So-net無料ブログ作成
検索選択

「T2 トレインスポッティング」★★★☆ [映画日記]

t2trainspotting.gif


1990年代に人気を博した不良映画「トレインスポッティング」の続編ですよ。

およそ20年ぶりに大復活ですよ。

空けたわな、間!

監督、脚本家、メインキャストは全員カムバック。

このあたりも奇跡~。

普通1人くらいは降板すっからね、みんな忙しいからさバタバタしてて!

本編を観始めると、おなじみの面子にまた会えて懐かしいやら、うれしいやらで、なんか楽しい~。

いや~、20年も経つとさ~、人って老け込むもんだわな。

メイン・キャラクター全員、見た目が完成度の高いオッサンに!

最も老化していたのはロバート・カーライルかな。

20年前から、他キャラより年上の役だったしね。

今回ロバート・カーライルがいなかったら、お話が成り立ちませんでした。

生きてよかったロバカー!(←略しました)

一番キレイに年をとっているのがジョニー・リー・ミラーかな。

若い頃より良くなってんじゃんフカキョンみたいに!

主演ユアン・マクレガーの魅力は健在ですけども、さすがに初々しい味は消え去ったわな。

お出汁が出尽くした昆布みたいに!

もしやボクちゃんも、20年前に比べたら実は相当老け込んでいるのでは?!

ボクちゃんに限って、そんなはずはナーイ!・・・そんな反骨的な気持ちにもなりました。

そんなメイン・キャラですが、中身は全く変わってませんでした。

小汚く変色しても味は同じなんですよ、皮をむいてしばらく置いたリンゴみたいに!

いや、むしろ、若い頃にはなかった旨みの成分を感じました。

干し続けてこそ旨みが増す、渋柿みたいなもん!

さすがに前作みたいな麻薬ネタは少なくなりましたけども。

暴力ネタと、彼らに巻き込まれる家族の場面が多くて、オッサンならではの、やんちゃなエピソードを展開。

40半ばで全力疾走で逃走してましたから、街ナカ!

人って、見た目は老いていくけれど、中身はそう変わるものではない、ってことが、よく分かりました。

また、オッサンたちの心の中には、若い頃の熱意が残っているんですよね~。

くすぶってんの、火種!

「ワシら、まだまだ賞味期限内」ってことが伝わってきてグッときました。

ダニー・ボイル監督の演出も、20年前とお変わりナーイ!

前作は汚れたおトイレ場面が印象的でしたけども。

今回は嘔吐シーンがスゴかったです。

このシリーズ、必ず汚物が名物なんですよ!

前作に比べたら、サブカルチャー知識をひけらかす場面がなくなって、そのかわり笑える場面が増えました。

結果的に、肩の力が抜けた感じでありながらも、適度にハードな「不良オヤジ」映画の出来上がり~。

前作と同じロケ地と構図で撮った映像には、前作の場面を回想のように挿入したり、リミックス感も最高~。

ユアンが担当したラストシーンでは涙出た~。

お説教もメッセージ性もなし。

ろくでもない人生と、先が全く見えない灰色の生活感がたまりません。

ああなりたくないけどカッコいい。

廃退的な幸福感でした。



T2 Trainspotting

T2 Trainspotting

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray

nice!(12)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「トレインスポッティング」★★★☆ [映画日記]

trainspoting.gif


1の方です、昔のスポッティング~!


最近公開された続編を観る前に、1作目をおさらい鑑賞してみたのでした。


公開された1996年当時、ボクちゃんもこの作品のスタイリッシュ感にハマりました~。


スポッティングだけに、スポッとハマったんですよ!


当時、ポスターも買いましたよ、デザインがカッコよかったし~。


売店に振り込んだんですよ、銭!


ブームに踊らされたわな、まんまと!!


あれから約20年の年月が流れ、作品内容も忘れとる。

今、改めて観直してみると、メインの男性キャラは4人組かと思っていたら5人いた。

あと、公開当時はあまりよく分かっていなかったのですが、舞台のスコットランドやロンドン辺りの香りがプンプンしている作品だわな。


風味がたまらん、パクチーみたいに!


