So-net無料ブログ作成
海外ドラマ日記 ブログトップ
前の10件 | -

「アフェア 情事の行方」シーズン1オモロかった。ノア役男優は新「「トゥームレイダー」にも出演~。 [海外ドラマ日記]

いや~、スーパー!ドラマTVで放送された「アフェア 情事の行方」シーズン1な~。

不倫ドラマですよ、抱きドラマ!


主人公は、夫婦生活に満足していない小説家ノア。↓

a2.jpg


そんなノアが、田舎にて、心に傷を持った既婚のウエイトレス、アリソンと出会い・・・。↓

a3.jpg


抱いてしまうというお話です。↓

a4.jpg


とくに期待もせず、何の気なしに観始めましたが、恋愛小説でも読んでいるかのような適度なスピード感。

2人の関係がどうなっていくのかが気になり、ついつい先を観たくなる。

そうこうしているうちにハマってしまいました~。


不倫て、現実世界では嫌悪すべきものですけども。

映画やドラマにすると、どうしてこんなにオモロいのでしょうか〜!?

人間の浅はかさや弱さが、くっきりと目に見えて表現されるからでしょうかね〜。


主要キャラを演じている4人のうち、3人が賞レースに食い込み、そのうち女優2人がゴールデン・グローブ賞を受賞~。

テレビっぽい親しみやすさもありつつ重厚感もあるという、納得の名演技でした。

実生活でダイアン・クルーガーと別れたジョシュア・ジャクソンだけが、何も貰えてなくてかわいそう~。

がんばったのにねぇ。

写真左端がジョシュア。↓

a1.jpg


毎話、小説家ノアの目線の「ノア・パート」、ウエイトレス目線の「アリソン・パート」に分かれていて、それぞれが同じストーリーにもかかわらず、何かが微妙に食い違っているところがオモローイ。


ノア・パートでは「女の方が誘ってきた」ような話、アリソン・パートは「男の方が誘ってきた」ような話になっているんですよね~。

なんというか、「不倫のズルさ」を感じる構成になっておりました。

「大人の構成」だわな!


やがて不倫は、それぞれの家族を巻き込んで泥沼化。

アリソンの優しい姑が、あるときに牙をむき、アリソンの心を打ち砕く言葉を吐いたところも名場面。

姑ってコワーイ!

*本編とは、若干セリフは異なります。↓

a9.jpg


アリソンの夫コールと愛人ノアが同じ場所で鉢合わせとかも。

この時の愛人ノアは、知らぬ存ぜぬで通したわい。↓

a5.jpg


コールの弟役は、後にドラマ「シカゴメッド」のメインキャストに抜擢されたコリン・ドネルが演じております。↓

a6.jpg


シーズン2も楽しみですけども、本国ではシーズン4まで製作中なんですよね~。

ひとつの不倫をネタに、ちょっと話を伸ばしすぎじゃ?!



*スーパー!ドラマTVでの番組情報はこちら。↓




ノア役を演じたドミニク・ウエストは、アリシア・ヴィキャンデル主演の映画「トゥームレイダー ファースト・ミッション」にも出てるみたいです。

なんと、ララ・クロフトの父役という大役~。

こちらが、アリシア・ヴィキャンデルとの共演写真。↓

a7.jpg


アリソン役を演じたルース・ウィルソンは、今回の演技で魅力が大爆発~。

12月公開の映画「パーティで女の子に話しかけるには」にも出てるみたいですけども。

確かに、男にモテそうな顔をしてるんですよね~。


実生活では、ジェイク・ギレンホールと交際がウワサされたこともありますが。


過去にはジュード・ロウにも抱かれてた!


こちらがジュードとデート中のお写真のようですけども。

なんだかジュード・ロウの私服がチャラくて、ものすごく残念です〜!!↓

a8.jpg

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「ブラインドスポット」シーズン1を観終わった。ジェイミー・アレクサンダー実生活の新恋人は番組内から?! [海外ドラマ日記]

いや〜、AXNで放送されたミステリー・サスペンス・ドラマ「ブラインドスポット」シーズン1な〜。

全23話を飽きることなく楽しめました。



ブラインドスポット〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・ボックス [Blu-ray]

ブラインドスポット〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・ボックス [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray


物語に残されたいくつかの謎は、次シーズンに持ち越しということで。

いつか、スッキリと全ての謎が解けて、話が完結することを願っています。

未完のまま打ち切られませんように〜。


*AXNでの番組情報はこちら。↓




こちらのお写真は、劇中でFBIを演じているみなさん。↓

b1.jpg


ヒロインを演じたジェイミー・アレクサンダーは、第1話から裸になって大サービス。↓

b2.jpg


メインのFBI捜査官を演じたのはサリヴァン・ステイプルトンですよ。

2014年の映画「300 〈スリーハンドレッド〉 〜帝国の進撃〜」で主役だった人ですよ。

ジェイミー・アレクサンダーと共に、パンツを脱いで出世したわな!

