So-net無料ブログ作成

「クローバーフィールド・パラドックス」★★★ [映画日記]

TheCloverfieldParadox.gif


*ネタバレはありません。


「クローバーフィールド」シリーズの3作目が、ある日突然、Netflixで配信されましたよ何の前触れもなく。

製作のJ・J・エイブラムスが仕掛けたわな。


やらかしたわな、あの人!


ゲリラ商法だかゲリ商法だかだかですよ!!


極秘で制作を進めていたのでしょう。


なんとまあスタッフのみなさん、お口のお堅いことで!


みんなお口にチャックでも付いとんか~!!


シリーズ1作目の「クローバーフィールド HAKAISHA」はドキュメンタリー調、2作目の「10 クローバーフィールド・レーン」は密室スリラー調で、作品ごとに作風を変えてくるのが特徴のシリーズですけども。


今回の3作目はSFでした。

なんと、舞台は宇宙ステーションですよ。


ついに地球を飛び出したわい、星を!


宇宙で実験の仕事をしているメンバーは、ダニエル・ブリュールとか、チャン・ツィイーとか。

宇宙のイメージが全くない人たち。


宇宙臭くないんですよ!


世界各国から集められたメンバーですが。

チャン・ツィイーだけは中国語をしゃべって、他メンバーはそれを理解して、たまには中国語で返答する、という構図がオモローイ。

ハリウッド映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」で、北野武だけ日本語でしゃべっている、という構図に似てました。


簡単に出せますからな、国際感。


チャンポン感ですよ、長崎チャンポンみたいな!


そんな人材が、宇宙服を着てパニック状態になる姿が新鮮でした。


ビジュアルは、「エイリアン」とか、よくあるタイプなのですが。

敵がいないんですよね~。

対処すべき問題は「おかしな現象」。


ヘンな出来事!


宇宙ステーションの中で、摩訶不思議なことが起こりまくって楽しかったです。

かつてJ・J・エイブラムスが手がけたドラマ「フリンジ」みたいな味わい。


感じたわい、JJの息吹!


あの人の口臭を!!


最後まで観ると、なんとなく1作目と2作目に繋がりますよ。


2作目を観たときは、謎が多くて難解に見えましたけども。

ついていけるか不安でしたけども。


3作目を観た後だと、割と簡単な設定に感じました。

何でもアリの世界観。


割とバカな世界観で良かった〜。(←ホメ言葉)

 


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。