So-net無料ブログ作成

「キャットファイト」★★★☆ [映画日記]

catfight.gif


一部の劇場で公開されている作品ですけども。

Netflixでも配信されていたので、そちらを観てみました。

ソリの合わない2人の女性が、拳を使って大ゲンカしまくる、という、爽快に笑えるコメディ作品に仕上がっております。

メインキャラクターのカネ持ち主婦役を演じているのは、サンドラ・オー。

対立する、独身の売れない画家役は、昔ボクちゃんが大ファンだったヘシュ子ですよ!(←アン・ヘッシュ)

最近のヘシュ子はテレビドラマで見ることが多いのですが、テレビのヘシュ子はオーラ0!

まるでエキストラなのですが!!

今回、久々に映画でメインを務めている彼女を見たら、美貌のオーラが僅かに復活していてうれしかったです。(←「僅か」かい)

今回の作品では、サンドラ・オーの血まみれブサイク面も最高~。

ヘシュ子も血まみれですが、ヘシュ子の方は、なんだかキレイ~。

サンドラ・オーの隣にいるからか、なんだかキレイに見えるわな。(←サンドラに失礼)

この2人のヨゴレ演技が素晴らしい~。

まさに2大女優の対決ですよ、B級の!

まずは、「亭主が商談で成功して、息子もすくすく成長していて幸せ」というサンドラ・オー。

「上から目線」が似合ってる。

「この人を見てると、なんかムカつく~」と思わせる女性像を、自然に表現しているサンドラ。

ムカ・オモローイ!

ロバート秋山さん並みの演技力でした!!

一方ヘシュ子も、「私が一番の芸術家」みたいな、売れてないのにプライドだけは高い感じをよく出しています。

ヘシュ子も、元々そういう顔をしてるんですよね~、「高飛車面」ですよ!

2人の持ち味を最大限に生かしたキャスティングになっておりました。

持ち味というか、顔味というか~!

「ビジネス重視」対「アート重視」という、絶対に打ち溶け合えないポジションで登場した2人。

気持ちが噛み合わないことに納得できる設定でした。

お互いの意見を聞くだけでイライラして手が出てしまう2人。

2人とも基本的にグーで殴るのですが。

積極的に顔を狙っていきますよ、女の弱点を!

ああ女性ってコワーイ。

さんざん戦った挙句「もうケンカするのは止めよう」と心を入れ替えたと思ったら・・・やっぱりムカついて、相手に飛びかかってしまう、っていうところにも共感。

合わない人とは、そうなるもんだわな。

結局2人とも、ちょっと性格にキツいところがある、似た者同士。

同じ穴のメスむじなですよ!

嗜好の方向性が違うだけなんですよね~。

ホント、他人の趣味や好みって理解できないものですね~。

他の脇役も、印象に残る人ばかりで感心〜。

とくに、ヘシュ子のアシスタントで、新米画家の女子が天然で、物語の素晴らしいアクセントに。

天然女子がひたすら描き続けるゆるキャラが「青いうさぎちゃん」。

「きっと大丈夫。みんながんばれ」みたいな、浅いセリフを言う「青いうさぎちゃん」。

ヘシュ子が「青いうさぎちゃん」を見るたびにアホ臭くなり、イライラする姿に笑いました。

ヘシュ子が、製本された「青いうさぎちゃん」を読もうとするけど1ページすら無理。

ビリビリに破り捨てた挙句「クソうさぎ!」と罵った場面が、白竜並みに男らしかったです。



Catfight [Blu-ray]

Catfight [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Dark Sky Films
  • メディア: Blu-ray

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画