So-net無料ブログ作成
検索選択
映画写真日記 ブログトップ
前の10件 | -

「トランスフォーマー/最後の騎士王」執事ロボの声は「ダウントン・アビー」カーソンさん! [映画写真日記]

いや~「トランスフォーマー/最後の騎士王」な~。

楽しかったですけども。


Transformers: the Last..

Transformers: the Last..

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: La La Land
  • 発売日: 2017/07/18
  • メディア: CD


アンソニー・ホプキンスに仕える執事ロボの声が、ドラマ「ダウントン・アビー」の執事カーソンさん(ジム・カーター)と知ってビックリ。

ドラマファンには、たまらんキャスティングだわな。

言われなければ気付かないけども!↓

t1.jpg


こちらのお写真はプレミア会場でのジム・カーター。

カジュアル服のイメージがないから新鮮~。

顔も脱力感が満点〜。↓

t2.jpg


シリーズ前作にも出ていたサムライ・ロボの声は、引き続き渡辺謙さんでしたな。


派手なランボルギーニから変形するロボ役は、「最強のふたり」でブレイクしたフランス男優、オマール・シーだったんですね~。

オマール・シーは「X-MEN:フューチャー&パスト」「ジュラシック・ワールド」「インフェルノ」に続いて、またしてもハリウッド大作シリーズに出演ですよ。

たしかに売れっ子なのですが。

どういうわけか、ハリウッド作品では存在感が出しきれていない気が・・・。

「最強のふたり2」にでも出て、再び存在感をアピールしかないかもよ!↓

t3.jpg


ヒロインの美人文学者役はローラ・ハドックじゃん。

この人、ドラマ「ダ・ヴィンチと禁断の謎」に出ていて、脱いでいた人ですけども。

ポロリ要員でしたけども!

えらい出世したわな。

確かに男にモテる顔〜。↓

t4.jpg


「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」にも、たしか主人公の母親役で出ていたローラ・ハドック。

ちゃっかり「アベンジャーズ」ファミリーにも入り込んでおります。

「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」にも出ていたようですが、その時の役名は「サインを求める女性」でした。

こちらが「サイン女」役のお写真かな。↓

t5.jpg


そんなローラ・ハドック。

私生活での旦那はサム・クラフリンなんですよね~。

サム・クラフリンと結婚してからローラ・ハドックの女優業は上り調子に。

確実にサムは、あげちん!↓

t6.jpg


お外でのファッションはこんな感じ。

スーツとドレスの方が似合うわな。↓

t7.jpg


なんだか、童話のお姫様と王子様みたいなカップルだわな。↓

t8.jpg


今のうちに、よ〜く遊んどきなよ、お若いうちにさ〜!

よ〜く日に当たっておきなね!!↓

t9.jpg



nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」ミイラ役女優、次は「アトミック・ブロンド」でシャーリーズ・セロンに抱かれる?! [映画写真日記]

いや〜、TOHOシネマズのポイントカード「シネマイレージ」な〜。
まずは、映画を6回観たら1本タダ、というスタンプラリーが売りですけども。

もうひとつ、本編上映時間1分を1マイルと換算し、マイルを貯めていくマイレージ・サービスもございます。

7月に、初めて6000マイルに到達したボクちゃん。
貯め込んだわい!
その6000マイルを、TOHOシネマズでの上映映画を1ヶ月タダで観れちゃう「1ヶ月フリーパスポート」と交換〜。↓
m1.jpg

フリーパスポートで観た作品は、こちら。↓

「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」
「ジョン・ウィック:チャプター2」
「メアリと魔女の花」
「銀魂」
「忍びの国」
「怪盗グルーのミニオン大脱走」
「カーズ/クロスロード」
「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」
「東京喰種トーキョーグール」
「トランスフォーマー/最後の騎士王」

合計10本ということで、1本の鑑賞料金を1800円として、合計18000円トクしたわい。

映画ファンとして、いつでも劇場にフラリと無料で入る体験って夢。
1ヶ月とはいえ、それをかなえてくれたTOHOシネマズには感謝ですよ。

そして、普段なら観ることはないジャンルの作品「忍びの国」や「怪盗グルーのミニオン大脱走」なども、気軽に観ることができましたよ。
おかげで、見知らぬ作品に出会えたわい。

ああ、この特典サービスを思いついたTOHOシネマズ社員の人にノーベル賞やりたい!