テイストは、オシャレ感があると思っていたけど、観てみたらそうでもありませんでした。


主人公も仲間もドラッグ中毒だし、かなり尖がった不良テイストにビックリ。

コレ、今、映画化しようとしても、ちょっと難しいんじゃない?


糞尿ネタもスゴイわな。

いや~、ボクちゃん晩ごはんを食べながら、この映画を再生して観ていたのですがね~。


もんのすごい汚いトイレシーンでは、マルコメ「タニタ食堂のみそ汁」を飲む手が止まったわい。


この作品、タニタに合わんわな!


そういえば、同ダニー・ボイル監督作「スラムドッグ・ミリオネア」にも、便の場面があったな~、と思ったりしていました。


ダニー・ボイルって、割と便を使ってくるタイプ!


お客に投げつけてくるタイプ~!!(←動物園のゴリラかい)


それでもダニー・ボイルには才能があることが明らかに分かる演出が続出。

悪さ、汚さ、バカさ、を、若々しい疾走感に乗っけて、結果的にカッコよく見えているところがマジカルで素晴らしかったです。


話の中盤で、小道具としてVHSのビデオテープが出てくるのですが。

そのVHSビデオテープを見た瞬間、ボクちゃんも一気に懐かしい気持ちに。


「VHSビデオが普及していた頃は、ボクちゃんもバカだった。あの頃つるんでいた友人たちは、今どうしているだろう」みたいな、そんな気持ちになりました。


VHSビデオテープが呼び出したノスタルジーですよ!


気持ちが巻き戻されたんですよ、VHSビデオテープだけに!!


それにしても。

主演のユアン・マクレガーな~。


丸坊主や、パンクテイストのファッションが似合いすぎている。

ワルガキでありながら、人懐っこさもある。

個性的なスターにも見えるし、素人にも見えるし。

ただならぬ魅力を感じました。


スター様のし上がったのにも納得〜!


この映画を観たあたりから、ボクちゃんも映画ファンになったんだよね~。

今思えば、ボクちゃんの映画人生はユアン・マクレガーと共にある気がしてきたわい。


ユアンのスター人生は上りっぱなし。


ボクちゃんの人生と銀行口座の残高は下がりっぱなしですけどね。




 

トレインスポッティング [Blu-ray]

トレインスポッティング [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: Blu-ray

nice!(13)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「LION/ライオン ~25年目のただいま~」兄弟役の子役2人、新作映画でも再共演。 [映画写真日記]

いや〜「LION/ライオン ~25年目のただいま~」な〜。
養子が、本当の親を探すという、実話映画ですけども。
こちらが原作本。↓

25年目の「ただいま」

25年目の「ただいま」

  • 作者: サルー・ブライアリー
  • 出版社/メーカー: 静山社
  • 発売日: 2015/09/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

まずは、主人公サルーの子ども時代を演じたサニー・パワール君の魅力が爆発してました。
見た目も声も良い。
アンタ、こんな目で泣かれたら、ワシら大人は、もらい泣きするしかありませんよ。
見事なユニセフ面〜!↓
l1.jpg

サルーのお兄ちゃん役の子も、優しい味わいで良かったです。↓
l2.jpg

この2人の子役、フリーダ・ピントとデミ・ムーア共演の新作「Love Sonia」(原題)でも共演するみたいです。
ハリウッドでのインドの子役枠は、しばらくこの2人が牛耳りそう〜。

「LION/ライオン ~25年目のただいま~」で、サルーの養母を演じていたのはニコール・キッドマンですが。
普段からサニー・パワール君のことを、かわいがっている様子〜。↓
l3.jpg

こちらのお写真は、サルーの青年期を演じたデーヴ・パテールとのツーショット。↓
l4.jpg

デーヴ・パテールって、今まだ26歳なんですね〜。
一気に老け込んだわな!
「スラムドッグ・ミリオネア」での少年イメージを、今回の演技で完全に払拭したわな。
拭き取ったわい!
こちらのお写真は、ニコール・キッドマンとのツーショット。
デーヴ・パテールも出世したもんだわな〜。↓
l5.jpg

知らなかったのですが。
デーヴ・パテールって「スラムドッグ・ミリオネア」で共演したフリーダ・ピントと、約6年間も交際していたんですね〜。
ピン子を抱いていたんですよ!

