So-net無料ブログ作成
検索選択

「パトリオット・デイ」★★★☆ [映画日記]

PatriotsDay.gif

主演はマー君!(←マーク・ウォールバーグ)

監督はピーター・バーグという、同じコンビで手がけた「ローン・サバイバー」「バーニング・オーシャン」に続いての、実話シリーズ3作目ですよ。

ついに3本も作り上げたわい。アン・ドゥ・トロワですよ!

今回の作品では、2013年のボストンマラソンを狙った爆破テロ事件と、犯人逮捕までを描いております。

実話三部作の中では、庶民が最も身近に感じる題材ということで、ボクちゃんも鑑賞中はとっても怖かった~。

ヒヤッとしたわい、背中にコンニャク当てられたみたいに!

マラソン大会の会場内で、テロリストがすぐそばにいる空気感にゾッ。

マラソン大会のスタート時に流れるカウントダウンすら不気味に聞こえて効果満点でした。

爆発事件後にどんな捜査が行われ、どんなふうに警察が犯人を追いつめたかは知らなかったのですが。

まー最近のFBIによる捜査は近代的ですな~。

犯人の姿とか、監視カメラに映ってるんですよね~。

カメラにグッジョブですよ。

カメラというか、キャメラに!

捜査状況がリアルっぽくて「さすが実話」と思いました。

逃げた犯人は凶暴~。

テロリストって死ぬ気マンマンなんですよね~。

窮地に陥ったら自作の爆弾をバンバン爆発させて、なんかもう手が付けられませんよティラノザウルス並みに!

犯人と警察が、こんな死闘を繰り広げていたとは・・・。

スピード解決する、この事件。

ノンフィクションでありながら、圧倒的なサスペンス・テイストで、「すごい。迫力満点」と唸ってしまいました。

監督も実話映画のまとめ方は手慣れたもの。

おまとめ上手!

まずは、事件に関わってしまった人が、どんな真摯な態度で、事件や被害者に向き合ったかを、丁寧にすくいあげていたと思います。

爆発で亡くなった子どもの遺体を、道路上でず~っと立ちっぱなしで見張っている警官とか。

地味だけど良いお仕事なさったんだな~、と、グッときました。

マー君とは全く絡まないキャラも数人いて、それぞれが別シチュエーションで事件と向き合うことになるあたりも、群集劇っぽくて、なんとも映画的でオツな味でした。

ある中国人男性には、ハラハラドキドキさせられました~。

やるもんだわな、あのちょっぴりブサイクな中国人男性!

主役のマー君を食う活躍をしておりました。

前2作の着地点は、被害者への追悼でしたけども。

今回は追悼もありながら、「テロは許さない」「愛国心」というアメリカ精神を打ち出し、家族愛や男女のラブ・ストーリー的な要素も組み込んで、サービス心が全方向に放射

噴水みたいにプシャーーッ!

まさに実話三部作を締めくくるにふさわしい充実の出来映え。

「メッセージ性のある実話エンターテインメント」という、実話というジャンルに納まりきらない、別次元の完成度に到達。

もはや四次元の世界でした



Patriots Day

Patriots Day

  • 出版社/メーカー: Lionsgate
  • メディア: DVD



nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「20センチュリー・ウーマン」★★★ [映画日記]

20thCenturyWomen.gif

「20世紀少年」みたいなタイトルが付いてますが無関係~!

20世紀を駆け抜けた女性が描かれております。

昭和をかけぬけた女ですよ。

でんぐり返りで昭和をかけぬけた森光子みたいなもん!

主に描かれる時代は1970年代。

15歳の息子に対しての子育てや、自身の恋愛観について悩んでいる55歳のシングルマザーが主人公。

彼女のお名前はドロシアですよ。

ドロリッチじゃありませんから!

演じているのはベニ子なのですがね~。(←アネット・ベニング)

サッパリとした好感の持てる演技をしております。

自宅の部屋を他人に貸していて家賃収入もある様子のドロシア。

ああ、夢の大家生活〜!

住民たちが個性的で、ちょっぴりオシャレな「めぞん一刻」みたいなフンイキも。

ドロシアは、設計事務所みたいなところで働く愛煙家で、若者文化にも理解がありますよ。

そんなところも、当時の「先端を行く女性」という感じ~。

ドロシアの女性像と共に、息子ジェイミーの思春期エピソードも描かれていて、母と子の「絆ドラマ」が展開するものの。

ビックリするような、とっぴょうしもない出来事が起こるわけでもなく・・・。

平和なお話。

ぬるま湯ストーリー!

鑑賞後に調べたら、今回の物語は、監督のマイク・ミルズ自身と母親をテーマにした、とのこと。

なんじゃい、アンタの話かい!

どおりで、とりたてて何にも起こらないはずなのでした。

それでも、母への敬意は十分に感じる内容。

これは「母の日」に観るといいかもしんない。

ジャンルはおかん映画ですよ!

息子ジェイミーが監督自身の役ということですけども。

まー、美形でかわいい子役を選んだわな。

アンタ、子ども時代は、そこまでかわいくなかったと思うけど?!・・・と思いましたが、まあいいです。

部屋を借りている女性役が、「フランシス・ハ」などでおなじみのグレタ・ガーウィグ。

息子ジェイミーの幼なじみ役がエル・ファニングという、最近人気の面子が集合~。

そして、みんな、もれなく演技はナチュラル派~。

そよ風みたいな女優陣ですよ、本上まなみみたいな!(←古いですか)

いや~しかし。

エル・ファニングは良くなる一方ですな~。

ベニ子と同じくらい目立ってる。

髪、顔、手足、肌感、そしてブラジャー!

