So-net無料ブログ作成

「マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり」★★★ [映画日記]

ManUp.gif


旧作です。

エゲレス製、大人のラブコメですよ。


ドタバタするんですよ大の大人が!


ストーリー展開は、男女間の「しゃくだけど気になるあいつ。しゃくだけど抱いてみたい的な、よくあるタイプなのですが。


息つくヒマがないほどセリフが大量。


行間ナーイ!


忙しいテンションが楽しかったです。


主人公は30代の未婚女性ナンシー。


恋に不器用な女ですよ、ブキッチョ女!


まずは、このナンシー役の女優って誰。


どなたかな?


演技は、等身大の自然な風合いでありながら、コメディエンヌらしい大きなリアクションも完璧。

魅力的に役をこなしておられます。


女優の名はレイク・ベル。


知んない子!


代表作は2008年の「ベガスの恋に勝つルール」ということで。


「ベガスの恋に勝つルール」・・・「ベガスの恋に勝つルール」・・・何ひとつ思い出せん!


このたび発掘されたベテラン女優、という感じでしょうか。


発掘された化石みたいな女優ですよ、アンモナイト女優!(←失礼)


そんなナンシーが、名を偽り、ブラインドデートをするお相手ジャック役を演じているのが、サイモン・ペッグなんですね~。

今回の作品では、あのサイモン・ペッグが好青年に見えてしまうというフシギ。


怪演しとります、フンイキ・イケメン役!



クライマックス辺りで、暴走する車の助手席にペッグが乗っている、という場面があるのですが。

ペッグの、おびえたような困ったような、ビックリしたような表情が素晴らしい~。


「ミッション・インポッシブル」シリーズでのペッグもそうですが、暴走する車の助手席に乗っけておくと盛り上がるお方。


見事な助手席男優でした!


ジャックの元妻役を演じているのはオリヴィア・ウィリアムズということで。

「なんだジャック。アンタずいぶんと年上の嫁をもらったわな」と思ったのですが。


あとで調べたらオリヴィア・ウィリアムズは、ペッグより1つだけ年上。

ほぼ同年齢だったんですね~。


いや~オリヴィア・ウィリアムズ。


老けてんね。(←失礼)


その他、脇役が魅力的。

演じているのはテレビ役者が目立ちます。


ジャックが本来デートするはずだった女性を演じていたのは、ドラマ「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY」のキティ役オフィリア・ラヴィボンドでした、誰も知らんと思うけど!


ナンシーの元クラスメイト役は、ドラマ「ナイトメア~血塗られた秘密~」でフランケンシュタインの怪物役を演じていたロリー・キニアでした、これまた誰も知らんと思うけど!


後で調べたら、ロリー・キニアって、最近の007シリーズ3作に連続出演していたんですね~。


実は、誰も知らない人気者なんですよ!


このように、サイモン・ペッグ以外は、日本人に馴染みの薄い者ばかり。

彼らにとっては、いいプレゼン作。


お名刺を差し出されたような作品でした。




Man Up [Blu-ray + Digital HD]

Man Up [Blu-ray + Digital HD]

  • 出版社/メーカー: LIONSGATE
  • メディア: Blu-ray

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

イベント「ブレードランナー」ナイト3に行ってきた。配られた紙を見て驚愕。入念な作品検証に感服〜。 [映画写真日記]

