So-net無料ブログ作成

「ゴースト・イン・ザ・シェル」★★★ [映画日記]

ghostintheshell.gif
原作は、世界中の映画作家に影響を与えた日本の漫画「攻殻機動隊」ということで。

今回、ハリウッドで初めて実写化された映像を観て、スタッフの熱意を感じました。

本気だネ、取り組み姿勢!

合成にカネかかっとるし。

ゆるめてくれたわな、お財布の紐!

しかし、まあ、なんというか、2017年に公開するSF作品にしては、さすがに感覚が古いわな。
世界観は近未来ですが、懐かしさのある作品に仕上がっていると思います。

漫画やアニメじゃくて、生身の人間が「脳以外がロボットのヒロイン」を演じるというだけで、どういうわけか「ロボコップ」みたいな風合いになるもんですな~。

「女ロボコップ」ですよ、「ロボ女」!

ときどき服を脱ぎ捨てるロボ女。

そのままパワー全開、すんごいバカぢから!

素っ裸の怪力女がコワーイ!!

ヒロインは捜査官なのですがね〜。

アンタ、そのスーパーパワーを生かして「つな引き」選手になったほうがいいかもしんな〜い。(←反則でしょうか)

ヒロインの「少佐」役を演じているのはスカ代!(←スカーレット・ヨハンソン)

この大役をハリウッドでこなせるのは、たしかにスカ代くらいしかいないと思う~。
同時に、スカ代みたいな大スターが引き受けてくれて良かった~。

この役をB級女優に演じられてしまったら、作品ごとボロカスに言われてたかも〜。

スカ代がかもしだす美と高級感が、この作品を支えてくだすった。

あの方がお助けくだすったわな!

スカ代は「脳みそだけ日本人」という設定なんですよね~。

お味噌だけは日本製なんですよ!

スカ代にお礼を言いたいです「ありがとう、日本のお味噌を乗っけてくれて」と!!

そして、スカ代の母親役が桃井かおりさんだという奇跡。

スカ代に別名を付けるとしたら、桃井スカ代なんですよ!

こんな映画だからこそ実現したキャスティング。
ああ、こんな映画だからこそ!

感謝ですよ、こんな映画に!!(←しつこい)

今回のかおりさんの演技も、いつものかおり節。

まるで清水ミチコ版のかおりでした!

劇中では、スカ代の美貌が炸裂しているのですが。
髪型だけはイケとらん。

床屋で失敗した子みたいな。

アホの子みたいな髪型~!

そこだけは残念でした。

冒頭に出てきた芸者ロボットが、気色わるくてカッコいい~。

キショ・ガッコいい~!

芸者ロボットの出番を、もっと増やしてほしかったな。

むしろ芸者ロボットが主人公でもいいくらい。(←ダメですか)

続編は「素っ裸の怪力女 vs 帰ってきた芸者ロボ」でお願いしたいです。