全てが素晴らしい。

フレイクした者にしか出せない勢いを感じました。

そんなエル・ファニングを含め、子役にまで超・強力なシモネタを言わせているのが脚本の特徴。

脚本もマイク・ミルズが書いているのですが、アンタも調子に乗ったわな〜。

「シモネタ=面白い」という感覚がオッサンらしくて苦笑いでした。



20th Century Women [Blu-ray]

20th Century Women [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: LIONSGATE
  • メディア: Blu-ray

nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「武曲 MUKOKU」★★★ [映画日記]

mukoku.gif

剣道ムービーですよ、高校の部活映画!

しかし広瀬すずちゃんは出てナーイ!!(←「ちはやふる」や「チアダン」じゃありませんので)

剣道を突き詰めていくと殺人になる、もっと突き詰めたるとどうなるか!?・・・という精神的な内容で、ビジュアルもハードでした。

スポ根でありながら、さわやかな場面はございません。

「競技」と「殺人」の間を行った利来たり。

ドロドロして、観ていると心がヒリヒリしてくるという、刺激的なスポーツ映画に仕上がっておりました。

防具とか、お寺とか、日本的なアイテムが多いし〜。

期待できるかもよ、外人ウケも!

剣道の達人でありながら飲んだくれた生活を送っている男の役を、綾野剛さんが演じているのですが。

「こんな人がいたら近づきたくない」というようなネガティブ・オーラが出ていて素晴らしいです。

剛さんて毛量が多いじゃないですか~。

ボリューミーじゃないですか〜、湿気をよく吸って!

あの毛量が浮世離れした感じを出すのに役立っていると思います。

感謝だわなヘアーに!

剛さんが、ガールフレンド役の前田敦子ちゃんの服をはいだら、前田敦子ちゃんのパンツが丸出しに。

前田敦子ちゃんの一番の見せ場がアレでした!

できれば、顔の方を映してあげてほしかったです、尻よりも!!

そんな剛と、剣道の師匠である父との愛憎関係が描かれておりますが。

父親がしごき王!

激しい指導場面は、剣道版「セッション」という感じ。

デンジャラス剛のパートと、高校の剣道部に入った新人パートという、2軸でストーリーは進んでいくのですが。

剛と新人高校生との関係性が、イマイチよく分からないままだったんですよね~。

なんで2人が戦うことになるのか、あんまり頭に入ってこなかったのですが。

鑑賞後に解説を読んだら「剛は新人高校生の中に、父親と同じ剣道の資質を感じていた」とのこと。

「新人高校生と戦うことは、父親(トラウマ)と戦うことだったんか」と、納得いたしました。

新人高校生役を演じているのは、村上虹郎くんですよ。

虹郎ですよ、キラキラネーム!

ニックネームは「レインボー」でしょうか?!

ちょっと演技が大げさだけど、がんばっています。

何かの賞くらいはとれそうな勢いは感じました。

後から知ったのですが、村上虹郎くんて村上淳さんとUAの息子さんだったんですね!

UAの二世、U2ですよ!

父母の良いところを、うまいこともらったお子様だと思います。

今後もまっすぐに育っていただきたいです、逮捕などされずに~。



武曲 (文春文庫)

武曲 (文春文庫)

  • 作者: 藤沢 周
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/03/10
  • メディア: 文庫

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

続いてた!マイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィキャンデルの交際。アリシア主演「トゥームレイダー」は心配。 [映画写真日記]

いや〜マイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィキャンデルの共演作「光をくれた人」な〜。
とっても良かったです。
The Light Between Oceans [Blu-ray]

The Light Between Oceans [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Touchstone Home Entertainment
  • メディア: Blu-ray
共演がきっかけで、実生活でも交際が始まったマイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィキャンデルですけども。↓
a1.jpg
a2.jpg
こんな顔をしていてもファスベンダーは男前ですな〜。↓
a3.jpg
つまり、2014年頃から交際している2人なのですが。
2017年の今になっても別れる気配ナシ。
むしろ「結婚前提」とまで言われてますよ。
ビッグな夫妻が誕生するのかどうか、見守りたいですな〜。↓
a4.jpg
こちらのお写真は、デート中の2人。↓
a5.jpg
こうして見ると、アリシアはいつも高そうな服を着ておりますな〜。
ファスベンダーは安そうですが。↓
a6.jpg
そんなアリシア・ヴィキャンデルが出演する、映画「トゥームレイダー」リブート版ですけども。
このヒロインの後を引き継ぐのは、大変な気がします。
こちらが、リブート前のヒロイン、ララ・クロフト。↓
a7.jpg
こちらのお写真が、アリシア版のララ・クロフトですけども。
なんだか、頼りない感じ〜。
大丈夫なんでしょうか、こんな調子で。↓
a8.jpg
リブート前のララ・クロフトは「姉」という感じでしたけど。
リブート後のララ・クロフトは「妹」という感じになるのかな?!
もしかしたら「娘の運動会の障害物競走」でも見てる感じに仕上がるのかもよ。↓

a9.jpg



nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画