So-net無料ブログ作成
前の4件 | -

「レプリカズ」★★★☆ [映画日記]

Replicas.gif


今度のキアヌ・リーブスは科学者役。


なんと、他人の目の付近に針を刺し、神経データを取り出しております。


エキスを抽出してるんですよ!


取り出したデータを使って、人のクローンを作ろうとしている、という設定なのでした。


人型のロボットが出てきたり、悪い人に追われたりする、ちょっぴりSF風味のバイオ・サスペンス作品ですけども。

キアヌが、ダッサダサなメカのヘルメットをかぶった宣伝写真とか、B級臭さが満点。


臭みが充満、便所の個室みたいに!


全く期待していなかったおかげで、本編は、とっても楽しめました。


「人のクローンは作れるか?何のために作るのか?作ったあとはどうするか?」というところがテーマだったと思うのですが、物語の先とか結末が、全く読めないところがオモロかったです。


クローン人間が何人も出てきますけども。


彼らに闇がナーイ!


あっけらかんとしている、というか、サッパリとした山口智子さんみたいな良い性格でした!!


こういうジャンルって、ビジュアルセンスって大事だな〜、と思います。

もしもセンス抜群のクールな映像だったとしたら、今回の作品は「エクス・マキナ」みたいなカルト作品になっていたような気がします。


キアヌの役名はウィリアム・フォスター。(←ベタな名)


物語が始まって、割とすぐにウィリアムがクローン制作に着手。

倫理を無視して、どんどん暴走するウィリアムには全く共感できないのですが。


キアヌの好感度ってスゴイですね。


号泣キアヌ、ぬいぐるみを抱きしめて考え込むキアヌ、など、キアヌ萌え場面が多くて、なんとなく許せてしまう。


マイナス点が帳消しに!


ここまで魅力を出せれば十分ですよ、50半ばで!!


ウィリアムのキャラクターは、キアヌの持ち味である「永遠の純朴」と、インテリ風味が融合。


「天然キャラの科学者」という人物像が完成しているのでした。(←そんな科学者はイヤですか)


キアヌとSF要素の相性はバッチリ。


シュッとしてなさるからね、面!


しかし、所帯とか、家族とか、そういう生活感のある要素は似合わない。

キアヌが片付いた自宅内で子どもと戯れている場面などは違和感が。


キアヌのイメージは「ひとりぼっち飯」とか「洗濯なんてしてない服」ですからな。(←失礼)


キアヌの嫁役はアリス・イヴという安キャスト!(←失礼)


廉価版リース・ウィザースプーンみたいな雰囲気で出てきたのですが。


結果的に、今回のアリス・イヴは、整いすぎた顔がミステリアスな役にピッタリ。

これはハマり役〜。


活きてましたよ人形面〜!



Replicas [Blu-ray]

Replicas [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「マザー!」★★★☆ [映画日記]

mother.gif


ダーレン・アロノフスキーが監督で、ジェニファー・ローレンスが主演した2017年の作品ですよ。

スタッフも出演者も人気者ばかりで、名前のリストがスゴイことに。


光り輝く名簿ですよ!


しかし本国ではコケて、日本でも、ほぼ未公開扱いになってしまったんですよね〜。


逆に話題になった作品に!


amazonプライムビデオで配信されていたので観てみましたけども。

母性を感じさせるタイトルから、愛でいっぱいのステキな映画かと思ったら正反対。


マ逆!


ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー、ミステリー、バイオレンスなど、多彩なジャンルを融合させて、ひねくれた愛情と信仰を組み込んだ、独自性の高いお下品な作品に仕上がっています。


クライマックス以降の地獄絵図にア然…。

後味が悪いです。


ベロに残るわな、エグ味!


旬のトップ女優を用いて、ここまでのヨゴレ感を打ち出してくるとは。


ジェニファー・ローレンスは「レッド・スパロー」(2018年)で初めてボインを出したと思っていたのですが。

実は「マザー!」(2017年)の方が先だっだんですね。


こっちですから、初ボインは!


