So-net無料ブログ作成

「マーティン・フリーマンのスクール・オブ・ミュージカル」★★★ [映画日記]

schoolofmusical.gif


作品タイトルに名前が付いてますよ「有吉弘行のダレトク」みたいに!


冠番組ですよ!!


マーティン・フリーマンが主演した、2009年のイギリス製ミュージカル・コメディ映画ですけども。

今回のマーティンは小学校の教師役。


ガキンチョとの抱き合わせ企画〜!


まずはマーティンと教師ファッションの相性バツグン。

似合うわな、ネクタイ&カーディガン。

屋外ではトレンチコートを羽織って、英国風でありながらも飾らない普段着が良い感じでした。


彼が住んでいる住宅の内装も、ビックリするくらい庶民的。


まるでニトリの売り場みたいなお部屋でした!


今回のマーティンの役柄も、彼が出演した他映画や他ドラマ同様の振り回され系。


弄ばれて輝くタイプなんで!


全編を通して、持ち前の「困り顔」が炸裂しっぱなしでした。


タイトルやパッケージでは気付きづらいですが、この映画ってクリスマス作品なんですよね~。


実は乗っかってんの、クリスマス商戦に!


マーティン扮する教師が、生徒がクリスマスに披露する演劇を指導、トラブルに巻き込まれつつも本番を迎える、という筋書き。

まるっきりドラマ「glee/グリー」みたいな路線なのですが。


採用されている楽曲自体は素晴らしいクオリティですけども。

歌って踊っているのが小学生。


所詮ガキンチョ!


やること全てがド下手すぎて笑う~。

おそるべきユルさのミュージカルを見せられてしまいました。


しかも本番の演劇、長っ。


下手なお歌がフォーエバー!


アンタ、これ・・・。

クリスマス・ムービーだから許される。

舞台も歌もクリスマスがテーマだから、なんとなく「ド下手」を「清らか」に変換できる。


脳みそをフル回転で変換ですよ!


もしもコレがクリスマス・ムービーじゃなかったら、40~50分目で観るのを止めていた。

そう思うと、クリスマスが観る者に与える効果ってスゴいと思いました。


クリスマスという名の洗脳ですよ!


ユルいミュージカル劇でしたけども、劇の中盤で、1人の男児が高所に宙吊りなる、という無茶な演出に驚がく。


こんな映画で命かけんな~!


ユルさの中で、唯一、緊迫感がハンパない瞬間でした。



マーティン・フリーマンのスクール・オブ・ミュージカル [DVD]

マーティン・フリーマンのスクール・オブ・ミュージカル [DVD]

  • 出版社/メーカー: トランスフォーマー
  • メディア: DVD

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。