So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の4件 | -

「ヘレディタリー/継承」★★★

hereditary.gif


ホラー作品ですけども、ガヤガヤしていない。


丁寧に作られたタイプですよ。


じっくりコトコト煮込んだスープみたいなタイプですよ!



誠実に恐怖を描いていながらも、ふざける場面では、ちゃんとふざけています。


頭が良いのに、休日にはちゃんとハメを外して遊んでいるという、リア充の学級委員みたいなホラーですよ!


ある5人家族を描いていて、ほとんどの舞台が、彼らが住んでいる一軒家。

フンイキのある、ステキな木造の家屋です。


木造縛りの舞台なんですよ!


しかし、「アンタ、それ気をつけないと。柱の根本からシロアリに食われちまうよ!」・・・と、注意したい気持ちにもなりました。


中心人物である母親役を演じたのがトニ・コレットですけども。


キレる、血まみれになる等、激しい演技が多く、「こんな役を演じられるのはトニ・コレットしかいない。こんな役は、他の誰もが断りますから!・・・と思いました。


全編を通して、トニ・コレットが怖い表情をしているのですが。

クライマックスのトニ・コレットは動きもコワーイ!


ものっすごいすばしっこくて、まるでドブネズミを捉えたときのドラネコのよう!!


もはや、作品丸ごと「トニ・コレット劇場」と言って良い仕上がりでした。


ビジュアル的に見事なアクセントになっているのが、娘を演じた子役ですけども。

基本的にかわいい子ですけどもね~。

無表情になると怖い顔になる子なんですよね~。


生まれついてのホラーっ子!


彼女が死んだ野鳥をイジる場面では、おそろしすぎてスクリーンから目をそらしてしまいました。


母と娘を演じた人材が、ホラーという題材にピッタンコなんですよね~。


ホラー女なんですよ!


こんな女性に囲まれて暮らしている旦那さま役が気の毒になりました。


旦那さまは、あらゆる場面で嫁と娘を守っているのに、その苦労は報われることはありませんでした。


屋外での旦那さまは、家族の狂いっぷりを悲観して、車を運転しながら男泣き!


ああ、涙で滲んだフロントガラス!!


屋内では、旦那さまが気を使って抱いてやろうとしているのに、嫁が拒否。


家の外でも内でも、いいことナーイ!


旦那、その嫁の、何が良くて結婚しなすったので?


ねぇ旦那、なぜ入籍しなすったので?・・・そんな疑問を投げかけたくなりました。


旦那とトニ・コレットには息子もいるのですが、人種が違うので「養子かな」と思ったのですが。

劇中でトニ・コレットが「息子は私が生んだ」発言。


分娩発言!


ああトニ・コレット、一体、どこのお国に抱かれて息子ができた?!・・・そんな謎も含めて、複雑でモヤッとした気分にさせてくれるホラー作品でした。



Hereditary

Hereditary

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「おとなの恋は、まわり道」★★★ [映画日記]

DestinationWedding.gif


エキストラ以外は、キアヌ・リーヴスとウィノナ・ライダーしか出てこない、という2人芝居。


「キアヌとウィノナだけで本編時間87分を持たすことができるか?」企画ですよ、年末企画!


2人とも、いっぺんくらいは干されたことはありますけども。


お布団みたいに、干されたけれどスター様!


結果的に、2人の魅力とオーラで、立派に持たせてましたよ、間!!


キアヌは、トボけた中年イケメン役で、ウィノナは生き方が不器用な美人役。

リゾート地での結婚式に呼ばれた2人が、ケンカしながらも心を通わせる物語。


2人にカップル名を付けるとしたら「ウィノヌ」でしょうか?!(←「ウナギイヌ」調で)


2人は本編中、ず~っとおしゃべりしっぱなし。


ものすごいセリフ量でした、橋田壽賀子ドラマ並みの!


楽しい無駄話ムービーという感じに仕上がっておりました。


「ワインのフタはコルクの方が意気込みを感じる。スクリューキャップは安っぽい」など、充実してましたしね、与太話も!