こちらが映画に出演したときのサリヴァン。↓

b3.jpg



こちらのお写真は、ドラマ「ブラインドスポット」劇中でのジェイミーとサリヴァン。

パーティ会場に行く途中、というシチュエーションですよ。

こんな、なにげないお写真でも、スターのオーラが出ております。

他の安いテレビ俳優には出すことのできない高級感が、このドラマを支えておりました。↓

b4.jpg


こちらのお写真はサリヴァンと共演者たちの交流場面。

兄のような存在感ですよ。↓

b5.jpg


またあるときは、間男のような存在感ですよ!↓

b6.jpg


そんなサリヴァン・ステイプルトンの出世作は、2010年の映画「アニマル・キングダム」ですけども。

「はて?こんな人、出てたかな?」と、映画の中での存在を思い出せずにいたのですが。

映画の写真を見たら、確かにいる〜。(写真:左から2番目)

そういえば、写真:左端の若い子、見かけなくなりましたな〜。↓

b7.jpg


ジェイミー・アレクサンダーの話題といえば。

元カレがピーター・ファシネリでしたけども。↓

b8.jpg


最近、交際中と言われている男性は、ドラマ「ブラインドスポット」でスタントマンをしているお方。

こちらのお写真の、左2名がスタント担当。

ジェイミー・アレクサンダーを抱いていると思われる人物は、左端の男性。

サリヴァン・ステイプルトンに似てますな〜。↓

b9.jpg


こちらのお写真は、スタントマンとジェイミー・アレクサンダーのデート現場。

というか、スーパーからの帰り道?!

この買い物袋の様子だと、中身は食材だわな。

もしかしてジェイミー・アレクサンダーが手料理をふるまうのでしょうか?!

料理するっていうイメージが全く無いから不思議な感じ〜。

まさに盲点(ブラインドスポット)を突かれたような感じだわな。↓

b10.jpg



*海外ドラマBOARDでも「ブラインドスポット」について書かせてもらいました。

ぜひぜひご覧くださいませ。(タイトルをクリック↓)









nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画スター、トム・ホランド、サム・ライリー、ティム・ロス、クリスティーナ・リッチ出演の海外ドラマが良かった。 [海外ドラマ日記]

いや~、最近の映画界と海外ドラマ界。

どんどん境目がなくなってきてますけども。

縫い目が無いブリーフみたいなもんですよ、ユニクロの!



そんなこの頃。

AXNミステリーで、映画スターが出演している海外ドラマをいくつか観たので紹介しておきます。




ますは、新スパイダーマン役に大抜擢されてブレイク中のトム・ホランドが出演している、リアル志向の英国歴史ドラマ「ウルフ・ホール」ですよ。


Wolf Hall

Wolf Hall

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray


美術も最高で見ごたえバッチリ、腹にドーンときますよ、餅でも食べたみたいに!

主演マーク・ライランスの息子役がトム・ホランドなんですよね~。

豪華キャスティングですよ、贅沢品!↓

s1.jpg


*AXNミステリーでの番組情報はこちら。↓



トム・ホランドといえば。

ベネディクト・カンバーバッチが発明王エジソンを演じる「The Current War」(原題)に出演してますけども。

その作品はセクハラ問題のプロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタイン関連の騒動を受けて、公開延期に!

このツーショットを映画で見るのは、もうちょっと先になりそう~。↓

s2.jpg





続きましては、架空の歴史ドラマ「SS-GB ナチスが戦争に勝利した世界」。


SS-GB [Blu-ray] [2017]

SS-GB [Blu-ray] [2017]

  • 出版社/メーカー: 2entertain
  • メディア: Blu-ray


主演は、映画「マレフィセント」のカラス役でおなじみのサム・ライリー。

あの「カラス男優」ですよ、「カラスの勝手でしょ男優」!


