味のあるエンターテインメント作品で、世界中でヒットしているのも納得。


舞台は、学園内か試験場が多いです。


試験という縛りなんですよ、テスト・ワールド!(←いやな世界だわな)


タイの男子高校生って、制服が半ズボンなんですね~。


まるでカジヒデキみたいでした!(←死語)


まずは軽くて楽しいタッチのサスペンス調で、高校生たちのカンニングが始まりますけども。

まるで高校生版「ミッション・インポッシブル」か「オーシャンズ11」みたいなノリですよ。


そのうち、だんだん重くなっていく展開がたまりません。

カンニングという題材で、胃が痛くなりそうな危機感を出しているところが素晴らしいです。


高校生なんて子どもじゃないですか~。


毛も生えそろってませんよ!(←もう生えそろってますか)


そんなお子さまが、罪の意識も薄いまま、初めて手を出す不正がカンニング。

まだ悪を知らない若者が、カンニングを止められなくなっていくところが怖かったです。


高校生の心が、だんだんカンニング気質になっていくんですよね~、カンニング体質に!


だんだん太りやすい体質になっていくみたいに!!


高校生自体も、最初は友達や家族を助けるために行う不正でしたけど。

一部の者は、カンニングの目的が私利私欲に変化。

善人が悪人になる過程が鮮やかに描かれていたと思います。


学生たちは「頭は良いけど貧乏家」「頭は悪いけど富裕層」という、大きく分けると2つの派に別れていて、格差社会も表現。


「頭の良い富裕層」がいれば問題は無かったんだけど、そんな人いないのかなお蝶夫人みたいな人は?!


友情を育んだり、対立したり、青春風味もあって、確かに高校生映画なのですが。

描かれているような不正、裏切り、格差は、大人社会にもある問題。


高校生映画でありながら、大人も理解できる心理ドラマに唸りました。


キャスティングも全員ハマってる~。

とくに主人公で、優等生のリン役を演じた子の顔が良いです。


頭が良さそうな顔をしてるんですよ、女・小沢健二的な!


東大顔ですよ!!


リンが、大量の解答を丸暗記する場面では、観てるボクちゃんも脳が一杯一杯に。


ああ、脳が痛い!


あんなに多くの情報を短時間で記憶できるって、やっぱりスゴイわな、ガリ勉さまは!


そんなリン役を演じた女優さんの名前はチュティモン・ジョンジャルーンスックジン。


そのお名前が、いまだに全く覚えられぬボクちゃん。


人に聞かれたときは、カンニングして答えたいです。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「フィフティ・シェイズ・フリード」のダコタ・ジョンソン、次回主演作は「サスペリア」だ! [映画写真日記]

いや〜「フィフティ・シェイズ・フリード」な〜。
楽しかったですけども。
 
ついに、劇中の変態カップルも入籍〜。
2人が帰宅する時は、こんな感じですよ。↓
f1.jpg
 
新婚旅行先ではキラキラしている2人。
西洋のセレブリティは、どういうわけかジェットスキーに乗りたがりますな〜。
ジェットスキーがステータスなのでしょうか。↓
f2.jpg
 
誰もがうらやむカップルですが、撮影現場ではこんな感じ。
みんな、2人の裸なんて見飽きてるのかな。↓
f3.jpg
 
「フィフティ・シェイズ」シリーズの1〜2作目は日本でR18でしたけども、今回の3作目はR15に。
高校生でも観れるSM映画になったんですよ!
 
物語は、なんとなく大人っぽく落ち着いた感じで完結しました。
「変態に幸あれ」という感じ〜。
オスカー女優のマーシャ・ゲイ・ハーデンとキム・ベイシンガーは、もはや居なくてもいい存在になっていたのは笑いました。
 
「フィフティ・シェイズ・フリード」劇中でテレビ男優を2名発見。
まずはヒロインのボディガード役を演じていたのがブラント・ドーハティ。
ドラマ「プリティ・リトル・ライアーズ」でミステリアスなイケメン、ノエル役を演じていた人だわな。
見せ場があったし、テレビ男優にしては、まずまずの役でした。↓
f4.jpg
 
ヒロインの職場に来訪していた男性役は、ドラマ「スーパーガール」でスーパーマン役を演じているタイラー・ホークリンだったわな。
こちらの出番は約30秒。
まるでエキストラですよ、テレビの世界ではスーパーマンなのに!
ちょっと気の毒でした。↓
f5.jpg
 
