So-net無料ブログ作成

「ゾンビスクール!」★★☆ [映画日記]

Cooties.gif


製作・主演はウドちゃん!(←イライジャ・ウッド)


ウドちゃんの役は、なんと教師ですよチェリーボーイみたいな顔をして!!


劇中のウドちゃんは、他の教師に囲まれるシーンなどで、体の小ささが目立ってました。

遠目だと完全にお子様。


驚きですよ、これで成人だとは!


これで毛が生えているとは~!!


ウドちゃんの身長は168センチということになってますが。


サバ読み疑惑~!


背伸びしたんじゃないのかな、身体検査で身長を測るときみたいに!!


しかしウドちゃんは、名作映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの主演を張ったお方。


腐ってもホビット!


こんなB級ホラー・コメディ作品でも、目ヂカラを発揮していて、魅力は出ておりました。


そんなウドちゃんと、同僚の教師たちが、小学校でゾンビ化した小学生に襲われまくる、というお話。

「小学生ゾンビが、校内で大人を追い回す図、って面白い」というアイデア1点で押し切っている作品です。


アイデアの「1点もの」ですよ!


ストーリー性は皆無ですが、そんなものは別に期待していないので、まあいいと思います。


ウドちゃんが演じる教師は、ホラー作家になるのが夢という設定でしたけども、そんな伏線が生かされることもなく。


ただの夢で終わった~!


また、他の教師が「夢を失くした者がたどり着く職業。それが教師」みたいなことを言ったのも切なーい。

よく見ると、教師の生き様は描けていたように思います。


教師のヤケクソ魂ですよ!


男子小学生の性格も悪すぎてビックリ。

「先生が体を触ってきた、と親に言う」と、教師に脅迫したり。

スマホで女性の裸を見ていたり。


たちが悪いです、ゾンビ化する前から!


最近の小学生を相手にする教師も大変だと思いました。


小学生ゾンビが数時間で蔓延してしまい、校内に閉じ込められてしまう教師たち。

ゾンビ化の原因を、理科教師がアッサリ解明していて笑ってしまいました。


理科教師役を演じたのはリー・ワネル。

「ソウ SAW」や「インシディアス」の生みの親ですよ。

今回の作品も、理科教師として出演しながらも、製作と脚本を担当しております。

原案もリー・ワネルだったんですね~。


それを踏まえて、作品を思い返してみると、全体的に勢いはありました。

迷いやブレは無かったです。


いいと思う~、バカ一直線で~! 



ゾンビスクール! [Blu-ray]

ゾンビスクール! [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: Blu-ray

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。