「SS-GB ナチスが戦争に勝利した世界」でのサム・ライリーはダンディにキメとります。↓

s3.jpg


1970年代に発行された小説のドラマ化で、テレビ局は英国のBBC Oneということで。

本格的な、辛口の英国風味が味わえる作品になっております。


*AXNミステリーでの番組情報はこちら。↓



サム・ライリーが抱くアメリカ美女役を演じているのは、なんとケイト・ボスワースなんですね~。↓

s4.jpg


私生活での交際相手はイケメン男優ばかり、というケイト・ボスワース。

リアル・ゴシップ・ガールでしたけども!

2013年に結婚してからは、すっかり落ち着いております。

旦那で映画製作者のマイケル・ポーリッシュも落ち着きすぎて・・・ちょっと枯れて見えるくらいですよ、枯れ木みたいに!↓

s5.jpg




続きましては、イギリスに実在した連続殺人鬼の犯罪を丁寧に再現したドラマ「リリントン・プレイス エヴァンス事件」。


Rillington Place [Blu-ray] [2016]

Rillington Place [Blu-ray] [2016]

  • 出版社/メーカー: 2entertain
  • メディア: Blu-ray


主演はティム・ロス、その嫁役はサマンサ・モートンだという。

実力派の男女がガッチリ組んだわい、佐々木健介と北斗晶みたいに!↓

s6.jpg


連続殺人鬼と聞けばクールな響きですけども。

結局は、変態スケベジジイということで、気色悪さが最高でした。


*AXNミステリーでの番組情報はこちら。↓



ティム・ロスといえば、私生活での親友はゲイリー・オールドマン。

2人は、1990年の戯曲を元にした映画「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」で共演しているようです。(←観たことはありませんが)

なんでも、ビデオ版のティム・ロスとゲイリー・オールドマンの日本語吹き替えを担当したのは、大平サブロー・シローだという!

罪深き作品だわな。


こちらのお写真が、共演中のティム・ロスとゲイリー・オールドマン。

2人ともお若いですな~。↓

s7.jpg




最後は、父母を殺した実在の犯罪者リジー・ボーデンのキャラクターを元にした、スタイリッシュ・スリラー・ドラマ「外伝リジー・ボーデン事件」ですよ。

Netflixでは「リジー・ボーデン 美しき殺人鬼」というタイトルで配信中~。


Lizzie Borden Took an Ax (M.O.W.) [Import anglais]

Lizzie Borden Took an Ax (M.O.W.) [Import anglais]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD

主人公リジー・ボーデン役はクリスティーナ・リッチですよ。

元から怖い顔をしているからハマリ役~。

キャラクターも大げさな殺人鬼に脚色されて、「アメリカン・ホラー・ストーリー」にストーリー性を持たせたような出来映えで、とっても楽しかったです。↓

s8.jpg


*AXNミステリーでの番組情報はこちら。↓



クリスティーナ・リッチも、2013年に撮影スタッフのジェームズ・ヘアーデゲンと結婚~。

お子様もいらっしゃるみたいです。

クリスティーナ・リッチも、子役だ子役だと思っていたら・・・。

あっというまに母だわな!


こちらのお写真は、そんなクリスティーナ・リッチと旦那のツーショット。

どちら様も海が全く似合いませんな~。↓

s9.jpg





*今回、紹介した4ドラマについては、「海外ドラマBOARD」でも記事にさせてもらっています。

ぜひぜひご覧くださいませ。(タイトルをクリック↓)











nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「GRIMM/グリム」シーズン5、オモロかった。女性キャラのジョブチェンジが激しい〜。 [海外ドラマ日記]

いや〜、グリム兄弟の子孫が、現代で化け物を退治するドラマ「GRIMM/グリム」な〜。
先日、スーパー!ドラマTVで観終わりましたけども。
GRIMM/グリム シーズン5 ブルーレイBOX [Blu-ray]