2017年10月8日(日)。
毎年のように恒例になったイベントに行ってきました。
新宿ロフトプラスワンで行われた「ブレードランナー」ナイト3ですよ。
1982年の映画「ブレードランナー」ついて、有志たちが語り明かすというイベントですよ。
会場内には、約150人ほどのお客さんがギッシリ。
8割がた40〜50代の男性客でギッシリ〜!
こちらは告知用のチラシ。↓
b1.jpg
こちらは告知サイト。↓
まーね。
もう3回目にもなると話すネタはないっしょ?!…と思われましたが、まだまだありました。
あらゆる側面から作品に切り込んでいて感心〜。
1982年当時に日本のポスターデザインを手がけた人が、突然ゲストとして出てきましたよ。
日本用のビジュアルが、後に世界中のポスターに採用された、などなど製作の裏話を披露。
ポスターに書かれた「ブレードランナー」の「ブ」の字は、「レードランナー」の字よりちょっと大きめに書かれてるそうですよ。
「へぇボタン」があったら連打しているところです。
こちらが解説しているところ。↓
b2.jpg
入場時に配られた紙。
それには、「ブレードランナー」劇中に出てくる「折り紙のユニコーン」の折り方が。
なんとも丁寧に解説〜!↓
b3.jpg
あらかじめ配られていた折り紙を手にするお客さんたちに、折り方をレクチャー。
難しすぎて「できんわ!」と投げ出す人もいれば、熱心に折り上げる人も。
折っている途中で、切り込みを入れるところが難しいんだよね〜。↓
b4.jpg
別に配られていた紙を見て驚愕。
そこには、「ブレードランナー」劇中のスタジオロケ場所が丁寧に記録されている、手書きで!
調べた人は、ライターのプッチー・ミンミンさんですよ。↓
b5.jpg
壇上では、「ブレードランナー」劇中の画像が映しだされ、プッチー・ミンミンさん自身による「この場所は、紙に書かれているココです」みたいな解説。
ここまでやる人いる?!
あまりにも深く、そしてクレイジーな内容に、うれしくて笑ってしまいました。
お金を払う価値のある仕事ぶり。
劇中に映り込む看板の位置まで、すんごい細かく調べてあるのでした。
こちらが拡大図。↓
b6.jpg
などなど、作品本編の検証が充実していることもあれば、あんまり関係ない話にそれたりもして、それはそれでライブ感があって楽しかったです。
今回のイベント開催日は「、ブレードランナー」続編の「ブレードランナー2049」が日本公開直前だった、ということで。
お客さんが未鑑賞ということで、「ブレードランナー2049」への言及は薄かったですけども。
いつか、「ブレードランナー2049」を含めた内容のイベントも見てみたいな。
10月27日公開の「ブレードランナー2049」本編も楽しみです〜。



nice!(8)  コメント(7) 
共通テーマ:映画

「僕のワンダフル・ライフ」★★★ [映画日記]

ADogsPurpose.gif


先日鑑賞した、実話をベースにした猫映画「ボブという名の猫」に引き続いての動物映画ですよ。

今度は犬~。


犬畜生~!


主人公はベイリーという名の犬で、死ぬたびに別の犬に生まれかわってゆく、というアメージングでスピリチュアルなストーリー。


へ~、これも実話なんですよね?(←多分違いますが、実話だったらうれしいわな)


つまり劇中ではワンコが死ぬ場面が複数ある、ということで。

まー泣いた泣いた。


ボクちゃん、なんべんも、なんべんも、清らかな涙を流したわい乙女みたいに!


他作品で猫が死ぬ場面も見かけますが。


猫の場合はたいがい惨殺!


衝撃的すぎて涙も出ないのですが。


他作品も含めて、犬が死ぬ場面っていうのは、たいがい老衰とか事故とか現実的。

犬も飼い主も、かわいそうなシチュエーションになるんですよね~。

今作も観ていて辛かったです~。


ストーリー内には、いつもたいてい悪役がいて「犬がいじめられるかもしれない」という危機感も漂っております。


悪役は妬みや嫉みを抱いていて、割とピリピリした風味。


結構、辛味がベロにくんよ!


劇中には、警察犬のパートがあるのですが。

それが意外にもグッときました。

警官のおじさんの演技がんごく良かったです。


いや~しかし。

映画で観客を泣かす方法は簡単だわな。


ワンコを死なせりゃそれでいいもん。


一発で涙ジャ~~ッですから!


今作の場合、ワンコの人生は子犬から始まるんですよね~。

これがまたかわいい~。


とくに出番の多かったキャラメル色のレトリバーがかわいすぎる~。

子役とレトリバーが走り回って遊ぶシーンでは、ほのぼのしていて癒やされました。


やッぱり最強だわな、子供と動物の抱き合わせ商法は!


飼い主のお宅では、レトリバーと共に猫も飼っていてビックリ。

ケンカしないのか心配でしたけど、大丈夫みたいでした。


他の犬映画とちょっと違うところは、犬のベイリーが生まれかわるたびに犬種も変わるところ。

いろんなワンコが楽しめるのです。


奥さん、ちょっとコレおトク!