こちらのお写真はプレミア会場での、メインキャスト。
ジェイミー・ドーナンとダコタ・ジョンソンです。↓
f6.jpg
 
こんな性的な作品で3年間も一緒に仕事をしていたら、もはや戦友という感じになるでしょうな。↓
f7.jpg
 
こちらのお写真は、ジェイミー・ドーナンと実の嫁アメリア・ワーナー。
ジェイミー・ドーナン大ブレイクで「勝ち組」になった嫁ですよ、宝くじに当たったようなもん!↓
f8.jpg
 
ダコタ・ジョンソンは今、コールドプレイのクリス・マーティンと交際中〜!
クリス・マーティンって一体何?!
元妻グウィネス・パルトロウ他、ジェニファー・ローレンスも抱き終えてるし、旬な女優は抱かなきゃ気がすまないお方なのでしょうか。
女優陣にも聞いてみたいですよ「この男性の何が良くて抱かれんの?」と。
こちらのお写真はダコタとクリス。↓
f9.jpg
 
そんなダコタ・ジョンソン。
すっかりスター街道に乗ってます。
 
次回の主演作は、カルトホラー映画のリメイクで、2019年公開予定の「サスペリア」ですよ。
ティルダ・スウィントン、クロエ・グレース・モレッツ共演で、監督は、なんと「君の名前で僕を呼んで」のルカ・グァダニーノだという超・話題作。
本編時間は、ホラー作でありながら2時間30分超えということで、鑑賞中に寝てしまわないか、今から心配〜。
 
ダコタは若手ダンサー役で、ティルダ・スウィントンは先生役みたい。
ティルダ・スウィントンが先生って、「ガラスの仮面」の月影先生みたいな味になりそうで楽しみです。
 
こちらは、おそらく「サスペリア」の劇中写真。
ダコタは、たしかにセンターに居ますけども…。
まるで、下積み時代の写真みたいですな〜。↓
f10.jpg

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「フィフティ・シェイズ・フリード」★★★ [映画日記]

FiftyShadesFreed.gif


美男美女カップルが繰り広げるSMシリーズも最終章。


ついに完結、変態3部作~!


鳴り物入りで3年前に日本上陸したシリーズですが、今回の3作目は、東京での上映館が2館にまで縮小。


尻がすぼんだわな!


それでも観てやらねばならぬ。

このボクちゃんが「フィフティ」シリーズを観てやらねば、他に誰が観る?


だ~れも観ちゃくれん!


このボクちゃんが、最後の最後まで変態カップルを応援させていただきマンモス!


勝手に就任したるから、変態応援団長に~!!


物語のメインキャラクターは、企業のイケメンCEOでありながら、自宅には真っ赤なSM部屋を完備しているという、ドS街道まっしぐらの富豪クリスチャン。


物語の冒頭から、クリスチャンとドM美人アナがご結婚。


籍を入れたわい!


新婚旅行先はフランスの方。


なんかよく分からないけど、あっちの方!


新郎が新婦を抱いた部屋がゴージャスでビックリ。


まるでベルサイユ宮殿!


何?それは「フランス革命抱き」ってこと?!


海ではジェットスキーに2人乗りして、はしゃぐ夫妻。


キャッキャキャッキャ、キャッキャキャッキャ!


そんなラブラブで甘い光景を、ボクちゃん氷のような無表情で眺めたわい!!


プールサイドでは開放的になってしまうアナ。


ボインを丸出しにして昼寝!


爆睡ですよ!!


たまらず、アナのボインにタオルをかけるクリスチャン。


ボクちゃんも「みっともない。お外で乳はしまっときな。ブラに収めときな!」と思いました。


結婚しても出版社で働きたいと申し出るアナ。

「アタイは専業主婦で収まるタマじゃない」的な自己主張。


職場では旧姓で通すアナ。

結婚しても女友達との友情は大切にするアナ。

旦那にちょっかいを出してくる尻軽女には、ピシャリと注意するアナ。


絵に描いたような女子ウケ設定のオンパレード。


女子に応援されたがり屋さん!


ときには、やんちゃな一面を見せるアナ。

「ウフフ、アタイは大人しくみえてもオテンバやから」と言わんばかりに、公道で高級車を爆走運転。


まるでレーサー時代の三原じゅん子~!


運転後のアナは気分が高揚したのか、車内で旦那に抱かれたわい!!