GRIMM/グリム シーズン5 ブルーレイBOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: Blu-ray
ダサ・カッコいいダーク・メルヘンという世界にブレなく、シーズン5も上手く話を回しております。
スタッフと出演者のチームワークの良さを感じる出来映えで、楽しかったです。
こちらのお写真が、メイン・キャスト一同。↓
g1.jpg
主人公のニックが、刑事でありながら、最近は普通に人を殺していてビックリ。
以前のシーズンでも人を殺したことがあり、あの時は周囲のキャラクター含めて「自首せよ」「いや自首するな」とか言って大騒ぎしてましたけども。
シーズン5では、ニックの言い訳「仕方なかった。(しょうがないじゃん)」ひとことで終了〜。
主役だから仕方ないか〜。
*スーパー!ドラマTVでの番組情報はこちら。↓
スペシャル・ゲスト女優だったメアリー・エリザベス・マストラントニオは、降板しましたけども。
降板している間に「リミットレス」に出てましたけども、打ち切られたけど!
「GRIMM/グリム」シーズン6(ファイナル・シーズン)には、ちょっと出番があるみたいなので楽しみです。
あのソバージュヘアが懐かしい〜。↓
g2.jpg
前シーズンまでは悪女だったアダリンド。↓
g3.jpg
シーズン5では、良妻賢母としてジョブチェンジ〜!
やっぱり悪女の方が似合うけど〜。↓
g4.jpg
なんと主役のニックにまで愛されはじめたアダリンド。
スゴいことになってんじゃん、運気!↓
g5.jpg
そのかわり。
前シーズンまでは、優しい女性だったジュリエットが怖い女に変身〜。
黒革の上下でキメてきたわい!↓
g6.jpg
シーズン5のジュリエットは、念じると怪しいパワーが出るのでした。↓
g7.jpg
そして、ものすごく強いジュリエット。
この人、シーズン1の頃は、地味な獣医だったんだけど〜?!
働いていてた動物病院、放置したまんま?!↓
g8.jpg
ジュリエットが、男性のレナード警部に変身し、女性を抱くことになるエピソードがオモロかった〜。
このドラマって、たま〜にセクシーなネタを入れてくるところが、大人っぽくて良いんだよね〜。
それにしてもレナード警部役の男優さんは、いつも、ものすごい鍛えて出てくるわな、アラフィフなのにスゴいわい!↓
g9.jpg
そんな、怖い女ジュリエットも、演じてる女優さんの顔に合ってる。
ハマってんよ、怖い女が!
シーズン6(ファイナル・シーズン)も、こっち系でやってほしいけど、無理かな〜。↓
g10.jpg

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「アメリカン・ホラー・ストーリー:体験談」観た。ホメ言葉しか見つからない。スーパー・ホラー・エンターテインメント。 [海外ドラマ日記]

*ネタバレはありません。
いや〜「アメリカン・ホラー・ストーリー」のシーズン6、「アメリカン・ホラー・ストーリー:体験談」な〜。
先日FOXで全10話を観終わりましたよ。
毎年、賞レースに食い込んでくるシリーズですけども。
今回の「体験談」については、演技部門でのノミネートも弱く、「あ〜あ、大物女優ジェシカ・ラングも番組を去ったし、そろそろアメホラも下火かな〜。トロ火かな〜」な〜んて思っていたのですが。
観てみたら、やっぱりすばらしい〜。
すばらしすぎて、ア然としたわい!
お口が開いたんですよ、パカッと!!
*FOXでの番組情報はこちら。↓
前シリーズまでは、ホラーとアートが合体したような作風でしたけども。
今回の「体験談」は、思いっきり娯楽。
こんな見事なエンターテインメント作品を、米国人はテレビで観ているのかと思うと嫉妬ですよ。
毎シリーズ、アメリカン・ホラーの各ジャンルがテーマになっておりますけども。
今回の「体験談」はフェイク・ドキュメンタリーですよ。
基本的に、霊が棲んでいる森が舞台の映画「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」のノリでした。
こちらのお写真が、劇中番組「ロアノークの悪夢」のタイトル。
いや〜、アメリカ人て夜の森が大好きだわな〜。↓
a1.jpg
舞台の森の近くには、映画「悪魔の棲む家」みたいな気味の悪いお家が建っていて、そこがドラマの舞台ですよ。
結果的に「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」meets「悪魔の棲む家」みたいな仕上がりに。↓
a2.jpg
前シリーズに出ていたレディ・ガガもチラッとだけ特別出演。
こんな姿でしたけど、まるで「八つ墓村」みたいな!↓
a3.jpg
ストーリーは、気味の悪い家での恐怖体験を「再現ドラマ」で見せる、劇中番組「ロアノークの悪夢」が主軸。
シーズン中盤までは「なるほど〜。まあまあ、ありがちなフェイク・ドキュメンタリーだわな」と思っていたのですが。
中盤以降、「再現ドラマ」モデルになった人々と、「再現ドラマ」を演じた役者たちの人間模様が交錯。
今まで映画でもドラマでも観たことがない展開になってビックリするやら、うれしいやら。
最終回にもサプライズが用意されていて、ものすごく楽しかった〜。
いや〜、「アメリカン・ホラー・ストーリー」のスタッフ最高〜。
サラ・ ポールソンの存在感が年々増しております。
今「アメリカン・ホラー・ストーリー」を引っ張っているのは、この子〜!
出番も多くて、スタッフから愛されてるな〜と思いました。
今回は「〜ですわ」「〜ですのよね」という口調の女優役でした。↓
a4.jpg
アンジェラ・バセットは、こんな感じ。↓
a5.jpg
知らない女優、アディナ・ポーターが大熱演〜。
ホント、一体こんな女優、どこから連れてきたのやら?!
一般人っぽいところが良いんだよね〜。
新たな才能が開花しておりました。↓
a6.jpg
シーズン終盤、ドラマ「glee/グリー」のジェイコブ・アーティストがチラッと出てきて懐かしかった〜。
すぐ死んだけども!↓
a7.jpg
番組でおなじみの女優キャシー・ベイツは、次のシーズン7「アメリカン・ホラー・ストーリー:カルト」には出ないらしくて残念〜。
今回は、その分、思う存分クレイジーな役を怪演していて楽しかった〜。
ちなみに「アメリカン・ホラー・ストーリー」は現在シーズン9まで製作中ですよ。
「アメリカン・ホラー・ストーリー」のスタッフって、爺さん婆さん役者を、若い客にウケるように演出してくれるところが良いんだよね〜。
こちらのお写真が「体験談」のキャシー・ベイツですけども。
若い客にウケそうもありませんか?!↓