できれば、「1ヶ月」という無料期間を、「1年間」に延長してほしいけども!!(←無理ですか)

この先も廃止しないでほしいサービスでした。

さてさて。
そんな手段で観たホラー・エンターテイメント作品「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」ですけども。

Ost: the Mummy

Ost: the Mummy

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Backlot Music
  • 発売日: 2017/06/16
  • メディア: CD


ミイラと戦うアクション満載の作品ですが、出演者は全員、立派な大人〜。
みんながんばったわな。
ハッスルしたわい!↓
m2.jpg

考古学者を演じたアナベル・ウォーリスは、なんと私生活ではコールドプレイのクリス・マーティンと交際してるんですね!
クリス・マーティンって人は、グウィネス・パルトローと離婚後、ジェニファー・ローレンスとも交際していたし。
ブロンド美人が大好物みたいだわな〜。↓
m5.jpg

「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」では、トム・クルーズとラッセル・クロウが初共演〜。↓
m3.jpg

共演は初めてながら、昔からの知り合いのようです。
こちらが昔のお写真。
背景から察するに「ミッション・インポッシブル2」の頃でしょうか。
ラッセル・クロウが、まだ素朴だわな。↓
m4.jpg

ミイラ女役は、人気若手女優のソフィア・ブテラですよ。
アクションが出来て、しかもオリエンタルな顔をしているから、有色人種推しの傾向にあるハリウッド映画界で需要拡大。
言われなきゃ本人と確認できないキャラばかりですが。
写真左から「キングスマン」「スター・トレック BEYOND」「ザ・マミー」。↓
m6.jpg

こちらのお写真は、プレミア会場でのソフィア。
着こなしは、もうちょいだわな。↓
m7.jpg

ソフィア・ブテラの次回作は、シャーリーズ・セロン主演の「アトミック・ブロンド」ですよ。
シャーリーズ・セロンと戦う役かな、と思ったけれど、どうやら愛される役みたい。
抱かれ役ですよ!
抱かれた後に戦うのか、そのへんは観てみないと分かりませんけども。
これは楽しみです。
こちらのお写真でのシャーリーズ・セロンは、お洋服が大不評だったんですよね〜。
なんだか、シャラポア風味だわな。↓

m8.jpg


nice!(7)  コメント(7) 
共通テーマ:映画

「ジョン・ウィック:チャプター2」オモロかった。パート3もテレビシリーズも製作中~。 [映画写真日記]

いや~「ジョン・ウィック:チャプター2」な~。

キアヌ・リーヴス、久々のヒットシリーズですけども。


John Wick: Chapter 2 [Blu-ray] [Import]

John Wick: Chapter 2 [Blu-ray] [Import]

  • 出版社/メーカー: Summit Inc/Lionsgate
  • メディア: Blu-ray

カンフーしながら銃で撃つ、という独自アクションが迫力満点〜。

キアヌ自身も、アクションを相当がんばってました。

こちらのお写真では、クネクネ・ダンスをしているように見えますけども。↓

k1.jpg


劇中で、殺し屋の1人を演じていたルビー・ローズがステキでした。

中性的な魅力だわな。

マンガのキャラクターみたい。↓

k2.jpg


ルビー・ローズって、実は売れっ子。

「トリプルX 再起動」や「バイオハザード ザ・ファイナル」にも出ていたんですね~。

言われてみれば、よくよく思い出してみれば出てました。

写真左が「トリプルX」、右が「バイオハザードですけども。

ま~見事に全ての役がカブっとるわな。↓

k3.jpg


映画「マトリックス」シリーズ以来、キアヌ・リーヴスとローレンス・フィッシュバーン

の共演も話題でしたけども。

フィッシュバーンは、あんまり活躍しなくて残念~。

キアヌは犬を飼ってましたけども、フィッシュバーンは鳩でした。

おじさんたち、みんな動物に癒やされてんの!↓

k4.jpg


こちらのお写真は、プレミア会場でのお写真。

同じく「マトリックス」に出演していたキャリー=アン・モスも来たーっ。↓

k5.jpg


製作中の第3作「ジョン・ウィック:チャプター3」には、もしかしてキャリー=アン・モスも出てくるんじゃないの~?!