どこまでもブレなく狂った作品で、破壊力抜群。

炎上を恐れる現代の風潮の中では貴重ですよ、こういう頭のおかしい作品は!


物語は理解できません。

最後まで観ても、何が何だかチンプンカンプンの悪夢世界。


しかし、冒頭からラストまで、顔のどアップや、手持ちカメラを駆使して醸し出される緊張感は持続したまんまで、目は離せない。

刺激的な映像が数珠つなぎで、退屈することはありませんでした。


ジェニファー・ローレンスが演じる若い妻と、ハビエル・バルデムが演じるの夫が暮らしている、ポツンと建った一軒家だけが舞台。


お屋敷縛りですよ!


そんなお宅に、エド・ハリスとミシェル・ファイファーが演じる見知らぬ夫妻が訪れて展開がはじまりますけども。


ジェニファー・ローレンスとハビエル・バルデムだけでも十分なのに、そこにエド・ハリスとミシェル・ファイファーが加わって、より一層濃い味に。


カレーの中にシチューを入れたようなもんですよ、インドカレーの中に北海道シチューを!


近年では、婆さん役が多いミシェル・ファイファーですけども。


ババア化の一途だどってましたけども!


今回は久々のセクシー熟女役。


アラ還で、見せつけてきたわい、ブラ姿!


美貌がキープされたままで、スゴイと思いました。


さらに、見知らぬ来客が続々と来訪。

大事なインテリアが汚されたり壊されたりして、ジェニファー・ローレンスがイライラする、というところが見どころ。

あらゆるストレス表現が上手いです。


ああ、赤の他人のガキンチョが、我が家の清潔な床で、よりによってお漏らしですよ!


ああ、踏みにじられてゆくインテリアへの愛。


溜まってゆく一方の、うっぷん!


今回ジェニファー・ローレンスが演じた役は、自家用車内も「土足厳禁」にするタイプ。


潔癖症とまではいかないまでも、自分が好きだったり、作ったりしたものに囲まれてのどかに暮らしたい、という、リンネル読者みたいな層の心を、気持ちよく木っ端みじんにぶち壊す内容でした。



マザー! [Blu-ray]

マザー! [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: パラマウント
  • メディア: Blu-ray

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「ガルヴェストン」★★★ [映画日記]

Galveston.gif


殺し屋と幸薄い少女が共に逃亡する、寂れたフンイキ漂う純愛ロードムービーですけども。


愛と怒りのデスロードですよ!


まずは、監督が女優のメラニー・ロランってところにビックリ。


演出もこなせるんですね、あの子!


なかなかの手腕で、暴力シーンも、アクションシーンの出来もバッチリ。


女性独自の視点というか〜、40歳の殺し屋のことを、ちょっぴりかわいく思える存在に仕立てあげている気がしました。

荒っぽいけれど、不潔な感じはしない男性像。

短髪をツンツンと立てている感じとか、身長は高くない感じとか。


母性本能をくすぐる40歳のおじさんなんですよ!


殺し屋を演じているのはフォスベン!!(←ベン・フォスター)


少女役を演じているのがエル・ファニングという、普通なら無いカップリングが新鮮〜。


フォスベンといえば、私生活ではロビン・ライトと交際していたことが記憶に新しいですけども。


オバコンで有名でしたけども、世界的に!


ロビン・ライトと別れてからの、今回の役。

今度は19歳の少女が相手ということで。


路線変更〜、オバコンからロリコンへ!


アンタ極端!!


そんなフォスベンとエル・ファニングが、時には言い争ったり、時には笑い合ったりするという、演技合戦が見どころになっていますけども。

エル・ファニングの方が感情的になる場面が多くて印象的。

着衣が乱れ、乳が見えそうで見えない場面ではハラハラいたしました。


エル・ファニングに胸元のはだけはまだ早い。


観ながら「着衣を整えな!具が見えちまうよ!!」と注意したくなりました。


フォスベンの演技は想定内のものでしたけども。

エル・ファニングの方は、またしても己の名演技を更新。


観るたびに良くなる子だわな。


まるで右肩上がりの企業ですよ!