a8.jpg



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「STAR 夢の代償」シーズン1。歌レベルが高くて最高〜。アラフィフ男優の元カノはジュリア・ロバーツ。 [海外ドラマ日記]

いや〜、FOXで放送された「STAR 夢の代償」シーズン1な〜。

米国の女子3人組ユニットが、音楽界のスターになろうとするドラマですけども。


こちらのお写真が、その3人。

富豪のお屋敷でお歌を披露しているところです。

「下積み」ですよ!↓

s1.jpg


*FOXでの番組情報はこちら。↓



製作は「Empire 成功の代償」のリー・ダニエルズですよ。

アッという間にテレビ界でもヒットメーカーになりましたな〜。

こちらのお写真は、リー・ダニエルズを囲む女子3人組。↓

s2.jpg


「Empire 成功の代償」では、女性キャラがド派手な衣装を着ていることが話題でしたけども。

「STAR 夢の代償」では、クイーン・ラティファが演じるカルロッタの髪型がいつも派手。

なんか似合ってるわな、不思議と〜。↓

s3.jpg


カルロッタが、女子3人組の母親がわりをすることになるのでした。↓

s4.jpg


シーズン1は全12話でしたけども。

毎話、誰かしら1曲程度お歌を披露。

みんな歌もダンスも上手くて素晴らしかった〜。

こういう「歌ドラマ」は米国が一番だわな。


ボクちゃんが気に入った曲は、刑務所のセットで歌った「Whatcha Gonna Do」ですよ。

キャストがみんな出演していて、豪華で最高〜。↓




ドラマの作風は意外と社会派で、サクセスストーリーとしてはテンポが遅めかな。

「Empire 成功の代償」とは正反対のアプローチなのでした。

製作中のシーズン2も楽しみです。


ベンジャミン・ブラットも出ているのですが。

こちらのお写真の男性がベンジャミン。↓

s5.jpg


ベンジャミンって、元カノがジュリア・ロバーツだったんですね!↓

s6.jpg


いや〜しかし。

ジュリア・ロバーツって芸能界に、どんだけ元カレがいんの?!

ゴロゴロ出てくんじゃん、大物から小物まで〜!