そうなったら、うれしいな。

もう「マトリックス」出演者たちにとっての「エクスペンタブルズ」みたいな映画にしちゃえばいいんだよ~!!↓

k6.jpg


「ジョン・ウィック」のスピンオフ・ドラマシリーズ「ザ・コンチネンタル」(原題)も撮影中とのこと。

ドラマでの舞台は、暗殺者が集まる「コンチネンタル・ホテル」らしいですよ。

ドラマも楽しみです。


ところで。

キアヌの出演待機作リストの中に、1990年代にヒットしたコメディ「ビルとテッド」シリーズの新作が入ってるんだけど、ホントかな?!

そういう「おバカ路線」、必要なんですか、キアヌ?!

またバカに戻っていいんですか、キアヌ!!

こちらのお写真のキアヌは、いたずらっ子みたい。↓

k7.jpg


男前で大スターで大金持ちにもかかわらず、おおらかだし、性格も優しいキアヌ。

もはや「奇跡の人」ですよ!

こちらのお写真を見て、またしてもノックアウトされました。

これからも応援すっから!↓

k8.jpg

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」おもろかった。別シリーズでジョニデとトム・クルーズの共演もアリ?! [映画写真日記]

いや〜「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」。
楽しかったですけども。
主人公ジャック・スパロウ役のジョニー・デップな〜。
あの年で、あんなチャーミングな仕草が出来るってスゴいわな。
黙ってりゃあ、クールな男前なのにねぇ。↓
p2.jpg
こちらのお写真は、敵役ハビエル・バルデムとのツーショット。
こんな大人っていいよね!↓
p1.jpg
こちらのお写真はハビエル・バルデムの名場面。
はしゃいでんよ!↓
p3.jpg
シリーズ前作「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」にはペネロペ・クルスが出ていたということで。
こちらのお写真は前作でのジョニー・デップとペネロペ。
今思えば、ずいぶん大人のエンタメ作品でしたな。↓
p4.jpg
これでハビエル・バルデムとペネロペ・クルスが、夫妻そろって「パイレーツ」シリーズに参入〜。
こちらのお写真は、U2のライブに来たときの夫妻。
いろいろな役を演じてきた2人、さすが仮装も様になってます。↓
p5.jpg
こちらのお写真は、ビーチでの夫妻。
ペネロペの「島一番の美女」感が素晴らしい〜。↓
p6.jpg
そんな「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズですけども。
続編があるのか、無いのかは、未定とのことですが。
なんか、そのうち、また作る気がしますけども。
キーラ・ナイトレイの気分次第、という感じでしょうか。
ジョニー・デップの次回作は、本国で2017年公開予定の「オリエント急行殺人事件」。
その後は、「The Invisible Man」(原題)に主演ですよ。
昔の映画「透明人間」のリメイクですけども。
ユニバーサルが仕掛ける、クラシック・モンスター版「アベンジャーズ」という趣きのプロジェクト「ダーク・ユニバース」の一つですけどもね〜。
トム・クルーズ主演「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」も、「ダーク・ユニバース」の一つ。
その後、「魔人ドラキュラ」「フランケンシュタインの花嫁」「狼男」なども続々とリメイクされて、それぞれの作品の世界観が統一されるという計画らしいです。
誰かが、そういう商売を思いついたんでしょうな!
これを踏まえると。
そのうち、「ダーク・ユニバース」内で、ジョニー・デップとトム・クルーズの共演もアリかも〜。
こちらのお写真は、ジェリー・ブラッカイマーのイベントに参列した時のジョニー・デップとトム・クルーズ。
2人が同一画面に納まっている貴重なお写真〜。
豪華さがハンパないです。↓
p7.jpg
こうして見ると、持ち味が全く違う2人。
水と油だわな!↓
p8.jpg
ジョニー・デップや、トム・クルーズ、ブラッド・ピットやキアヌ・リーヴスなど、50歳を越えたスターって共演NGかと思っていたのですが、食い合うし!
(トムとブラピは大昔に共演済みですが)
もしかしたら数年後に「ダーク・ユニバース」で、禁断の「50歳越えスター」共演シーンが見れるかも〜。
長生きして待ちたいと思います。
p9.jpg


nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「パトリオット・デイ」犯人妻役が、まさかの「スーパーガール」メリッサ・ブノワ。 [映画写真日記]

