So-net無料ブログ作成
前の4件 | -

「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」★★★ [映画日記]

MaryQueenofScots.gif


年をとると「歴史もの」がたまらんわな。


落ち着くわい!


イングランドの女王エリザベスI世と、その支配下にあるスコットランドの女王メアリー・スチュアートの愛憎を描いた作品ですけども。


主人公はメアリー・スチュアートの方。


若くて、かわいい方!


今回の作品では、男社会の中でも自分の意見を曲げず、何事にも偏見を持たず、同性愛についても寛大、という、なんともイマドキ感あふれる、先進的な女性として描かれているメアリーさんですけども。


殺伐としていながらも、チヤホヤされている生活環境だし、本当はもっとズルくて、気の強い女性だったんじゃないのかな〜。

エリザベスI世のことが邪魔で仕方がなかったようですし。


どっちかっていえば、悪役の方が似合う人だったんじゃないかな〜、本人に会ったことないから知らんけど〜、と思いながら観てました。


今回は、良い人の部分と、悪い人の部分の配合バランスがイマイチで、態度がコロコロ変わったように見えたところは残念でした。


気の毒だと思ったところは、メアリーさんに結婚運が全くナーーイ!


つまり、男運が一切ナーーイ!!


選んだ男、選ばれた男、全てがハズレ。


「どうしてよりによって、その男をお選びなすった?星の数ほどいる中で!」…と思ってしまいました。


とくに、最初の再婚相手がボンクラすぎた。

自分で選んだ男なのにねぇ。


目が節穴だったわな!


やることなすこと、全て裏目裏目のメアリーさんでした!!


対するエリザベスさんは、基本的に受け身です。

メアリーさんからの手紙に書かれた要望を、受け流してみたり、応じたり。


そのうち疲れたエリザベス。


「もうメアリーのことなんてどうでもいい。めんどくさい」みたいな、ヤル気のない態度に。


仕事をほったらかして手芸に没頭!


手芸女ですよ!!


男社会にもまれているのは、エリザベスも同じ。


「男社会に馴染みすぎて、もはや私は男になった。おとこ女よ!」とのたまったときは、「エリザベスさんも大変だな」と思いました。


メアリー役を演じたのはシアーシャ・ローナンちゃんですよ。

スコットランドの女王、と言われれば、そんなふうな顔に見えますな〜。


今回の作品は、シアーシャちゃん出演作品の中では、最もアダルト。


生んでたしね、お子を!


これまでの出演作でもシアーシャちゃんには「抱かれシーン」がありましたけども。


今回は、より一層、幅広い趣向で抱かれたわい!


そして、シアーシャちゃんの透け乳」を見た気がしたけども、気のせいか?


幻の乳ですよ!

 

エリザベス役はマーゴット・ロビーですけども。

これまでマーゴットが演じた役の多くは、攻め感のあるキャラクター。


個性爆発女でしたけども!


今回の役も、まー個性はある。


化粧だけは濃い!


しかし、なんとも落ち着いた、どっしり構えた感のある女王役で、これは、今まで見てきたマーゴットとは全然違う〜。

いつの間にやら、立派な女優におなりだよ〜。


まるで赤木春恵さんの演技でも見ているかのようでした。



 

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』オリジナル・サウンドトラック

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2019/02/20
  • メディア: CD

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「シンプル・フェイバー」地味ながら人気者がズラリ。出演者を大体紹介。 [映画写真日記]

いや〜、失踪したママ友を探すミステリー映画「シンプル・フェイバー」な〜。

とっても楽しかったですけども。

 

A Simple Favor - Un pequeño favor (Spanish Edition)

A Simple Favor - Un pequeño favor (Spanish Edition)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray
 

ブレイク・ライヴリーが演じているクール系主婦。

暮らしているお宅は、生活感ナーイ!

さては片づけてもらってるね、ダスキンさんに!

 

ブレイク・ライヴリーを抱いているのは、大ヒット映画「クレイジー・リッチ!」で一発当てたヘンリー・ゴールディングですよ。

今回は石田純一的なポジションに。(←古いですか)↓

s1.jpg

 

売れっ子ファッションデザイナー役は、なんとドラマ「ホームランド」で地道にコツコツ活躍していたルパート・フレンドでした。

高いお洋服を着ているのですが、少々「着させられてる感」が漂ってます。↓

s2.jpg

 

アーティスト役は、アカデミー賞作品「グリーンブック」でステキな奥さん役を演じていたリンダ・カーデリーニさんでした。

こんな尖がった役もやれるんですね〜。

こちらのお写真、左が「グリーンブック」、右が「シンプル・フェイバー」出演時。↓

s16.jpg

 