キーファー・サザーランド、リーアム・ニーソン、ダニエル・デイ=ルイス、ディラン・マクダーモット、ジェイソン・パトリック、そしてベンジャミン・ブラットですよ。


Wikipediaによると1991年、ジュリアはキーファーとの挙式を3日前にドタキャン。

その4日後にキーファーの友人ジェイソン・パトリックとアイルランド旅行に出発とのこと。


現在の夫(カメラマン)とは、不倫の末に略奪婚て。


やってることが女王すぎる〜。

表面的には好感度が高い、っていうところがスゴいわな。


今回のドラマでは、ベンジャミン・ブラットも、50過ぎた今でもセクシー要員なんですよね〜。

よっぽどニーズがあるのでしょうな〜。↓

s7.jpg

s8.jpg


*「海外ドラマBOARD」でも「STAR 夢の代償」について書かせてもらいました。

ネタバレがありますが、よかったらご覧ください。(タイトルをクリック↓)




nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

FOX「2017年エミー賞受賞式」観た。テレビの祭典にニコール・キッドマン降臨!さすがの貫禄受賞。 [海外ドラマ日記]

いや~2017年の第69回エミー賞受賞式な~。

米国テレビ界の祭典ですけども。


9月18日(日)にFOXで生中継されていたので録画して観てみましたよ。



*FOXでの再放送など情報はこちら。↓




今年も、テレビの祭典であるにもかかわらず、演技部門では映画界のスターが多数ノミネート。

とくにリミテッドシリーズ/テレビムービー部門でノミネートされている作品「ビッグ・リトル・ライズ」に出演している豪華女優陣が迫力満点~。

ニコール・キッドマン、リース・ウィザースプーン、シャイリーン・ウッドリー、ローラ・ダーンですよ。

乗り込んできたわい!↓

e1.jpg


助演男優賞は、なんと同作でアレクサンダー・スカルスガルドが受賞~。

ついにスカルスガルドの時代が来たーーっ!


スカルスガルド受賞時には、キッ子がチュー。

隣の席に旦那がいるにもかかわらず、スカルスガルドのお口を奪ったわい!↓

e2.jpg


当然のように、ニコール・キッドマンも同作で主演女優賞を受賞しとりました。↓

e3.jpg

e4.jpg


助演女優賞も同作でローラ・ダーンが受賞。

作品賞も「ビッグ・リトル・ライズ」が受賞して、スピーチは主にウィザースプーンがご担当〜。↓

e5.jpg


「ストレンジャー・シングス 未知の世界」でブレイクした名子役、ミリー・ボビー・ブラウンもキッ子になついたわい。

なんというか、今どきの子だわな〜。↓

e6.jpg


アレクサンダー・スカルスガルドのお母さんも会場に来てましたけども。

あらっ?!アレクサンダーは、お父さんともお母さんとも似てないわな?!↓

e7.jpg


こちらのお写真は、リース・ウィザースプーンと娘アヴァ。

父ちゃんであるライアン・フィリップにそっくり〜!↓

e8.jpg


こちらのお写真は、ロビン・ライトと娘ディラン。

父ちゃんであるショーン・ペンには、あまり似ていない。

母ちゃん似で良かったわな〜。↓

e9.jpg


ドラマシリーズ部門で作品賞他、多数受賞したドラマが「ハンドメイド・テール/侍女の物語」。

近未来を舞台に性奴隷として生きる女性たちを描いているそうで、とっても面白そう〜。

だけどHuluの独占配信作とのことで、ボクちゃん観れなくて残念〜。

こちらのお写真は、同作で主演女優賞を受賞したエリザベス・モス。

かつて「マッド・メン」で共演したジョン・ハムとのツーショットですよ。↓

e10.jpg


こちらのお写真はサラ・ポールソン。

マジメなのか不真面目なのか分からないドレスですな〜。↓

e11.jpg


こちらのお写真はプリヤンカー・チョープラー。

インド人にしか似合わないドレスだわな。↓

e12.jpg


一番ビックリしたのは、ジェーン・フォンダのクオリティですよ。

磨いてきたわな、カネをかけてきたわい!↓

e13.jpg


今年80歳で、これはたいしたもん。

これは、来年のジェーン・フォンダにも期待したいわな。↓

e14.jpg



*受賞結果の一覧はこちら。↓




nice!(7)  コメント(9) 
共通テーマ:映画

AXN「ゴッサム」シーズン3を観終わってます。バットマン関連キャラが出揃い、4にはスケアクロウも。 [海外ドラマ日記]

いや~、ドラマ「GOTHAM/ゴッサム」シーズン3な~。

ゴッサムシティが舞台のドラマですよ。



GOTHAM/ゴッサム <サード・シーズン>ブルーレイ コンプリート・ボックス(4枚組) [Blu-ray]