キアヌは、そんな赤ワインを自分のおズボンにまいたわい。


見事にビシャーッですよ、お庭水うちしたみたいに!


たとえおズボンを真っ赤に汚しても、好感度は上がっていくキアヌ。


キアヌは、服が汚れている方が輝くんですよ!(←ホメ言葉)


今回4度目の共演を果たしたキアヌとウィノナ。

さすが息がピッタンコ~。


あうんの呼吸ですよ、略して「あうん呼」ですよ!


似合ってました、「友達以上・恋人未満」という設定も!!(←死語)


実は「R15」で、セクシーな場面もあるのですが。

2人が演じると、何かドライで上品に感じました。


ベッドで2人がゴロ寝しているだけの場面でも、手の位置、足の位置など、なんだか良い感じ。


心を開いて演技してる感じですよ、おっぴろげてんの!


ウィノナのゴロ寝スタイルは、チェック柄のパジャマなのですが。

どのパジャマ姿もかわいい~。


セリフ回しも完璧だし~。

しばらくウィノナのことを考えたことはありませんでしたが、この人、ものすごい魅力と実力を持った人だということを思い出しました。


かつてはジョニー・デップにも抱かれてましたしね!


ジョニー・デップは、ウィノナの名前のタトゥーまで体に刻みつけていたくらいですよ。


ゾッコンだったんですよ!(←死語)


ウィノナには、この調子で、もういっぺん映画界でひと花咲かせてほしいです。



Destination Wedding

Destination Wedding

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ベイウォッチ」★★★ [映画日記]

Baywatch.gif


例によって、ドウェイン・ジョンソン製作・主演の娯楽作ですけども。


世渡り上手な「あの方」のご商売ですよ!


しかし珍しくヒットを逃し、日本では劇場未公開になった作品。


稼ぎ損ねた、恥作品ですよ!


ドウェイン・ジョンソンがベテランのライフガード役。


ツルッパゲで、ド派手な刺青を背負ったライフガードて!


まるで海のヤ●ザじゃんか~!!


そんなドウェイン・ジョンソン演じるミッチが、ライフガードの若手チームを率いて活躍するというお話なのですが。

ライフガードなのに、晴れたビーチにて、溺れている人を助ける場面は、あまりありません。


むしろ活動するのは夜ですよ。


犯罪者を独自に捜査する場面の方が多いです、しかも、それはノーギャラでやっているという!


ああ、ライフガードの仕事って一体・・・。


そしてライフガードのみなさん、いつ休んでいる?!


ミッチは「俺たちの仕事は、誇り高き思想に基づいている(だから賃金も休日もなくていい)」みたいなことを言って部下をまとめてますけども。


それって、キレイな言葉を用いたパワハラのような気が。


しかもライフガード・チームは、麻薬取引をする悪党を退治しようとしているという。


結構な大事件!


そんなのプロの警察に任せなよ~!!


どういうわけか、「正義の味方か、自警団」というキャラ付けがされているライフガードなのでした。


敵のアジトに潜入する戦略を練り、ときには敵と大乱闘。


そのハードな労働体制は、まるでブラック企業のようでした!


ミッチが上司から「事件の捜査をやめろ。ビーチの監視が手薄になっているじゃないか。そんなんならクビだ!」と叱られるのですが。

物語上、上司は敵役なのですがね~。


上司の言ってることの方が正論、・・・と思ってしまいました。


そんな感じで~、筋は「正義と悪の戦い」なのですが。

路線はエロティック・コメディという豪快さ。


全部乗っけてきたわい、素人客が好きそうなもんを!


ドウェイン・ジョンソンまでシモネタを交えたセリフを言っていてビックリ。


清純派で売っているドウェイン・ジョンソンにしては珍しい現象でした。


ライフガードの新人で、ナマイキな水泳選手役がザック・エフロンですよ。


ドウェイン・ジョンソンと張り合う展開になる、ということで。

ザック・エフロンがめちゃめちゃ鍛えてきたわい。


意地でバーベルを上げてきたんですよ!