ママ友役の1人は、名前は知らないけども、ゲイ要員として時々見かける、このお方。

名前はアンドルー・レイノルズというのだそう。

アンドリューじゃありませんよ、アンドルー!↓

s4.jpg

 

主役アナ・ケンドリックの夫役は、どこかで見たことがある、と思ったら、映画「フィフティ・シェイズ」シリーズで、ダコタ・ジョンソンを脅していた役の人でした。

どうやら「危険な男」役がオハコのようです。

 

アナ・ケンドリックの兄役も、どこかで見たことがある、と思ったら、ドラマ「新・ビバリーヒルズ青春白書」に出ていたダスティン・ミリガンなんですね〜。

どこか、嵐の二宮くんっぽい表情をなさるお方ですな。

こちらのお写真、左が「フィフティ・シェイズ」シリーズ、右が「新・ビバリーヒルズ青春白書」出演時。↓

s6.jpg

 

あとは、あらゆる海外ドラマで、ホントよく見かけるお方。

ジーン・スマートさんも出てました。

海外ドラマ界の大物女優ですよ!

ジーン・スマートさんは、いつも髪型のトップがふんわりしているんだよね〜。

さては、高級なレディスアデランスを乗っけてるね!↓

s5.jpg

 

ここからはプレミア会場でのお写真。

ブレイク・ライヴリーとアナ・ケンドリックとのツーショット特集〜。

 

2のファッションは同じ世界観でありながら、色と形にカブリがありませんな。

さては2人で相談して決めてるね。↓

s11.jpg

 

こちらは別会場。

劇中で演じたキャラクターのイメージに合わせたかのようなコーディネイトですな。

ステキです。↓

s12.jpg

 

こちらも別会場。

華やかですな、踊りに行くのかもよ、デスコに!↓

s13.jpg

 

こちらも別会場。

ブレイク・ライヴリーはパンツスタイルも似合いますな〜。↓

s15.jpg

 

ブレイク・ライヴリーは、現実感のないお洋服もバッチリ着こなしてます。

アナ・ケンドリックのメイクの感じ…もしかしたら「若かりし頃の黒柳徹子」役もいけるかも〜。(←外人ですが?!)↓

s10.jpg

 

こちらのお写真は、レッドカーペット入場時。

興奮なすってます。↓

s7.jpg

 

こちらは別角度。↓

s8.jpg

 

あらま。

お口の奥の、突き当りまで見えちゃったわな。↓

s9.jpg



nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

「シンプル・フェイバー」★★★☆ [映画日記]

ASimpleFavor.gif
*ネタバレはありません。
 
テーマはママ友の闇ですよ、ママ友の欲!
 
若手役で活躍していたアナケンが、ついに子持ちの役〜。(←アナ・ケンドリック)
 
あの子も、ひと山越えたわな!
 
誰からも好かれて、家事も子育てもこなすという、かわいい主婦を演じているアナケン。
 
ちょっとイメージは森尾由美みたいな感じですよ!(←古いですか)
 
家庭より仕事優先、髪型もオシャレもバッチリで、アナケンの役と正反対の主婦役を演じているのがブレイク・ライヴリーですよ。
 
クール系主婦ですよ、萬田久子みたいな!(←もっと古いですか)
 
ブレイク・ライヴリーのファッションがキラキラしています。
 
「袖が手首にしかないシャツ」とか着てますよ!
 
「それ、普段着なんですか?自分で袖を切ったんですか?裁ちばさみで!」と思ってしまいました。
 
そんな水と油みたいな2人のママが出会い、交流を深めていくうちに、ブレイク・ライヴリーが演じるクール系ママが失踪してしまう、という展開。
 
ミスリードさせるストーリーも上手で、最後まで謎解きの楽しさが持続。
コメディ作品が得意な人が監督をしている、ということで、たまに笑えるミステリー作品に仕上がっておりました。
 
基本的に、アナケンが独自に失踪事件を解明しようとするお話。
 
子育てで疲れている様子もないし、潜入捜査も完璧。
状況に応じて、YouTubeみたいな動画サイトを巧みに使う、など、機転も利く子ですよ。
 
敏腕でビックリしました。
 
もう刑事になったほうがいいと思う〜「ママ友刑事(デカ)」ですよ!
 
ブレイク・ライヴリーも、彼女史上で最もキレた演技を披露。
 
シモネタもOK、事務所の許可が下りてんよ!
 
ステキなブレイクも、ヨゴレたブレイクも見れて満足〜。
 
このブレイクのハジけた感じ…。
もしや、ヨゴレ映画「デッドプール」での主演で大出世した実の夫ライアン・レイノルズが影響してるのでしょうか。
 
夫から「お前も少しヨゴレたほうがいい。そのほうが売れる」と囁かれたのかもよ、ベッドで!
 