いや〜「パトリオット・デイ」な〜。
2013年に起こったボストンマラソン爆弾テロを描いた作品ですけども。
とっても良かったです。
Patriots Day

Patriots Day

  • 出版社/メーカー: Lionsgate
  • メディア: DVD
名も知らぬ男優たちが、いい味を出しておりました。
まずは、名も知らぬ中国人男性な〜。
ピンチに陥って、にっちもさっちもいかない姿に心を掴まれました〜。↓
p1.jpg
犯人兄弟を演じた名も知らぬ男優2人も、相当ハマってました。
実際の犯人に似ているし、本人たちの心境は複雑かも。↓
p2.jpg
こちらのお写真は、犯人兄役と、主演マーク・ウォールバーグとの交流場面。
マークは髪を切ってほしいわな。↓
p3.jpg
「ローン・サバイバー」「バーニング・オーシャン」「パトリオット・デイ」と、3作連続でピーター・バーグ監督と組んだマークですけども。
次の主演映画もピーター・バーグ監督作ですよ!
好きだよね〜アンタら!!
その作品は、インドネシアを舞台にしたサスペンス「マイル22」(原題)。
なんと共演者は「ザ・レイド」シリーズのイコ・ウワイスと、女性格闘家のロンダ・ラウジーですよ。
本格的なアクション映画に仕上がりそうですけども、マーク・ウォールバーグに格闘のイメージがないんだけど大丈夫?!
こちらのお写真は、監督とロンダとイコ。↓
p4.jpg
「パトリオット・デイ」の犯人妻役は、ドラマ「スーパーガール」でおなじみのノブ子〜!(←メリッサ・ブノア)
犯人役と同様、実物と似ているからキャスティングされたのでしょう。
尋問する役は、ドラマ「CSI:マイアミ」でおなじみのカンディ・アレキサンダーというのが、海外ドラマファンとしてグッときました。
こちらのお写真が、おそらく「CSI:マイアミ」でのカンディ・アレキサンダー。↓
p5.jpg
2人の共演時間は短かったですけども、マーク・ウォルバーグやケビン・ベーコンに見守られていたし、名対決シーンになっておりました。↓
p6.jpg
p7.jpg
p8.jpg
p9.jpg
p10.jpg

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

続いてた!マイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィキャンデルの交際。アリシア主演「トゥームレイダー」は心配。 [映画写真日記]

いや〜マイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィキャンデルの共演作「光をくれた人」な〜。
とっても良かったです。
The Light Between Oceans [Blu-ray]

The Light Between Oceans [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Touchstone Home Entertainment
  • メディア: Blu-ray
共演がきっかけで、実生活でも交際が始まったマイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィキャンデルですけども。↓
a1.jpg
a2.jpg
こんな顔をしていてもファスベンダーは男前ですな〜。↓
a3.jpg
つまり、2014年頃から交際している2人なのですが。
2017年の今になっても別れる気配ナシ。
むしろ「結婚前提」とまで言われてますよ。
ビッグな夫妻が誕生するのかどうか、見守りたいですな〜。↓
a4.jpg
こちらのお写真は、デート中の2人。↓
a5.jpg
こうして見ると、アリシアはいつも高そうな服を着ておりますな〜。
ファスベンダーは安そうですが。↓
a6.jpg
そんなアリシア・ヴィキャンデルが出演する、映画「トゥームレイダー」リブート版ですけども。
このヒロインの後を引き継ぐのは、大変な気がします。
こちらが、リブート前のヒロイン、ララ・クロフト。↓
a7.jpg
こちらのお写真が、アリシア版のララ・クロフトですけども。
なんだか、頼りない感じ〜。
大丈夫なんでしょうか、こんな調子で。↓
a8.jpg
リブート前のララ・クロフトは「姉」という感じでしたけど。
リブート後のララ・クロフトは「妹」という感じになるのかな?!
もしかしたら「娘の運動会の障害物競走」でも見てる感じに仕上がるのかもよ。↓

a9.jpg



nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「LOGAN/ローガン」悪役男優の元カノはアベンジャーズ女優だった。 [映画写真日記]

