So-net無料ブログ作成

「エル ELLE」★★★ [映画日記]

elle.gif

*メインストーリーのネタバレはありません。


監督はバボちゃん!(←ポール・バーホーベン)


フランスの大女優イザベル・ユペールを主演に迎えた話題作ですけども。


ちょっと期待値を上げすぎたせいか、鑑賞後の印象は「まあまあ良かった」程度に落ち着きました~。


作品には「PG12」(12才未満の観覧には保護者の指導が必要)という制限が付いておりましたけども。

ちょっとコレ、12歳以下には観せちゃいかんわな.


刺激的だヨ、チェリーボーイには!


イザベル・ユペールが演じるのは、ゲーム会社を経営するミシェル。


女社長ですよ、アパホテルの社長みたいな!


話は、いきなりミシェルがレイプされる場面から始まってビックリ。

その様子を猫が見てんの。


ニャンコ様が凝視!


なんとも強力なイントロでした。


その後は「レイプ犯は誰なのか」という謎解きがユル~く展開して、エロチック・サスペンスの体で進行する一方、ミシェルのキャラクターも深堀りされていくという、複雑な構成になっております。


謎解きの難易度は「並」なのですが。


松竹梅で言うなら「竹」なのですが!


地味ながらミシェルの奇行がスゴかった〜。


プッツン女ですよ!(←死語)


「一見すると普通だけど、よ~く観察すると、この人、なんかヘンだよね」と思わせる、「平凡」と「奇抜」の境界線をあいまいにしているところが素晴らしいです。


簡単に言えばミシェルは変態だと思うのですが、それほど気色悪くもない変態、というか~。


ソフト変態というか~!


あまり大げさじゃないところが粋でした。


オシャレ変態ですよ!


ミシェルの恋愛も独自スタイル。


性に奔放、60過ぎて!


ホームパーティを開いたミシェル。

ミシェルが作ったおつまみを見て、お客が「うわ~豪勢」と言ってましたけども。

あのおつまみ、ショボかったですけど?!


ちくわきゅうりを差し込んだレベルでしたけども!


気に入らない客のおつまみには、つまようじを仕込むミシェル。
お口に入れたらチクっとすんの!
おそろしく地味な攻撃を仕掛けてくるミシェルなのでした。


ミシェルの父母、息子、息子の嫁、家族全員にクセがあるんですよね〜。


ツンとすんの、らっきょうみたいに!


とくに息子がバカ息子で、観ていてイライラしました。

孫(?)までクセがあって笑ちゃった〜。


ツンとする赤子でした!


ミシェルは、そんな自分の状況を「屈折している」と表現していましたけども。

まさに「屈折」がテーマだったと思います。


屈折したラブストーリーと、屈折した家族ドラマが合体。


屈折監督が手がけた、壮大な屈折大作に仕上がっておりました。



Elle [Blu-ray]

Elle [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Sony Pictures Home Entertainment
  • メディア: Blu-ray

nice!(6)  コメント(8) 
共通テーマ:映画