So-net無料ブログ作成
検索選択

「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」★★★☆ [映画日記]

Jackie.gif

主人公は、ジョン・F・ケネディ元大統領の嫁ジャキ子!

和田ジャキ子ですよ!!(←いいえ、ジャクリーン・ケネディです)

作品のジャンルは、米国人が大好物のケネディ系なんですよね~。

今回の作品では、大統領暗殺から葬儀までの4日間について、ジャキ子目線での体験談が描かれておりました。

栄華を極めたホワイトハウスでの生活、ド派手な葬儀パレードを自らプロデュースして仕切るジャキ子。

幹事の女!

彼女には成功者のプライドも虚栄心もあった、という解釈なんですよね~。
成功者のプライドも虚栄心もマイナス要素なのですが、それをさらけ出しているところが素晴らしいです。

素なんですよ!

キレイぶらない女、それがジャキ子!!

夫が暗殺されて立場が急落、ホワイトハウスを出ていくというあたり・・・。
「落ちぶれたお姫様」みたいにも見えて、なんというか~、現代的なマリー・アントワネットみたいな味わいになっているところが面白いです。

見事な「女映画」に仕上がっております。

1人の女の壮絶な体験を見て、おなかがいっぱい。

ジャキ子さん、ボクちゃんもう食えん!

観終わった後は、しばらく放心状態になりました白目で!!

同系統の「賞取りを狙った実在の女映画」としては、「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」や「ダイアナ」等がありますけども。
ジャキ子の場合は体験する悲劇が壮絶すぎる~。

とくに、オープンカーで隣に座っていた夫が頭を撃たれる、って、どんだけのショックと恐怖なのか・・・。
幸せの絶頂から地獄のドン底に、一瞬で突き落とされたんですよね~。

暗殺現場からフルスピードで現場を後にするオープンカーの座席では、頭部がめちゃくちゃの夫を抱えて号泣するジャキ子。
暗殺の夜、1人で家に戻り、夫の血のついた服やストッキングを脱ぐジャキ子・・・。

どの場面も、悲壮感と同情感がハンパない。

「賞取りを狙った実在の女映画」の中では、最も重たいものを感じましたよ。

重量感は漬物石並みでした!

ジャキ子役はナタマン!!(←ナタリー・ポートマン)

この演技でナタマンがアカデミー賞にノミネートされたのも納得。

さらしてましたし「老け顔」!

老けたナタマンってちょっと、オードリー・ヘップバーンぽいわな。

オードリー・ヘップっぽいよ!

ファーストレディ時代のキラキラした姿から、血まみれで号泣する姿まで、演技の落差も激しかったです。
ナタマンの女優力を感じました。

あとジョン・F・ケネディ役の男優さんは、名も知らぬお方ですけども、まーそっくり。

その素晴らしいタレ目で、萩本欽ちゃん役もこなせそうでした。


Jackie [Blu-ray]

Jackie [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20th Century Fox
  • メディア: Blu-ray

nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画