ピロートークですよ、金儲けの!!
 
ボクちゃん、ブレイク・ライヴリーのことは大好きですけども、アナケンよりも。
 
こうしてスクリーン上で、改めてアナケンとブレイク・ライヴリーの共演場面を観ると、発声、振る舞い、迫力など、総合的に「映画映え」するのはアナケンの方なんですよね〜。
 
あんだけブレイクが着飾っても、アナケンの魅力の方が上回るという事実。
アナケンの実力を再確認できる作品でした。
 
底力あんね、あの子!
 
ブレイクの夫役が、まさかの「クレイジー・リッチ!」の王子様的な役で人気が出た、アジア系男優のヘンリー・ゴールディングでした。
 
これは大抜擢だと思います、ブレイクを抱いてる役ですから!
 
ブレイク本人は、アジア系は好みではない。(←そのはず)
 
2人がチュッチュ、チュッチュする場面は、両者とも、少しぎこちなかった気がします。
 
チュッチュ、チュッチュする場面では、ボクちゃん、瞬きせずに目を見開いてチェックしてましたから!
 
 
A Simple Favor - Un pequeño favor (Spanish Edition)

A Simple Favor - Un pequeño favor (Spanish Edition)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray


nice!(7)  コメント(9) 
共通テーマ:映画

「スパイダーマン:スパイダーバース」★★★★ [映画日記]

spidermanspiderverse3.gif


何このアニメ。


表現が斬新で若——い!


ボクちゃん、タイムマシンに乗って未来に来てしまったのけ?


未来の映画館で、未来人が作ったアニメを観ているのけ?


ああ、自分はもう年寄り。


玉手箱を開けてしまい、瞬時にハゲてしまった昭和のジジイだわさ!


…そんな、置いてきぼりにされたような気分になる、イマドキの技術とセンスがギュウギュウに詰まっているエンターテインメント作品でした。


アメコミ雑誌のページが、そのまんま動いているような映像に目が釘付け〜。

CGだけど、手描き感覚が生きている。


これまでの米国製CGアニメは、「いかに髪の毛1本1本を再現するか。いかに眼球をツヤツヤに仕上げるか。いかに立体感を再現するか」など、写実的な技術を追い求めてましたけども。


そういう路線とは正反対。


「2Dっていいよね」っていう、二次元路線が逆に新鮮。


雑誌売り上げ低迷の時代に、「印刷物バンザイ」みたいな路線ですよ、「チラシバンザイ」みたいな!


音楽の選び方や使い方も若々しくて、なんかまぶしかった〜。


その若さのエキス、数滴でいいから分けてほしいくらい!


分けてもらえたら、すぐさま顔にハタき込みますから!!


「アベンジャーズ」チームに所属しているはずのスパイダーマンが主人公なのですが。

「アベンジャーズ」を製作している会社とは別のライン。


別会社ですよ!


だから、「アベンジャーズ」チーム内のスパイダーマンとは、全く違うものを作らなくてはならない。

しかし、スパイダーマンらしさは残さなくてはならない…。


そんなハードルの高いオーダーに、見事に対応している制作陣。

クリエイティブ魂を保ちながら、そんな大人の仕事をやりきったところも素晴らしいです。


「アベンジャーズ」との差別化を図るためか、そもそものスパイダーマンである主人公ピーター・パーカーが死んだ世界が舞台ですよ。


大胆に原作をおイジリだよ!


「ピーター・パーカーなんて、もう古い」みたいな、「アベンジャーズ」への対抗心もありながら、しっかりとピーター・パーカーに対してのリスペクトもある。

うまいこと作り上げているお話。


練り上げてんよ!


そして、今回の主人公は黒人の男子中学生、っていうところが小憎らしい。

空前の「黒人もの」ブームに、ちゃっかり便乗〜。


しかも、男子中学生の叔父役声優がマハーシャラ・アリさんだという。


ただいまハリウッドで無敵の助演男優様が、こんなところにまで出たーーっ!


そして、男子中学生がヒーローぶる様子は「中学生円山」をほうふつでした。


キャラクターデザインも自由すぎる〜。


間違いなく、制作スタジオの職場は服装自由〜!


物語の中盤で男子中学生と行動を共にする日系美少女ペニー・パーカーが、日本のアニメ風2次元デザイン。

ペニー・パーカー1人だけセル画風で、浮きっぷりがスゴイです。


ついつい目がいってしまう子。


何か光るものがある子!


彼女の見た目は「じゃりン子チエ」をほうふつでした。(←古いですか)



「スパイダーマン:スパイダーバース」オリジナル・スコア

「スパイダーマン:スパイダーバース」オリジナル・スコア

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2019/02/27
  • メディア: CD


nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:映画
前の4件 | -