今は既に破局しているようですけども。
フリーダ・ピントの方が6つも年上ということも、さっき知りました。
交際していた時代のお写真も、なんだか弟みたいな感じだわな。↓
l6.jpg



nice!(11)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「LION/ライオン ~25年目のただいま~」★★★☆ [映画日記]

lion.gif

「25年」の方のライオン映画です。

「3月のライオン」じゃありませんから!

インドで迷子になった男児がオーストラリアで養子になり、25年後に生家を探すという実話ですけども。

迷子の男児サルーは5~6歳くらいでしょうか。
迷子になる前は、インドの奥の方で、母と兄妹と貧乏暮らしをしていたサルーなのですがね~。

まずはサルーの兄が、サルーをとってもかわいがっているシーンに、ほっこり~。

わかります、5歳くらいの弟って一番かわいい時期。

まーね、ボクちゃんだって5歳のときは、かわいかったですけどね、あの子以上に!(←幼児にライバル心)

そんなかわいいサルーが迷子になる場面では心が痛みました。
すでに涙が出そう。

たまらん!

迷子になったサルーに近づいてくる大人たちの描写も、優しい人から怖い人、優しそうに見えて実は怖い人など、色とりどり。
とくに「優しそうに見えて実は怖い人」の描写が、とっても良かったです。

そんな幼児サルーのパートが、予想以上に長い~。

子役で引っ張ってんよ!

インドの奥の方では、身寄りのない子どもたちが大人たちに狩られ、売られたりしているみたい。
大人の手を逃れた子も、ホームレスみたいな生活をしているみたい。

幼児パートでは、そういったインドの奥の方の現状が入念に描かれていて、ワテらにしっかりと伝えてくれますよ。

まずは「世界の不幸な子どもを助けてあげてほしい」というメッセージ発信は大成功〜。

お次はサルーの青年パート。

毛の生えたパート!

もうチェリーじゃありませんから!!

そこでは、オーストラリアの養父母との交流が描かれております。
養父母が素晴らしく愛のある方々。
世界には、こんな大きな人間愛というか、信念を持った人がいるんだな~、とビックリしました。

養母役を演じているのはキッ子!(←ニコール・キッドマン)

この演技で、アカデミー賞にまでノミネートされたキッ子ですが。

そりゃそうですよ、この役を演じてノミネートくらいさせてあげなきゃバチ当たる。

「どうぞ、どうぞ、ノミネート。無料でどうぞ」みたいな顔パス状態。

それくらい、いい人の役でした。

ボクちゃんも養子に行くなら絶対キッ子のところがいい〜!・・・と思いました。

ボクちゃんの中では「養ってほしい女優ランキング」第1位ですよ!!

今回のキッ子は顔のシワを隠していないところも良かったです。

普通のババアなんですよ!

いよいよキッ子も、メリル・ストリープの領域に踏み込んだな、と思いました。

ババアの領域ですよ!

大人になったサルーが生家を探しだすと、割とスッと結末まで一直線。
映画として、バランスの良いストーリーとは思いませんでしたけも。

当たり前のように涙が出てきますし。
作品全体から醸し出される、嘘のない感じ。
インドの奥の方の子どもたちの有様、もらった養子にも当たり外れがあるところ。

大吉ら凶まであるところ!

キレイごとで済まされない養子生活など、実話ならではの現実味にガツンときました。

青年サルーは、生まれた国で食べたがっていた揚げ菓子を見て、幼少の記憶が蘇えるんですよね~。

「揚げもの」の魅力も世界共通なんだな~、と思いました。

ボクちゃんも、たま~に夜、安くなったトンカツを買いますけども、美味しいもんねぇ。

むさぼり食ってますから、豚みたいに! 


Lion [Blu-ray]

Lion [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Lionsgate
  • メディア: Blu-ray

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画