So-net無料ブログ作成

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」★★★☆ [映画日記]

manchesterbysea.gif

ある男性の生き方を描いた、人間ドラマ作品ですけども。

この演技で、主演のケイシー・アフレックがアカデミー賞主演男優賞を獲ったことも話題ですよ。

あのケイシーちゃんがねぇ。

ついにあのアフレックちゃんが、でかしたんですよ!

・・・なのですが。

序盤からケイシーちゃんは、アパートのパイプ詰まりを治したりする便利屋として登場。

便器詰まりを直してんのさ、スッポンで!

パイプに便を通すんですよ!!

・・・なんとも地味~に登場し、そこから物語の進行スピードもじんわり。

ああ、時間がのんびり過ぎていく。

のどかじゃ〜っ!

「こんなのでアカデミー賞とったの?他の出演作の方が、すごい演技をしとるけど」と思っていたのですがね~。

まー、だんだんエンジンがかかっていくケイシーちゃん。

ジワジワジワジワ熱を出してくるんですよ、ホッカイロみたいに!

中盤あたりで、ついに見事な深みを表現。

ケイシーちゃんの熟成が完了したわい、熟成肉みたいに!

なんというか、業を背負うとでもいいましょうか。

ケイシーちゃんの役は悲しい過去を持つ男だったんですね~。

いや~泣かされました。

アンタもう、涙の貴公子。

湿り気の王子様!

ケイシーちゃんの顔にピッタリの役。

ケイシーちゃんて、なんかちょっと秘めたものや、悲しさを含んだ顔をしてますしね。

なるほど、アカデミー賞を獲るのも納得の演技でした。

この役は元々マット・デイモンが演じる予定だったらしいですが、ケイシーちゃんの方が合ってると思います。

ケイシーちゃんはベン・アフレックの弟ですけども、劇中でも弟役。

弟気質も持ってますしね。

弟肌なんですよ!

そんな気質も自然に出せていたと思います。

ケイシーちゃんの元・嫁役がミシェル・ウィリアムズなのですが。

ケイシーちゃんとの演技合戦は、さすがの実力派同士だから見ごたえ十分。

ミシェル・ウィリアムズもさ~、泣く演技の方がハマりますな。

目元で悲壮感を出せる子。

元々、目がすわってますからな!

出番は少なかったですが印象的でしたけども、まーちょっと見た目がキレイすぎるかな。

ちょっと髪型とか「さっき美容院に行ってきた感。さっき髪をすいてもらった感」が漂っていたのが残念。

もっと乱して、遊ばせてもよかったかもよ、毛先!

中盤以降は、ケイシーちゃんと甥の交流が描かれているのですが、それが結構長~い。

どういうわけか、甥の表現が入念~。

甥は15~16歳なのですが、プレイボーイ的なキャラクター付けがされていて「まるで早熟な果実じゃな」と思いました。

その調子だと、30歳くらいになったら、5股くらいかけてそう〜!

甥はバンド活動もしていて、たまに練習シーンもあるのですが。

ドラム担当の子が、素人感100点満点で気に入ってます。

アカデミー賞助演男優賞をやりたくなりました。


Manchester By The Sea [Blu-ray]

Manchester By The Sea [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Lionsgate
  • メディア: Blu-ray

nice!(10)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画