GOTHAM/ゴッサム <サード・シーズン>ブルーレイ コンプリート・ボックス(4枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray


キャットウーマン、ペンギン、など「バットマン」関連のキャラが出てくるドラマですけども。

シーズン3では、本格的にリドラーやポイズン・アイビーが参戦。

ジョーカーも出てきて賑やかになりました。

やっとバットマンらしさが出てきたな〜、という感じ。

シーズン4にはスケアクロウも出てくるらしので楽しみです。


こちらのお写真は、男性のメインキャスト。

牢屋のセットに入って、おどけてんよ!↓

g1.jpg


キャストの集合写真は、みんな楽しそうなんだよね~。↓

g2.jpg



*AXNでの番組情報はこちら。↓




シーズン3の序盤では、ジェイミー・チャンがスペシャル・ゲスト・スター面!

大物になりましたな〜。↓

g3.jpg


序盤では、ペンギンとリドラーによる、薄いBLも展開。

このBLの描き方が中途半端だったわな。

おっかなびっくりやってる・・・というか~。

どうせBLやるなら、思いっきりやらないと。

思いっきり抱いちまいなよ〜、いっそのこと!↓

g4.jpg


ジェイミー・チャンとBLで引っ張った序盤。

物語はやや停滞気味で、少~し「打ち切り臭」が漂ってきて心配になりましたけども。

シーズン中盤以降は持ち直して、シーズン4の更新も決定~。

しかし、今の調子だと予算は減らされるかな。


こちらのお写真は、ちびっ子パートの2人。

ポイズン・アイビーとブルース・ウェインです。

お似合いだよ~、付き合っちゃいなよ~、ヒュ~ヒュ~! ↓

g5.jpg


こちらのお写真も、ちびっ子パート。

ポイズン・アイビーとキャットウーマンですよ。

キャットは、この写真よりも、だいぶ大人っぽくなってました。↓

g6.jpg


こちらは団体写真。

おんぶされてるキャットがかわいい~。↓

g7.jpg


こちらのお写真、「ゴッサム」を知らない人が見たら、普通の「飲み会写真」に見えるでしょうな。

写真、左端のブッチ(ちょいデブの男性)は、劇中ではチョイ役なのに、オフショットになると前へ前へ出てくるわな。

さてはアンタ・・・宴会部長だね!↓

g8.jpg


こちらのお写真では、ペンギンが踏み踏みされてんよ、映画「沈黙‐サイレンス‐」に出てきた踏み絵みたいに!

ペンギン役の人、相当いい人だわな~。(←もしくは、職場イジメでしょうか?!)↓

g9.jpg




*「海外ドラマBOARD」でも「ゴッサム」について書かせてもらいました。

ぜひぜひご覧ください。(タイトルをクリック↓)








nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

NHK「ダウントン・アビー」シーズン6(ファイナル・シーズン)観終わった。うれしい楽しいフィナーレ。映画版も期待。 [海外ドラマ日記]

*ネタバレはありません。


いや〜、NHKで放送されていた「ダウントン・アビー」シーズン6(ファイナル・シーズン)な〜。

エゲレス貴族と使用人を描いたドラマですけども。


ダウントン・アビー ファイナル・シーズン ブルーレイBOX [Blu-ray]

ダウントン・アビー ファイナル・シーズン ブルーレイBOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: Blu-ray


ついに全9話を観終わりましたよ。

シーズン6は、いつも以上に楽しかった〜。

基本的に幸せ気分。

ルンルンなんですよ!(←死語)


結婚相手を探していて、かつてはブサイクな男とも交際していたメアリーお嬢様ですが。

ファイナル・シーズンで、ついにイケメンと知り合った〜。

演じているのは、なんと、「デカ目」で有名な男優マシュー・グッドですよ。

ソコソコ有名なスターですよ!

