So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の4件 | -

「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」★★★ [映画日記]

pokemon.gif
「ジュラシック・ワールド/炎の王国」を観たかった。
 
恐竜さんに会いたかったけど今はダメーーーッ!
 
どうしてもTOHOシネマズに「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」を観に行かねばならぬ。
さすれば劇場の入場口で、スマホゲーム「ポケモンGO」の「ひじょうに珍しいポケモンがもらえるキャンペーン参加券」がもらえるから。
 
券が欲しいんですよ、あの紙が!
 
のどから手が出るほどに欲しいんです、あのビラ!!
 
ボクちゃん、ポケモンの大ファン。
 
頭の中の90%はポケモンのことを考えてますから!(←もっと恥じて)
 
だから「ひじょうに珍しいポケモンがもらえるキャンペーン参加券」は重要書類。
 
最高機密文書ですよ!(←ペンタゴン・ペーパーズかい)
 
大体のポケモンファンは「ひじょうに珍しいポケモン」という言葉に弱いわな。
 
「ひじょうに珍しい」という部分がたまらん!
 
「ひじょうに珍しいポケモン」のためなら何でもするんですよ、ワテらみたいなポケモン・バカは!!
 
しかしボクちゃん、ゲームのポケモンは大好きですけども、アニメのポケモンには興味ゼロ。
だってそんなのゲームの宣伝じゃん。
 
ゲームのプロモーション・ビデオじゃん所詮!
 
…と思いながらも、映画の鑑賞料金は払ったし~、仕方なく、人生で初めてのアニメ映画版ポケモンを観ることにしたのですが。
 
観てみたら結構楽しい~。
 
確かに、この映画はゲームのプロモーション・ビデオであることに違いない。
違いないけども、これは最高のプロモーション・ビデオですよ。
 
観終わるとウキウキして、またポケモンのゲームで遊びたくなる。
 
一層のポケモン・バカになれるんですよ!(←洗脳ビデオかい)
 
劇中では、大人も子供もポケモンが大好き。
その世界では、数多くの種類ポケモンが生き生きと暮らしているんですよ、キャッキャ、キャッキャ、キャッキャ、キャッキャ!
 
そのポケモンの動き、仕草、鳴き声…。
 
全てが愛おしい!
 
劇中の女子キャラが、大人の男性に携帯画面を見せて「この珍しいポケモンを探してます。(いますか?)」と尋ねると。
劇中の大人の男性は「なんだ、普通のイーブイじゃないか」と即答。
大人がポケモン用語を熟知しているという、ステキな世界観に感動~。
 
涙出たわい!
 
ああ、ボクちゃんもその世界に住みたい…。
どうせ今の日本なんて、将来は、もらえる年金だけじゃ暮らしていけやすまい。
 
ボクちゃんもポケモンの世界に行って、肩の上にピカチュウを乗っけて暮らしたい。
 
そしてもう日本には帰ってきたくナーーイ!…そんなふうに思いました。(←もっと恥じて)
 
ポケモン・ワールドでの主人公は、男児サトシですけども。
ボクちゃん、アニメ版サトシを今回初めて観たのですが。
 
古臭いファッションで、いちいち「ポケモンパワーだぜ!」「友達になろうぜ!」とか叫んでいて暑苦しい~!
 
猛暑日には合わぬ子~!!
 
こういう子はボランティア活動をさせるとよく働くと思いました。
 
よく拾い集めてきそうな子でした、缶ゴミを!
 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」★★★☆ [映画日記]

batlleofthesexies.gif


昔の感覚って恥(シェイム)だわな。


顔が赤くなんよ!


1973年に行われた、テニスの男女対決試合が描かれている作品ですけども。

昔の感覚が、こんなにも現代と違うとは。


昔は男性の「男性優位」意識があからさま。


あけっぴろげですよ、おっぴろげ!


劇中、テニス協会のお偉い男性が、女子選手に面と向かって「女子テニスの大会なんて、賞金は格安でいいっしょ」みたいなことを言ってますよ。

「男子テニスの方がオモロイし」みたいな。


平気で言えてんの、おすまし顔で!


