So-net無料ブログ作成

「15時17分、パリ行き」★★★ [映画日記]

1517toParis.gif


いろんな運命がありますよ。


出会うべくして出会った恋人たち、とか~。


「東京ラブストーリー」のカンチとリカみたいなやつですよ!(←古いですか)


今回の作品でも、アメリカ人青年が体験する「運命の出会い」描かれているのですが。

彼らがパリ行きの列車内で出会うのは恋人じゃありません。


テロリストですよ、悪もん〜!


実話を忠実に再現した作品ですよ。

なんと、アメリカ人青年チーム3人の他、列車の乗客まで、テロに遭ったご本人が演じております。


ズブの素人、大集合~!


朝のワイドショーで、振り込め詐欺に遭った老人本人が、再現ドラマに出演していることがありますけども。


アレの豪華版ですよ、プレミアム再現ドラマ!


アメリカ人青年がテロリストと対決するまでを、アメリカ人青年の子ども時代から描いています。

例えば「スパイダーマン」とか、アメコミ・ヒーロー映画みたいな構成がユニークでした。


大人になる前から、将来はテロリストに遭うという予兆があるところが、実話の面白いところ。


子ども時代のパートは、子役を含めて、さすがにプロの役者さんたちが演じてますよ。


劇中がプロアマ混合状態に〜!(←レスリングかい)


思い切った手法でしたけども。

なんとなく素人さんたちも演技が上手~。


器用だわな、最近の子は!


慣れてっからね、自撮りとかで!!


あと、メインのアメリカ人青年チーム3人が全員イケメンだったのが幸いだったわな。


素人なのにスクリーン映えしとる!


歯もキレイだよ、東幹久みたいに!!


これが全員ブサイクだったら大変でした。


ちなみにテロリスト役を演じた男優さんも妙に美男子。


ちょっとしたイケメン列車でした!


実際に事件が起きたのは2015年8月。

それからわずか2~3年で再現映画が出来上がるんですね~。


ビックリだわな、商売の早さに!


手が早いわい、商売人は!!


結局~、映画化するほど派手な話でもなかったのですが、まあいいです。


平凡な毎日を送っていると「自分は何のために生きているのだろう。いつか世の中や、人のために役に立てる日が来るのだろうか」なんて思うこともありますけども。

この作品を観ると、「無駄な日など無い。いつか生きていることを実感できる日が来る。今日は、その日につながっている」と思えてきます。

なかなか勇気づけられる内容でした。


アメリカ人青年チーム3人が活躍しているストーリーでしたけども。

最後まで観ると、活躍したのは計4人ってことになっている。


ちゃんと描かれていない、仲間はずれが1人いる~。


映画の構造上、1人分のエピソードはカットされたのかな。


はじかれてしまったんですよ、おはじきみたいに!


その残念な素人さんに耳打ちしたいです。


「これが映画の世界。これがハリウッド。」だと。




nice!(11)  コメント(12) 
共通テーマ:映画