メアリーお嬢様にふさわしいお相手だと思いました。↓

d1.jpg


マシュー・グッドは、私生活では2人の子持ち。

パートナーはSophie Dymokeという名の女性。(←読めない)

ええ〜っ、かわいいじゃんか〜。↓

d2.jpg


そんなメアリーお嬢様と共に、ダブルヒロインの座にのし上がったのが、まさかの地味っ子イーディスでした。

貴族の娘でありながら雑誌編集の仕事をこなす「働くシングルマザー」として描かれて、しかも男にまで愛されるという、おいしい役でした。

こちらのお写真は撮影現場。

セットや小道具のクオリティも見事です。↓

d3.jpg


使用人のベイツとアンナは、次々とトラブルが解決して、フィナーレに向けてラストスパート。

こちらのお写真では、奥の方にスタッフの姿が写ってますけども。

当たり前だけど、普通の人なんですねスタッフは。↓

d4.jpg


使用人のトーマスは、完全にカドが取れて善人化。

う〜ん、若干さみしいですな〜。

こちらのお写真にも、スタッフが写ってますが、やっぱり超・普通の人だわな。↓

d5.jpg


執事のカーソンさんと、家政婦長のヒューズさんは、主が留守の時に、こっそり赤ソファーに座りましたよ。

この赤ソファー、ボクちゃんも座ってみたーい。

存在感のあるソファーでしたな。↓

d6.jpg


そんな使用人たちには、それぞれ新しい人生を思わせるオチが付いて、話がスッキリまとまりました。↓

d7.jpg


こちらのお写真は、記念撮影を楽しむ出演者。↓

d8.jpg


「ダウントン・アビー」のテレビ・シリーズは、シーズン6で終了してしまいましたけども。

なんと、映画化の製作が進行中〜。

だけど、撮影は来年以降ということで、出来上がりは再来年くらいでしょうか。

早く公開してくれないと、ドラマの内容を忘れちゃいそう〜。

主要メンバー、全員そろって出てくれるといいな。

完成が楽しみです。↓

d10.jpg


普段着になると、ヒューズさん(写真:右端)とパットモアさん(写真:右から2番目)がアカ抜けて、まるで別人だわな。

さすがスターだわな!↓

d11.jpg


そういえば、バイオレットおばあさまのお宅にいた使用人2名も、どういうわけか出番が多かったわな。

「おもしろ、おかしいキャラ」というポジションだったから、制作側も使いやすかったのかな。↓

d9.jpg


*「海外ドラマBOARD」でも「ダウントン・アビー」シーズン6について書かせてもらいました。

ネタバレがありますが、良かったらご覧ください。(タイトルをクリック↓)



nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「SHERLOCK シャーロック」シーズン4を観終わった〜。これが完結編の可能性。まとまり良かった。 [海外ドラマ日記]

*ネタバレはありません。


いや〜、NHK BSプレミアムで放送された「SHERLOCK シャーロック」シーズン4な〜。


Sherlock: Series Four [Blu-ray] [Import]

Sherlock: Series Four [Blu-ray] [Import]

  • 出版社/メーカー: BBC Home Entertainment
  • メディア: Blu-ray



なんだかもう、凝りに凝ったトリッキーな脚本で…。

情報量も多いから、ついていくのも大変でしたけど。

相変わらず楽しかったです。


ごれだけ豪勢なドラマを、うちのテレビで観れるって幸せナリ〜。


こちらが基本の3人。

シャーロックとワトソンと、ワトソンの嫁と子。↓

h1.jpg


ワトソン役マーティン・フリーマンと、メアリー役アマンダ・アビントンは、私生活で別れたわな。

破局を知ったとき「マーティン・フリーマンに限って!」と思いました。

なんだか、優等生のイメージが付いてしまっているようです。

渡辺謙さんみたいなもんですよ!


シャーロックの子ども時代も描かれておりました。

「シャーロック役ベネディクト・カンバーバッチに似た子役なんて存在しない」と思ってましたけど。

まあ、似てる方なんじゃない?↓

h2.jpg


こちらは出演者他の集合写真。

エゲレス臭いお写真だわな。↓

h3.jpg


なんとこの「SHERLOCK シャーロック」。

次シーズンを作るかどうかは分からない、とのことで。

その理由は、主演2人の多忙なスケジュール。

次シーズンを作るヒマが無いんですよ!

今は2人ともハリウッド・スターですもんねぇ。


こちらのお写真でも勢いを感じます。

「ブレイクしたての芸人コンビ」みたいな空気ですな。↓

h4.jpg


毎日、睡眠時間が2時間なのでしょうか?!

こちらのお写真では壊れかかってますよ〜。↓

h5.jpg



*「海外ドラマBOARD」でも「シャーロック」について書かせてもらいました。

ネタバレがありますが、よかったらご覧ください。(タイトルをクリック↓)





nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 海外ドラマ日記 ブログトップ