So-net無料ブログ作成

「ワイルド・スピード ICE BREAK」★★★☆ [映画日記]

thefateofthefurious.gif

アクションがスゴすぎて、思わず笑みがこぼれました。

ボクちゃん、ニヤッとしたわい悪代官みたいに!

プレミアム・フライデーのサービス料金で鑑賞しましたけども、3000円出してもいい大娯楽作でした。

元々、暴走族が車道でレースをする映画シリーズでしたけども。

8作目では、暴走族がテロリストと戦うことに。

ヤンキーが地球を守りはじめましたよ!

ヤンキー・アベンジャーズなんですよ!!

8作目ではヤンキー色は薄れてきて、そこはかとない高級感が漂ってきているのでした。

まずは、サイバーテロリスト役がシャー子ですから!(←シャーリーズ・セロン)

まーね。

シャー子がパソコンを操る、っていうイメージは全くありませんけども。

劇中のシャー子も「パソコン女」のはずですが、ほとんどパソコンはイジっていなくて残念でした。

エクセルで表くらい作ってほしかったです!

しかし、シャー子のオハコ「性悪演技」が、より安めな演出で炸裂していて楽しかった〜。

そして、赤ちゃんを抱いていながら、ここまで母性が出てこない女性も珍しいと思いました。

ジェイソン・ステイサムの出演場面が、もれなく最後の最後までカッコいい~。

筋肉系ライバル、母親、弟、赤ちゃんと絡めて、それぞれ別な表情を見せるという、見事な使われ方。

ステイサムにアカデミー賞をやりたくなりました!

ステイサムの役は、ドウェイン・ジョンソンが演じる筋肉系ライバルとは殺しあうほど険悪な仲でしたけども。

ある場面で、一瞬で和解していて笑ってしまいました。

一体何だったのでしょうか、今までの憎悪は!

世の中の大人のいざこざが、全てこんなふうに簡単に解決したらいいのに、と思いました。

脇役が豪華になりすぎて、ヴィン・ディーゼルが主役にもかかわらず、ちょっぴり奥に引っ込んだ感じ〜。

同時に、相手役ミシェル・ロドリゲスも、かわいくなってきてました、「もう落ち着いて子作りしたい」とか言い出して。

迷彩服をバリバリ着こなしていた豪傑女優ロドリゲスが、佐々木希に見えた瞬間でした!

ヴィンとロドリゲスのツーショットは相変わらずお似合いでしたけども。

アンタら、ヤンキー界のライアン・ゴズリング&エマ・ストーンだよ!

そういえば、ドウェインとヴィンは実生活では不仲、とのことですが。

言われてみれば、2人の絡みは、ほとんどありませんでした。

同じ場所にいるシーンも、なんか別撮りっぽかったです。

別撮り映像を合成したのかな。

ハゲ頭の映像ハゲ頭の映像を重ねたのかもよ!

8作目にもなると、人間関係も大変になるわな。

アクが出てくるもんだわな!

浮いてくるもんだわな!!・・・と思いました。

登場人物たちはキャラ立ちも進んで、製作陣から、よっぽど不要と判断されない限りは誰も死んだりいたしません。

今回、劇中で死んだキャラは、本当に要らない人材なのでしょう。

ヤフオクやメルカリでも売れない人材ですよ!

今回から、なんとなく、やんわりとチームメンバー面をしているのがスコット・イーストウッドなんですよね〜。

そ~っと横から入ってきてましたよ、「割り込み運転」みたいに!


【Amazon.co.jp限定】ワイルド・スピード アイスブレイク(バンパーステッカー付き)

【Amazon.co.jp限定】ワイルド・スピード アイスブレイク(バンパーステッカー付き)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2017/04/14
  • メディア: CD

nice!(9)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画