まるでコメディみたいな有様でした。


そんな報酬格差が発端になった物語。

女性をバカにした男性社会にキレた女子選手ビリー・ジーン・キングが主人公。


キレた芸が光る子ですよ、キレ芸人みたいに!


まずは「ビリー・ジーン・キング」という名前がカッコいいです。


まるで響きが「メリー・ジェン」byつのだひろですよ!


既婚のビリー・ジーンなのですが、徐々に同性愛に目覚めていく過程も映画的。


内なる「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」ですよ!


まるで映画化されるべく生まれてきたようなお方でした。


女性の愛人ができたビリー・ジーン。

ビリー・ジーンの夫が、嫁の浮気を一瞬で悟る、という察しの良さにビックリ。


察しが良いというか~、ビリー・ジーンが泊まっているホテルの部屋に入ったら、玄関先にブラジャーが落ちていていたから浮気に気付くのですが。


まー誰でもピンとくるか~、玄関先にブラが落ちてたら!


というか・・・ビリー・ジーンさん、アンタもブラくらいタンスの中にしまっときなよ!!・・・とも思いましたけども。


嫁の浮気を知った後の旦那も、包容力を全開にして嫁をサポート。

その落ち着いた態度が素晴らしかったです。


取り乱さないんですよ!


あの旦那は良くできた旦那だと思いました一見バカそうだけども!!


男性優位主義の代表みたいな男子テニス選手ボビー・リッグスに、果し合いのような男女対決試合を申し込むビリー・ジーン。

そのテニス試合の映像クオリティが最高~。

本物の試合みたいにハラハラ・ドキドキ。


劇場内のお客さんの中には、試合に夢中になりすぎて思わず「パン」と手を打つ人もいましたよ。


興奮してなすっていたわい!


ボビー・リッグス役はスティーヴ・カレル、ビリー・ジーン・キング役はエマ・ストーンが演じておりますけども。

今回はエマ・ストーンの器用さが際立っていたと思います。

レズビアンのテニス選手という難易度の高い役を、それっぽく見せていて感心~。


キマってましたし、玉打ちも!


玉を打ったり返したりしたあとのリアクション、コート内での佇まい、全てに何の違和感もありません。

それがエマ・ストーンだということを忘れてしまう見事な仕事ぶりでした。


作品のメイン・テーマは「男女の戦い」でしたけども。

裏テーマとして「男×女」「女×女」「(ついでに)男×男」の愛も描かれているんですよね~。


性の戦いを性愛が支えているという皮肉。


性問題とは、なんともひねくれたものですね。




nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「エヴァ」★★☆ [映画日記]

eva.gif


「エル ELLE」で怪演したイザベル・ユペールが出演している、っていうので期待していた作品なのですが。


「エル」の次が「エヴァ」なんですよ、ゴロも良い!


しかし期待しすぎました。


はしゃぎすぎたわい!


若い男性作家が、妖艶な女性の虜になってしまうという物語。

まあまあ普通の、ミステリアスな作品に仕上がっておりました。


妖艶な女性エヴァを演じているのがイザベル・ユペールなのですが。


なんと設定が娼婦~!


「アタイを抱きたきゃ早くしな。酒付きで3万円だよ」みたいなことを言うキャラクター。


アンタ、この人65歳ですよ!


アラセブでのセクシー路線にビックリ仰天。


まるでヨコハマメリーですよ!


イザベル・ユペールには入浴シーン、湯上りシーンも多かったです、さすがにボインは出しておらず刺激はありませんが。


エヴァって40代くらいの設定なのかな~。

演じるユペールの化粧が盛り盛りで若作り。


寝ている場面でも化粧バッチリ。


頭からお水につかっても化粧バッチリ、くずれナーイ!


通常の場面でも、いくらか光は多めに当ててもらっている感じですよ岩下志麻みたいに!!


肌感に関しては一切のスキがありませんでした。


態度も堂々とした娼婦っぷりで、感じは出ておりましたけども。

別にエヴァ役は、わざわざイザベル・ユペール様が演じなくていい気も。


他に40代の女優さんで、エヴァ役がやれる人材はゴロゴロいる気もいたしました。


もはやイザベル・ユペールの挑戦企画みたいになってるのかな~?


