So-net無料ブログ作成
検索選択

「パトリオット・デイ」★★★☆ [映画日記]

PatriotsDay.gif

主演はマー君!(←マーク・ウォールバーグ)

監督はピーター・バーグという、同じコンビで手がけた「ローン・サバイバー」「バーニング・オーシャン」に続いての、実話シリーズ3作目ですよ。

ついに3本も作り上げたわい。アン・ドゥ・トロワですよ!

今回の作品では、2013年のボストンマラソンを狙った爆破テロ事件と、犯人逮捕までを描いております。

実話三部作の中では、庶民が最も身近に感じる題材ということで、ボクちゃんも鑑賞中はとっても怖かった~。

ヒヤッとしたわい、背中にコンニャク当てられたみたいに!

マラソン大会の会場内で、テロリストがすぐそばにいる空気感にゾッ。

マラソン大会のスタート時に流れるカウントダウンすら不気味に聞こえて効果満点でした。

爆発事件後にどんな捜査が行われ、どんなふうに警察が犯人を追いつめたかは知らなかったのですが。

まー最近のFBIによる捜査は近代的ですな~。

犯人の姿とか、監視カメラに映ってるんですよね~。

カメラにグッジョブですよ。

カメラというか、キャメラに!

捜査状況がリアルっぽくて「さすが実話」と思いました。

逃げた犯人は凶暴~。

テロリストって死ぬ気マンマンなんですよね~。

窮地に陥ったら自作の爆弾をバンバン爆発させて、なんかもう手が付けられませんよティラノザウルス並みに!

犯人と警察が、こんな死闘を繰り広げていたとは・・・。

スピード解決する、この事件。

ノンフィクションでありながら、圧倒的なサスペンス・テイストで、「すごい。迫力満点」と唸ってしまいました。

監督も実話映画のまとめ方は手慣れたもの。

おまとめ上手!

まずは、事件に関わってしまった人が、どんな真摯な態度で、事件や被害者に向き合ったかを、丁寧にすくいあげていたと思います。

爆発で亡くなった子どもの遺体を、道路上でず~っと立ちっぱなしで見張っている警官とか。

地味だけど良いお仕事なさったんだな~、と、グッときました。

マー君とは全く絡まないキャラも数人いて、それぞれが別シチュエーションで事件と向き合うことになるあたりも、群集劇っぽくて、なんとも映画的でオツな味でした。

ある中国人男性には、ハラハラドキドキさせられました~。

やるもんだわな、あのちょっぴりブサイクな中国人男性!

主役のマー君を食う活躍をしておりました。

前2作の着地点は、被害者への追悼でしたけども。

今回は追悼もありながら、「テロは許さない」「愛国心」というアメリカ精神を打ち出し、家族愛や男女のラブ・ストーリー的な要素も組み込んで、サービス心が全方向に放射

噴水みたいにプシャーーッ!

まさに実話三部作を締めくくるにふさわしい充実の出来映え。

「メッセージ性のある実話エンターテインメント」という、実話というジャンルに納まりきらない、別次元の完成度に到達。

もはや四次元の世界でした



Patriots Day

Patriots Day

  • 出版社/メーカー: Lionsgate
  • メディア: DVD



nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画