クライマックスに登場する飼い主を演じているのはデニス・クエイドなのですが。


ボクちゃんがもしもペットだったら。


もしも子リスだったら!(←ありゃま、かわいい)


飼い主がデニス・クエイドならうれしいと思う~。


なんか、かわいがってくれそうですし。


生活も安定してそうですしね、年金をたんまりもらってそうで!


中盤のヒロインを担当したのが、映画「トゥモローランド」の主演に大抜擢されていたブリット・ロバートソンなのですが。


今回、女子高生役で出てきてビックリしました、アラサーなのに!


しかしちゃんとティーンエイジャーに見える、というかティーンエイジャーにしか見えないところがスゴイです。


童顔なんですよね~、顔が童!


ストーリーと共に、あの子の顔もアメージングでした。



A Dog's Purpose (Blu-ray + DVD + Digital HD)

A Dog's Purpose (Blu-ray + DVD + Digital HD)

  • 出版社/メーカー: Universal Studios Home Entertainment
  • メディア: Blu-ray

nice!(8)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

「STAR 夢の代償」シーズン1。歌レベルが高くて最高〜。アラフィフ男優の元カノはジュリア・ロバーツ。 [海外ドラマ日記]

いや〜、FOXで放送された「STAR 夢の代償」シーズン1な〜。

米国の女子3人組ユニットが、音楽界のスターになろうとするドラマですけども。


こちらのお写真が、その3人。

富豪のお屋敷でお歌を披露しているところです。

「下積み」ですよ!↓

s1.jpg


*FOXでの番組情報はこちら。↓



製作は「Empire 成功の代償」のリー・ダニエルズですよ。

アッという間にテレビ界でもヒットメーカーになりましたな〜。

こちらのお写真は、リー・ダニエルズを囲む女子3人組。↓

s2.jpg


「Empire 成功の代償」では、女性キャラがド派手な衣装を着ていることが話題でしたけども。

「STAR 夢の代償」では、クイーン・ラティファが演じるカルロッタの髪型がいつも派手。

なんか似合ってるわな、不思議と〜。↓

s3.jpg


カルロッタが、女子3人組の母親がわりをすることになるのでした。↓

s4.jpg


シーズン1は全12話でしたけども。

毎話、誰かしら1曲程度お歌を披露。

みんな歌もダンスも上手くて素晴らしかった〜。

こういう「歌ドラマ」は米国が一番だわな。


ボクちゃんが気に入った曲は、刑務所のセットで歌った「Whatcha Gonna Do」ですよ。

キャストがみんな出演していて、豪華で最高〜。↓




ドラマの作風は意外と社会派で、サクセスストーリーとしてはテンポが遅めかな。

「Empire 成功の代償」とは正反対のアプローチなのでした。

製作中のシーズン2も楽しみです。


ベンジャミン・ブラットも出ているのですが。

こちらのお写真の男性がベンジャミン。↓

s5.jpg


ベンジャミンって、元カノがジュリア・ロバーツだったんですね!↓

s6.jpg


いや〜しかし。

ジュリア・ロバーツって芸能界に、どんだけ元カレがいんの?!

ゴロゴロ出てくんじゃん、大物から小物まで〜!

キーファー・サザーランド、リーアム・ニーソン、ダニエル・デイ=ルイス、ディラン・マクダーモット、ジェイソン・パトリック、そしてベンジャミン・ブラットですよ。


Wikipediaによると1991年、ジュリアはキーファーとの挙式を3日前にドタキャン。

その4日後にキーファーの友人ジェイソン・パトリックとアイルランド旅行に出発とのこと。


現在の夫(カメラマン)とは、不倫の末に略奪婚て。


やってることが女王すぎる〜。

表面的には好感度が高い、っていうところがスゴいわな。


今回のドラマでは、ベンジャミン・ブラットも、50過ぎた今でもセクシー要員なんですよね〜。

よっぽどニーズがあるのでしょうな〜。↓

s7.jpg

s8.jpg


*「海外ドラマBOARD」でも「STAR 夢の代償」について書かせてもらいました。

ネタバレがありますが、よかったらご覧ください。(タイトルをクリック↓)




nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画