ギネス認定への挑戦ですよ「何歳まで抱かれ役をやれるか」っていう!


性記録だわな!!


若い男性作家ベルトラン役を演じているのはウリ坊ですけども。(←ギャスパー・ウリエル)


今回のウリ坊はイケメン・オーラが全開。

見た目がものっすっごい男前で、抱いてるガールフレンドも美人でカワイイ~。

だけど中身が無い男役なんですよね~。


中が空なんですよ、ピーマンみたいに!


そんなイケメン作家役のウリ坊がイザベル・ユペールを抱きたがるという絵づらが、なんかスゴイというか~。

まるで母子みたいで変な感じ~。


妙な2人~!


劇中でウリ坊がイザベル・ユペールを抱きたがるたびに、「ちょいとウリ坊、よく考えな。相手の年齢は65だよ!・・・と忠告したい気分になりました。


耳打ちしたい気分ですよ、あの人の実年齢!


しかし冷静に考えてみたら、ウリ坊の方がマニアだったんだよね~。


ウリ坊が老け専だった、っていう話!


ウリ坊とイザベル・ユペールの顔合わせは豪華な感じで日本ウケしそう。


名前だけで客が取れるんですよ、世界で!


広くて浅い客層にアピールできる、ライトなエロチック作品でした。



nice!(6)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」★★★ [映画日記]

Winchester.gif


舞台は、米国に実在するウィンチェスター・ミステリー・ハウスですよ。


幽霊屋敷ですよ、ホントにオバケが出るんだってさギャーーッ!


「霊もの」は苦手なボクちゃん。


霊だけはイヤーーーッ!


そんな映画を観てしまうと、夜眠れなくなりますので。


夜尿も心配ですので!


しかし今回の作品にはオスカー女優のヘレ美が出演しているというので観てみることにしました。(←ヘレン・ミレン)

ヘレ美がホラー作品に主演するのは初めてだそうですよ。


お初ですよ、長い人生で!


ヘレ美は、ウィンチェスター・ミステリー・ハウスの主人役。


屋敷のオババですよ!


物語の冒頭では、まだ姿を現さぬヘレ美。

しばらく待っていると、黒いベールをすっぽりかぶったヘレ美が出てくるも、そのお顔は見せませぬ。


さらにしばらく待っていると、ベールをめくってヘレ美が出たーーっ!


ジラして出てきたわい、「ジュラシック・パーク」のティラノザウルスみたいに!!


顔を出した後は、たま~に霊と交信するヘレ美。


新鮮でした、イタコ演技!


近年に出演した映画の中では、安めの演技をするヘレ美。

一体誰に頼まれて、こんな映画に出なすったのかは知りませんが。


役のモデルになった実在の女主人て、なんとなく見た目がヘレ美と似てるんですよね~。

最適な配役であることには違いありません。


そしてヘレ美のおかげで作品レベルは上がってる。

ホラー映画を観ているはずだけど、なんだかもっと、まともな人間ドラマ作品でも観ているかのような気分になりました。


ヘレ美効果ですよ、オババ効果!


こんな作品ですが、ヘレ美だけは最高なのでした。


この役を日本人が演じるとしたら、美輪さんでいいんじゃないかな~。


ヘレ美の名前に釣られて出演を承諾したのか、ジェイソン・クラークも出ていますけども。

屋敷に滞在して、ときどき出てくる幽霊にビックリする役のジェイソン。


もはや、おどかされ屋!


ジェイソンは幽霊を目撃するたびに、気持ちよく飛び上がってましたカエルさんみたいに!!


ボクちゃんは、幽霊が出そうな場面になると下を向いていたので、さほど驚くこともありませんでした。


今回のホラー映画はあまり怖くなかったな~。(←そりゃそうだ、下を向いてたんだから)


作品中の、どこまでが実話なのかは分かりませんが。

古い屋敷を24時間休みなく増築し続けている、という設定がクレイジー。


エンドレス・リフォームですよ!


増築の結果、迷路と化した屋敷内。

不気味と言えば不気味だけど、子どもが探検して遊びたくなりそうな楽しい間取りでした。


だけど木造だし、建てつけは悪そう~。


も怖いけど、地震での被害も怖そうでした。




nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:映画
前の4件 | -