いや〜、「ウルヴァリン」シリーズ完結編の「LOGAN/ローガン」な〜。
とっても良かったです。
Logan [Blu-ray] - Imported

Logan [Blu-ray] - Imported

  • 出版社/メーカー: 20th Century Fox
  • メディア: Blu-ray
17年間もウルヴァリンを演じてきたヒュー・ジャックマン、おつかれさまでした。
大人向けの「ヒーロー卒業式」に仕上がっていたと思います。
こちらのお写真は、ウルヴァリン昔と今。
昔は髪の毛が左右にピョンと立っていたんですね〜、猫ちゃんみたいに!↓
h1.jpg
このシャツ姿を見ることも、もうないんですね〜さみし〜っ!↓
h2.jpg
劇中でのウルヴァリンは、プロフェッサーXの介護をしておりました。
せつなすぎる映像でした。↓
h3.jpg
こちらは普段のウルヴァリンとプロフェッサーX。
ヒュー・ジャックマンは老人にもお優しそう〜。↓
h4.jpg
劇中で悪役を演じていたボイド・ホルブルック。↓
h6.jpg
彼は、最近「アベンジャーズ」シリーズで活躍しているエリザベス・オルセンの元・婚約者だったんですね〜。
こちらのお写真は、仲が良かった頃の2人。
お似合いだったのに、もったいなーい。↓
h7.jpg
ここからはプレミア会場でのお写真。
劇中で新キャラクターのローラ役を大熱演していたダフネ・キーンちゃんです。
まだ、ちっこいですな〜。↓
h8.jpg
監督や出演者と合流〜。
もうすぐ帰れるからガマンしなね。↓
h9.jpg

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」オモロかった。日本語版では、ささきいさおさんが二役も担当。 [映画写真日記]

いや~「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」な~。
楽しかったですけども。
こういうフンイキ、アメリカっぽくて最高ですな~。↓
g1.jpg
「爆発ボタンを押す、押さない」の問答が繰り返される予告編から、グルートがかわいすぎた~。
かすか~に、グルートの口元が笑ってるように見えるんだよね~。
そこがたまらん。
予告編を観ているだけで幸せじゃ~っ!
プレミア会場には、グルートの声を担当しているヴィン・ディーゼルも来ましたよ。↓
g2.jpg
同会場には、キャストの1人、シルベスター・スタローンも来てましたけども。
おなじみの美人妻と3人娘を引き連れて来たわい。
今やファミリー・ビジネス化してますからな、あそこんち!
写真:右端のおじさんは知りません。↓
g3.jpg
ドラマ「ナイトライダー」でおなじみのデビッド・ハッセルホフもチラッと出てましたけども。
シルベスター・スタローンもデビッド・ハッセルホフも、日本語吹き替えを担当したのは、ささきいさおさんだそうですよ。
今、ささきいさおさんのニーズが高まってんよ!
シリーズ前作に引き続き、ネビュラが出てきましたけども。
なんだか顔は、稲垣吾郎ちゃんに少し似てきたかな?↓
g5.jpg
今回、ヨンドゥが大活躍~。
演じているマイケル・ルーカーは、このメイクのままコミコンに出てたんですね~。↓
g4.jpg
こちらが、その時のコミコン動画。↓
隠れキャラという感じで、ハワード・ザ・ダックもチラッと映りましたな。
ハワード・ザ・ダックって、マーベルのキャラクターだったんですね〜。
こちらのお写真は、シリーズ1作目でのハワード・ザ・ダック。
声を担当しているのはセス・グリーンだそうですよ。↓
g8.jpg
こちらのお写真は、出演者たちの練習風景でしょうか。
みんなスターのはずですが、いい感じにオーラが消え去ってますな。↓
g6.jpg
それにしても、本編では、みんな肌にこってりと色を塗ってメイクが大変そうでした。
こちらは、そんな化粧系キャラ、ガモーラのお色気写真。
峰不二子調ですな。↓
g7.jpg

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「カフェ・ソサエティ」クリステン・スチュワートとブレイク・ライヴリー、仲良さそうな舞台裏。 [映画写真日記]