脱いだら完全にボディビルダードン引き!!


ア、アンタ、何もそこまでやらなくても・・・。


ザック・エフロンは、女装して敵地に忍び込んだりして、彼なりに笑いを取っていました。


ザック・エフロン出演作にありがちな「おちょくられ」という芸風ですよ!


クライマックスは、ドウェイン・ジョンソンとザック・エフロンの相棒コンビが敵のボスを追い詰めて殺傷、という、ドウェイン・ジョンソン・プロデュース作にありがちなパターンで終了~。


人命救助というライフガード文化を木っ端微塵に破壊して、ドウェイン・ジョンソン色で見事に再構築。


こういうの、嫌いじゃありません。



ベイウォッチ [Blu-ray]

ベイウォッチ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント
  • メディア: Blu-ray

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「くるみ割り人形と秘密の王国」ヒロイン衣装が安室ちゃん風でかわいい。 [映画写真日記]

いや~、「トワイライト」シリーズ劇中のカップル、エドワードとベラな~。

最終的に、あのカップルの間には子ができましたけども。

 

とってもかわいい娘さんでしたけども。↓

k1.jpg

 

あの子、今は、こんなに大きくなりました。

もう立派な「女」の顔ですよ!↓

k2.jpg

 

彼女の名はマッケンジー・フォイ。

マケ子ちゃんですよ!

 

ディズニー大作「くるみ割り人形と秘密の王国」のヒロインに大抜擢されたマケ子ちゃん。

その劇中では、安室ちゃん風のお衣装で大活躍しておりました。↓

k3.jpg


こちらが安室ちゃん。↓


プレミア会場には、共演のキーラ・ナイトレイも来たーっ。

このまま年を重ねていけば、「鈴木その子」路線に合流しそうな勢いです。↓

k4.jpg

 

マケ子ちゃんのお父さん役を演じたマシュー・マクファディンとキーラ・ナイトレイは知った仲。

「プライドと偏見」「アンナ・カレーニナ」に続いての共演なのでした。

2人は交際はしていないと思う。


 

マシュー・マクファディンは、キーラ・ナイトレイのタイプじゃないからね。

 

当時のキーラ・ナイトレイは、危険な香りのする殿方が好みでしたから。

 

スパイみたいな殿方に抱かれたがってましたから!

 

こちらのお写真は「プライドと偏見」での共演シーン。↓

k5.jpg


 

監督は、ラッセ・ハルストレムと、ジョー・ジョンストンの連名になってますよ。

 

持ち味の全く違うお2人ですよ、水と脂身みたいな!

 

忘れてましたけど、ラッセ・ハルストレムの奥さんってレナ・オリンなんですよね〜。

結構、お似合いのご夫婦。

カネ持ってそうなご夫婦ですよ!↓

k6.jpg

 

本作は、ラッセ・ハルストレム監督作品として、一旦は仕上がったものの、出来がイマイチだったのかな?

アドベンチャー風味が足りなかったのかな?

その後、上層部の指名により、特撮が得意なジョー・ジョンストンが撮り直したり、撮り足しをして最終的に納品したようです。

 

だから監督が2人扱いなんですね~。

 

そのおかげなのか何なのか、本編の後半は特撮アクションが多かったです。

ヘレン・ミレンも、よく動いてました。↓

k7.jpg

 

ヘレン・ミレン型の巨大ロボも、もしかしたら撮り足した場面なのかもしんない。

盛り上げ役ですよ、賑やかし!↓

k8.jpg

 

しかし、力足りず、本国ではコケてしまった本作。

 

女子力も特撮も盛り込み、センスよくまとめてヒットさせる手腕、という点で言えば、やっぱりティム・バートンてスゴイ人なんだな~、と改めて思いました。



nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:映画
前の4件 | -