So-net無料ブログ作成

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」★★☆ [映画日記]

Demolition.gif

飛鳥涼の曲みたいなタイトルが付いとりますけども。

アスカともチャゲとも無関係! 

主演は、これまでの出演作で、教師、兵士、警官、登山家、パパラッチなど、あらゆる現実的な職種を演じてきたジェイク・ギレンホールですよ。

転職男優ですよ!

今回の役はエリート銀行員。

銭ゲバ!

人間関係すら損得勘定してしまう男として登場~。
そんな男が、嫁の急死をきっかけに変わっていく・・・という物語。

劇中でも「メタファー」というセリフが何度か出てきましたけども。
この作品は、提示されていく象徴を解読しながら観るタイプなのでしょうか。

小道具として「内部で水が漏れてる冷蔵庫」が出てきますけども。

それは「冷たい心の中に流れる涙」を意味しているのかな、とか。

パソコンなどを分解する場面は「無にするという、心のリセット」を表現しているのかな、とか。

ボクちゃん、映画を観るときは頭を空っぽにしているタイプ。

脳細胞が無力化してんの!

だから、この映画は、とっても難しかったです。

飛鳥涼の曲みたいなタイトルも、何か意味があるのだと思いますが分からない。

ワカンニャ〜イ!(←アホの子かい)

しかし、そういう「あれってどういう意味なんだろうね」と考えるところが魅力の映画なのだと思います。

主人公の男は、自動販売機の業者にクレームの手紙を送ってから、おカネより人間に興味を持つようになるのですが。

今思えば、「自販機に入れた小銭返せ」っていう冷たい手紙から、女性担当者から優しい生声で電話がかかってくる、っていうのは上手い脚本だわな。

カネから生身への切り替えが上手。

からへの切り替えですよ!

その女性担当者役はナオミ・ワッツなんですよね~。
ジェイクの相手を務めるにしては年上だわな。

調べたら2人とも同じ、さる年生まれ。

おさるのカップルでした!

ナオミの役はシングルマザーという設定なのですが、それは似合ってました。

着こなしてましたから、安服!

ナオミの息子役の子役が魅力的。
どこか中性的で小悪魔的。

さすが米国、子役の名産地!

そんな子役とジェイクが、高級なものを次々と壊していく場面があるのですが。

米国流のド派手な断捨離だわな!

まー高そうなガラス製のテーブルとか、でっかいテレビとかを壊していて、もったいない気分に。

アンティーク調のタンスにハンマーを振りかざしたときは、さすがにボクちゃんも思わす「ちょ、待てよ!」と心で叫んだわい。(←キムタク調だわな)

アンタ、そのタンスはお高いわな?!

50万円くらいはするわな?!

「いらないなら、ちょうだい、ちょうだい、ちょうだい!と、手のひらを差し出したい気分になりました。

あのタンスはボクちゃんに回収させてほしかったです。

お高く買い取ってもらうんですよ、業者大塚家具さんに!


Demolition [Blu-ray]

Demolition [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20TH CENTURY FOX
  • メディア: Blu-ray

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画