いや~、ウディ・アレンの新作「カフェ・ソサエティ」な~。
楽しかったですけども。
CAFE SOCIETY

CAFE SOCIETY

  • 出版社/メーカー: Lionsgate
  • 発売日: 2016
  • メディア: Blu-ray
なんたって、ボクちゃんの2大ミューズ、クリステン・スチュワートとブレイク・ライヴリーが共演してますから。
いっぺんに来たようなもんですよ、盆と正月!
劇中での2人は、セリフを交わすことはなかったのが残念~。
こちらのお写真は、パーティー会場にて。
普段の2人です。↓
c1.jpg
こちらのお写真は、監督をセンターにした共演者たち。
写真左のコリー・ストールは、劇中ではヅラをかぶってチンピラ役を熱演しとりましたな。乗っけて出てきたんですよ!↓
c2.jpg
今回の作品はジェシー・アイゼンバーグが、プチ・ウディ・アレンという感じの演技を披露してましたけども。
ウディの次回作「Wonder Wheel」(原題)では、ケイト・ウィンスレットとジャスティン・ティンバレイクが共演。
どうやら、次回作でプチ・ウディ・アレンと化すのはジャスティン・ティンバレイクっぽいです。
そちらの方も楽しみですな。
こちらは、じいさんの話に耳をかたむける、孫のようなブレイク・ライヴリー。
テレビ女優のブレイクが、ついにこの位置に!↓
c3.jpg
こちらのお写真は、プレミア会場でのブレイク。
エロカワですな。(←死語)↓
c44.jpg
こちらのお写真は、じいさんとクリステンのツーショット。
同系色だし、背丈も同じだし、まるでカップルみたい。↓
c5.jpgc4.jpg
こちらのお写真は、カンヌでの3人。↓c4.jpg
c6.jpg
ブレイクとクリステンは、きっと話も合うと思うのですが、どんな会話をしているのやら。
ガール・トークも聞いてみたいわな。↓
c7.jpg

nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ワイルド・スピード ICE BREAK」ドウェイン&ステイサム主演のスピンオフ企画、実現してほしい〜。 [映画写真日記]

いや~「ワイルド・スピード ICE BREAK」な~。
楽しかったですけども。
【Amazon.co.jp限定】ワイルド・スピード アイスブレイク(バンパーステッカー付き)

【Amazon.co.jp限定】ワイルド・スピード アイスブレイク(バンパーステッカー付き)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2017/04/14
  • メディア: CD
主演のヴィン・ディーゼルと、共演のドウェイン・ジョンソンが不仲ということで。
たしかに劇中でも、2人が同一画面にいることは、ほとんどなかったし~。
撮影現場での記念写真では、稀に一緒に写ってるお写真もあるけれど。
2人の笑顔は・・・凍りついてんよ、アイスブレイクだけに!↓
w5.jpg
ヴィンがいないときのメンバーはイキイキ~。
とくにドウェインが。↓
w6.jpg
そんなドウェインと、共演のジェイソン・ステイサムがコンビを組んで活躍するというスピンオフ企画も浮上~。
これは絶対に実現させてほしい〜。
観てみたいな。↓
w8.jpg
しかし、ドウェインとステイサムのスピンオフ映画は、「ワイルドスピード」プロデューサーも兼ねているヴィンとしては、体よくドウェインを追い出す良い口実になりそう~。
こちらのお写真は「ワイルド・スピード ICE BREAK」の劇中。
2人とも囚人服が似合いすぎてますよ、まるで私服みたいに!↓
w7.jpg
こちらはヴィンと、共演のシャーリーズ・セロンのツーショット。
ヴィンが、はしゃいでますな〜、抱けやしないのに〜!↓
w1.jpg
こちらのお写真は別会場でのシャーリーズ・セロン。
ステキです。↓
w2.jpg
こちらのお写真では、何やらお洋服をプレゼントされているっぽいシャーリーズ・セロン。↓
w3.jpg
こちらはステイサムとシャーリーズ・セロンのツーショット。
これまたステキな2人です。↓
w4.jpg
そんな感じで〜。
劇中でもプレミア会場でもシャーリーズ・セロンが輝いておりますけども。
本来の「ワイルド・スピード」ヒロインは、ミシェル・ロドリゲスなんですよね〜。
ホント最近、その事実を忘れがちなのでした。↓

w9.jpg

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画写真日記 ブログトップ