もう完全に姉のダコタちゃんを超えている。

今回は、生きていくために体を売るような役で、チープ感、ブサかわいい感、瑞々しい少女感など、必要な要素を全て出していたと思います。


ラストとか雑だし〜、とくにたいした物語でもありませんでしたが、エル・ファニングの魅力が作品クオリティを底上げしていたように思います。


上げ底効果ですよ、「上げ底ブーツ」みたいな!



Galveston

Galveston

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD

nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:映画

「オーヴァーロード」★★★☆ [映画日記]

overloard.gif


オモローイ。

掘り出した感のあるB級エンターテインメントでした。


道端で10円玉を見つけた気分ですよ!


製作はJ・J・エイブラムスということで。


ブランドものですよ、「JJ印」が付いてますから!


足袋に例えたら「福助」みたいな印ですよ!!


本編を観てみたら、確かにJJが好きそうな感じ〜。

いかにもJJが企画書に制作許可のハンコを押しそう〜。


時代設定は第2次世界大戦中。

ナチスが占領しているフランスに降り立ったアメリカ小隊が、未知の恐怖を体験する、という、アクション・ホラー作品です。



中盤以降は激しいバイオレンス・シーンの連続〜。

そういうのが苦手な人にオススメできないのが残念です。


特殊映像のクオリティもバッチリで、アトラクション感覚で楽しめる恐怖映画でした。


要所で、観客を「ワッ!」とビックリさせる、脅かし場面があるのですが、ベタなやつ!


「そろそろ、脅かし場面が来るな」と感じたら、いちいち目をつむっていたボクちゃん。

その対応が効いて、ほぼ脅かされることはありませんでした。


作品を満喫したい場合は、お目目はパッチリ開けて、存分に驚いたほうがいいでしょう。


その方が元は取れるでしょう!


B級作品らしく、スタッフも出演者も無名がそろっています。


全員がポッと出なのですが。


今後はブレイクしそうな人材ばかり。


みんなダイヤの原石ですよ!


監督はジュリアス・エイヴァリーという人で、長編制作の経験は浅いですが、アメコミ原作の新作「フラッシュ・ゴードン」の監督に既に抜擢されていますよ。


金の卵なんですよ、金卵!


主人公で気の弱い兵士ボイス役を演じていたのは、ジョヴァン・アデポという若手男優なのですが。

新「スター・ウォーズ」シリーズに出演しているジョン・ボイエガを、ちっちゃくした感じ。


ボイエガの後釜を狙えそうな子。


そのうち稼げそうな子!


しばらく寝かせておくと味が出そうな子でした!!(←雪の中で寝かせた大根かい)


兵士ボイスの上官フォード役を演じたのがワイアット・ラッセルですよ。


カート・ラッセルとゴールディ・ホーンの息子さんですよ、あそこんちの子!


見せ場のある役で、父カート・ラッセル系の演技を見せておりました。


写真撮影が好きな兵士チェイス役を演じていたのが、ドラマ「エージェント・オブ・シールド」のフィッツ役でおなじみ、イアン・デ・カーステッカーでした。


5年間くらいドラマを観てきましたけども、初めて知りましたよ男優名!


ドラマではクールな役のイアン・デ・カーステッカーですが、今回の映画では見事にヨゴレたわな。

メチャクチャな感じになる場面では、思わず笑ってしまいました。


いろんな場面で写真を撮っていた兵士チェイス。

てっきりカメラも写真も、物語の伏線かと思ったのですが、手付かずのまま終わりました。


ご放置ですよ!


そういう緻密さはないんですよね〜。


頭を空っぽにして楽しめるタイプの作品でした。




nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の4件 | -