So-net無料ブログ作成

「完全なるチェックメイト」★★★ [映画日記]

PawnSacrifice.gif


2015年の作品です。

実在したプロのチェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの個性的な人格と、彼が戦った名試合を描いておりますけども。


チェスプレイヤーって、日本に例えれば将棋を職業とする「棋士」に近いのかな、羽生善治さんみたいな!


この映画も「3月のライオン」みたいなもんかもよ!!・・・と、ふと思いましたけども。


もっとクレイジーな世界観になっていたと思います。


劇中で描かれるチェスプレイヤーは、頭の中がチェスのことでいっぱい。

精神的に何かがおかしくなってるんですよね~。


ゆるんでんの、頭のネジ!


常に「盗聴されている」とか言って、妄想がスゴイです。


ボビー・フィッシャーに関して言えば、さらにわがままで、周りを振り回すタイプ。

チェスプレイヤーの周りにいる人が気の毒になりました。


羽生善治さんは、こんな人じゃないと信じたくもなりました。


きっと羽生善治さんは大丈夫。


善治さんは優しくて何でもおごってくれるはず、ジュースでも菓子パンでもでも!・・・と思いました。


チェスプレイヤーは、試合中も、自分の椅子に何か仕掛けられているんじゃないかと疑い、椅子をひっくり返して自らチェック。


なんかもう、自由自在!


そんなチェスプレイヤーの言動も、ほとんどが実話だと思うと、「世の中にはいろんな方がおられる」と、勉強になりました。


ボビー・フィッシャー役を演じたトビー・マグワイアを見たのは、2012年の「華麗なるギャツビー」以来ですけども。

変わらずお若いわな。


童顔男優らしく、今回も、もちろんチェリーボーイ役として登場。


もはや永遠のチェリーボーイ男優ですよ!


ボビーのライバルで、ソビエト生まれのチャンピオン役を演じたのはリーヴ・シュレイバーでしたけども。


最大の敵がリーヴ・シュレイバーというのが、なんかショボいわな。


すぐ勝てそうな気がするし。


しかしリーヴは異国の言葉で演技をしているし、かなりがんばっていたと思います。


ヅラもかぶってましたしね。


リーヴだけに、そのヅラはリーブ21だったのかもよ!


クライマックスは、2人のチェス対戦。

スッと駒を動かし合うという、映画としては地味すぎる見せ場にビックリ。


地味だけど、盛り上がっていないわけじゃない。


白熱してます、シーンとしとるけど!


映画の中で、こんなにも静かな対決を見たのは初めてです。


駒を1つ動かしただけで、脇役が「おお、見事な差し方だ」みたいなリアクション。

ボクちゃん理解できずにキョトンとしたわい。


ドンジャラなら理解できるんだけどな~、ギリギリ!



完全なるチェックメイト [Blu-ray]

完全なるチェックメイト [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: Blu-ray

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 2

sakaya

なんか最近面白そうなの見てますねー。
これはドキュメンタリー番組があってそっちを見ているのですが、半端なかったです、奇人ぶりとエピソードたちが。でも国家の威信を背負っているわけでプレッシャー半端ないんですよね。
トビー・マグワイヤ好きなので映画の方も観てみたいかも。
by sakaya (2017-12-14 02:18) 

のむら

sakayaさん。
この映画にも、ちょっとだけボビーフィッシャー本人の映像が出てくるのですが、変わった感じの人でした。そして、この人、日本人女性と婚姻状態だったこともあるんですね!そのへんも映画の中に取り入れてほしかったな〜。
by のむら (2017-12-15 00:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。