・・・そんな感じで~、陳腐なドラマの数珠繋ぎ。

合間の抱かれ場面で盛り上げるという、AV仕立ての構成に。


SMテイストは、一層ソフトになった気がします。


もはや無痛SMですよ!


変態っぽさを薄くして、観客の間口を広げているのでしょうか。


刺激は強くなくて、「ちょいとお前さんたち、この程度で変態ぶってんの?通ぶってんの?と思ってしまいました。


クリスチャンは、今回はダークな側面よりは、子どもっぽい性格があらわになって、イラッとすることもありましたけども。

ピアノを弾き語る場面などもあり、王子様テイストは健在。


歌うSM王ですよ、何なのコレ〜!


改めて、ものすごいキャラクターだと思いました。


ジェイミー・ドーナンも、この役を演じるにはギリギリの年齢。


もう2年も経つとオッサン臭が出てきますから!


鼻にツンとくるからね!!


アナ役のダコタ・ジョンソンと共に、キレイな姿のまま完結して良かったと思う~。


ラストあたりでは、アナとクリスチャンが出会ってから結ばれるまでの名場面が、走馬灯のように流れて感無量~。


できれば変態名場面を流してほしかったな~「お尻ペンペン」「玩具抱き」「ノーパン・ディナー」とかの~。




nice!(7)  コメント(7) 
共通テーマ:映画

「イコライザー2」★★★ [映画日記]

TheEqualizer2.gif


元CIAが密かに悪をこらしめるという、「必殺仕事人」みたいなお話の第2弾ですけども。


シリーズ前作が面白すぎて伝説化。


今思えば、1作目は神回だわな!


今回の続編も、まあ面白いのですが。


面白いっちゃー面白いのですが!


前作ほどのワクワク感は治った感じ~。


落ち着いたわい!


正直、前の方が良かったわな。

今回、主人公と戦う敵がCIAなんですよね~。


プロ過ぎんの!


だから、前作よりも少し硬い路線になった気がします「ボーン・アイデンティティ」シリーズみたいな。


どっちかって言えば、敵役は素人っぽい方が楽しいかな~と思いました。


敵役はズブの素人さんに任せたいんですよ、チャラいお方に!


爺さんや少年など、弱いサブキャラと主人公の交流ネタは充実。


サブキャラたちは、ハードな物語の中では「箸休め」的な役割になっておりました。


きゅうりの酢の物みたいなもん!


サッパリしたわいお口!!


事件の真犯人が、ワテら観客にはすぐ分かる。

ミステリーの難易度は「低」でしたな。


今回も、相変わらず強すぎる主人公マッコールさん。

ちょっと見かけたチンピラ相手に大暴れ。


正義の辻斬りですよ!


タクシー運転手として働いているマッコールさん。

客に襲われながらの運転シーンはナイスな見せ場。


格闘ドライビングですよ、究極の危険運転!


ホテルのお部屋では。

敵が何人いようが、数秒でやっつけてしまうマッコールさん。


ちょちょいのチョーイ!


マッコールさんは、素人を相手にしても手を抜かぬ。


素人の骨をボキボキ折んよ、ゴボウでも折るみたいに!


結構な骨折り数でした。


マッコールさん役を演じているのはデン様ですけども!(←デンゼル・ワシントン)


デン様レベルなら、これくらいの役は簡単に演じられることでしょう。

難なく芝居をこなしているデン様ですが、サッと演じているようで相当の深みを感じます。


さすが一流芸能人、立ってるだけで良いお出汁が出ちゃうんですよ!


マッコールさんのアパートに、メリッサ・レオ演じるスーザンが先に入って待つ場面。


トイレに入っているスーザンに「スーザンだよね。臭いで君だと分かったよ」とのたまうマッコールさん。


スーザンの「うそっ?!大便してないで!」みたいな返事に色気ナシ!


その後、スープをひたすら飲む2人。


スープオンリーですよ、一品の副惣菜もナーイ!


自分がスープを飲みきると、すぐさま器を洗いだすマッコールさん。


アンタも気が早い!


マッコールさんの潔癖な性格を表現した「皿洗い」場面でした。


その後、メリッサ・レオは悪党に襲われたりするのですが。

これがまた、家具に突っ込むわ、床を転げ回るわで、圧巻のヤラレっぷり。


さすが世界が認めるワイルド・ババア!


メス熊の捕獲場面でも見ているかのようでした。



Equalizer 2

Equalizer 2

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Classical
  • 発売日: 2018/07/26
  • メディア: CD

nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:映画
前の4件 | -