So-net無料ブログ作成

「ラ・ラ・ランド」★★★★ [映画日記]

lalaland.gif

主演のライアン・ゴズリングとエマ・ストーンがな~。

チャーミングゥーッ!(←古いですか)

エマがクラブでノリノリで踊ってる場面とかたまらん。
ボクちゃんも一緒に踊りたい。

混ぜとくれよ!

この2人、私生活でも結婚すればいいのにな~、と思う~。

そしたらボクちゃん、2人の養子になってやんのにさ~!

・・・と、そんなことを考えてしまうくらい、主演2人の好感度が炸裂しておりました。

劇中の2人は、いい子なんですよね~。
観た人は、2人のことを好きになる。

抱かれたくなんの!

ゴズリングは売れないピアニスト役、エマは売れない若手女優役。

売れ残りの抱き合わせ商品として登場~!

2人が弱さを見せつつも、励まし合って交際しているところが良いんですよね~。

誰でも人生を振り返ると「あの日、あの時、あの人が背中を押してくれたから今の自分がある」っていう出会いってあるじゃないですか~。
このカップルは、お互いが交際相手でありながら同士であり、恩人なんですよね~。
まずは、その関係性にグッときましたよ。

そしてこのカップルからは清潔感が漂っています。

抱いてるはずですが脱いでナーイ!

チューで止まっとる。

Bまで!!(←表現が古いですか)

現代劇ですが、ラブストーリー部分はオールド・ムービー風の清純な王道感で、ブレなく攻めているのでした。

2人の演技は、他の出演作品とほぼ同じ。

大体いつものカジュアルなアンタら!

今回、少~し違うのは、2人の振る舞いに情緒があって哀愁をおびているところ。

バカじゃナーイ!

夕暮れや星空など、昔ながらの胸キュン・シチュエーションの中で歌い躍る2人がボクちゃんの心を撃ち抜いて、ヘ~ンな涙が出てきたわい。

ヘ~ンお汁ですよ!

趣きの量がスゴかったです。

そしてエマがゴズリングに向けて言い放った「今の仕事が本当に好き?長いこと仕事をするなら、好きかどうかは重要」という言葉が、またしてもボクちゃんの心を直撃。

エマから金言、いただきマンモス!

はたして自分は、やりたいことをやって生きているのか?・・・と、問いただしたわい。

そして泣いたわい落ち込んで!

「お仕事ムービー」としても魅力十分。
全ての働く人に、何かを気付かせてくれると思います。

「LA LA LAND」ってロサンゼルスのことだったんですね~。

近年のハリウッドに向けても、はたして映画の製作者は好きな作品を作っているのか?
もしかしたらウケと興行を狙うだけの作品を作ってしまっているのでは?・・・と、一石を投じたのではないでしょうか。

エンターテイメント業界とは儲けるだけの場所じゃない。
好きな文化を愛しながら生活できる場所、そして個人の才能を発掘し生かす場所、という原点を見せてくれておりました。

このあたりは、若い監督だから表現できたことかもしれません。
良い意味で青くさいんですよね~。

青汁くさいんですよ!

ビジネスライクなベテラン監督だと、こういう映画を撮るのは抵抗あるでしょうね。

現代的でもあり懐古的でもあり、現実的かと思ったら空想的でもあり。
それらに加えて、過去と現在と妄想(もしくは時空)が融合する怒涛のクライマックスは、もはや「夢」レベルの幸福感~。
人生の「つまずき」すら宝物に思えてくる、素晴らしいお話でした。

賞味2~3分の出番だったJ・K・シモンズもいい仕事してましたよ。

ラストあたりとかな~、最優秀助演男優賞をあげたいくらい。


ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: ジャスティン・ポール,ジャスティン・ハーウィッツ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/02/17
  • メディア: CD

nice!(13)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画