So-net無料ブログ作成

「LION/ライオン ~25年目のただいま~」★★★☆ [映画日記]

lion.gif

「25年」の方のライオン映画です。

「3月のライオン」じゃありませんから!

インドで迷子になった男児がオーストラリアで養子になり、25年後に生家を探すという実話ですけども。

迷子の男児サルーは5~6歳くらいでしょうか。
迷子になる前は、インドの奥の方で、母と兄妹と貧乏暮らしをしていたサルーなのですがね~。

まずはサルーの兄が、サルーをとってもかわいがっているシーンに、ほっこり~。

わかります、5歳くらいの弟って一番かわいい時期。

まーね、ボクちゃんだって5歳のときは、かわいかったですけどね、あの子以上に!(←幼児にライバル心)

そんなかわいいサルーが迷子になる場面では心が痛みました。
すでに涙が出そう。

たまらん!

迷子になったサルーに近づいてくる大人たちの描写も、優しい人から怖い人、優しそうに見えて実は怖い人など、色とりどり。
とくに「優しそうに見えて実は怖い人」の描写が、とっても良かったです。

そんな幼児サルーのパートが、予想以上に長い~。

子役で引っ張ってんよ!

インドの奥の方では、身寄りのない子どもたちが大人たちに狩られ、売られたりしているみたい。
大人の手を逃れた子も、ホームレスみたいな生活をしているみたい。

幼児パートでは、そういったインドの奥の方の現状が入念に描かれていて、ワテらにしっかりと伝えてくれますよ。

まずは「世界の不幸な子どもを助けてあげてほしい」というメッセージ発信は大成功〜。

お次はサルーの青年パート。

毛の生えたパート!

もうチェリーじゃありませんから!!

そこでは、オーストラリアの養父母との交流が描かれております。
養父母が素晴らしく愛のある方々。
世界には、こんな大きな人間愛というか、信念を持った人がいるんだな~、とビックリしました。

養母役を演じているのはキッ子!(←ニコール・キッドマン)

この演技で、アカデミー賞にまでノミネートされたキッ子ですが。

そりゃそうですよ、この役を演じてノミネートくらいさせてあげなきゃバチ当たる。

「どうぞ、どうぞ、ノミネート。無料でどうぞ」みたいな顔パス状態。

それくらい、いい人の役でした。

ボクちゃんも養子に行くなら絶対キッ子のところがいい〜!・・・と思いました。

ボクちゃんの中では「養ってほしい女優ランキング」第1位ですよ!!

今回のキッ子は顔のシワを隠していないところも良かったです。

普通のババアなんですよ!

いよいよキッ子も、メリル・ストリープの領域に踏み込んだな、と思いました。

ババアの領域ですよ!

大人になったサルーが生家を探しだすと、割とスッと結末まで一直線。
映画として、バランスの良いストーリーとは思いませんでしたけも。

当たり前のように涙が出てきますし。
作品全体から醸し出される、嘘のない感じ。
インドの奥の方の子どもたちの有様、もらった養子にも当たり外れがあるところ。

大吉ら凶まであるところ!

キレイごとで済まされない養子生活など、実話ならではの現実味にガツンときました。

青年サルーは、生まれた国で食べたがっていた揚げ菓子を見て、幼少の記憶が蘇えるんですよね~。

「揚げもの」の魅力も世界共通なんだな~、と思いました。

ボクちゃんも、たま~に夜、安くなったトンカツを買いますけども、美味しいもんねぇ。

むさぼり食ってますから、豚みたいに! 


Lion [Blu-ray]

Lion [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Lionsgate
  • メディア: Blu-ray

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画