So-net無料ブログ作成
検索選択

「パターソン」★★★☆ [映画日記]

Paterson.gif


これまで、数々の「西洋の粋」を映画で表現してくれたジム・ジャームッシュ監督。


新作はどんなじゃろ?・・・と思って観てみたら。(←「ジャロって何ジャロ?」調で)


主人公は、ニュージャージー州パターソン市で、バスの運転手をしている男性、その名もパターソン。


パタ夫さんですよ!


演じているのは、アダム・ドライバーですけども。


モアイ面のイケメンですけども!


劇中では、ものすごい出来事が起こるわけでもなく。

ちんまい家に住み、「高価なもの」といえば、その値段は2~3万円という、ささやかなすぎる日常。


毎朝、寝坊せずに起きて、まじめに仕事に行くという、地味といえば地味な毎日が描かれているのですがね~。


パタ夫さんの嫁が美人~!


やさしいし、かわいいし、セクシーだし。


これは結構な、嫁自慢映画~!


嫁について残念なところは、創作料理がイマイチ。


旦那のお口に合わぬ!


創作料理になど挑戦せず、普通に豚肉焼いてほしい、味付け塩こしょうで!!・・・旦那もそんな気分なのでしょう。


創作おかずをお口に入れた旦那。


すぐさまお水で胃まで流し込んだわい、水洗便所みたいに!


しかし、そんな食事もまた楽しい、というステキなご家庭ですよ。


そんな夫婦生活を、ちょっとしたアートが彩るんですよね~。


パタ夫さんは詩を書くのが好き。


たしなむんですよ!


まー、いいご趣味でございますわな!!


嫁は、あらゆる家庭雑貨に、色を塗るのが好き。


ペイント妻!


ペンキ妻ですよ!!


嫁が好きな色調はモノクロ。

白いものには、黒い模様を。黒いものには白い模様を、どうしても付け足したくなる性分。


ちょい足しグセですよ!


嫁が塗り上げた雑貨は、どれもオシャレな仕上がりでビックリ。


「アンタ、筋がいいね」と思いました。


パタ夫さんが夜な夜な通うのは小さいバー。

壁に画鋲で差してある、新聞などの切り抜きですら、なんだかカッコよく見える。


大げさでも、高価でもない、ちょっとしたアートと共に暮らす人生っていいよね、と思わせてくれました。


カネは無くとも、うるおいのある人生ですよ!


ベッドの脇に置いてある台の上には、パタ夫さんが軍服を着ているお写真が。

説明はありませんでしたが、おそらくパタ夫さんは元・軍人なのでしょう。


そういえば、ちょっとしたトラブルへの対応が見事だったパタ夫さん。


実は出来る子!


そんなパタ夫さんも、普段はバスで町中を走り、運転席で乗客の世間話に耳をそばだてているという毎日。


そういう点では、ジム・ジャームッシュ監督なりの平和論なのかな、とも思いました。

ささやかな日常の中にこそ粋があり、それは平和が生み出すもの、みたいな。


「西洋の粋」を表現し続けてきたジム・ジャームッシュ監督の、到達点を見た気がします。



Paterson (Blu-ray + Digital HD)

Paterson (Blu-ray + Digital HD)

  • 出版社/メーカー: Universal Studios Home Entertainment
  • メディア: Blu-ray

nice!(6)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 10

karasu

こんにちは♪
のむらさんは絶対パターソンを取り上げてくれるはずだ、とblogがアップされるのを待ち構えておりました~! ありがとうございます。
こんなに自分を全肯定してくれる旦那・嫁がいるのだろうか。ある意味非現実的なファンタジーのようにも感じました…。悟りを開いているかのようなアダム・ドライバーのモッサリ感がたまりません。
by karasu (2017-09-08 15:49) 

stonkovic

黒ヘル、赤いライトセーバー振り回してたはずが、ノートに手書きって。朝ごはんそんだけ?お弁当もカップケーキ?どうやってあの体躯を維持するのか謎でございました。
自由すぎるヨメに耐えかねてポストを倒すイヌが秀逸でございました。
そらペンキくさいよね。
by stonkovic (2017-09-08 19:03) 

内幸町

のむらさん。
ワンちゃんの散歩中に外にワンちゃんを待たせて
飲みに行っちゃうので
犬が盗まれたらどうしようって心配になってしまいました。
バスが故障した時、スマホ持ってないから
子供に電話借りてましたね。
アダムさん海兵隊にいたから
その時のお写真飾ってた?
嫁さん、ギター弾いたり自由ですね。
新宿武蔵野館で見たらめちゃ混んでいて
なんかむし暑いし時々眠くなってしまいました。
でも永瀬さんが出てきて目が覚めました。
by 内幸町 (2017-09-08 21:53) 

のむら

karasuさん。
記事をお待たせしてすみません!全肯定しあっている夫妻・・ファンタジーの世界ですね!もしかしたら、交際3カ月で結婚した新婚さんとかなら、ありえるのかもしれませんが・・。まさしくアダムの役は悟りを開いていたキャラだと思います。例えるなら、都会で派手な暮らしをしていた富豪が、ある日突然、自給自足の山暮らしを始めた・・そんな印象です。

stonkovicさん。
黒ヘルで赤いライトセーバーを振り回していたのは、恥ずかしい過去に思えてしまう作品でしたね!弁当箱はかわいかったですが、確かに中身は少量でしたね〜。大食漢では「つつましい」というコンセプトからズレるから、食の表現は難しいところですね。毎晩、バーで軽食をつまんでいると思うことにします。ポストを倒す犬の演技が素晴らしすぎました。演技指導はどうやったんでしょうね〜。

内幸町さん。
内幸町さんにも「犬を盗まれたらどうしよう」と思わせるところが演出の上手さですよね。こんな静かな内容で、全く退屈せずに最後まで見せるのは、そういう細かい演出があったからだと思います。武蔵野館は小さいスクリーンだったのかな。僕はヒューマントラスト渋谷で観ましたが、客にクドカンがいましたよ〜。(←多分本人だと思う)
by のむら (2017-09-08 22:39) 

sakaya

パタ夫さん観たいな~。でも風邪が悪化~。治るまで上映止めないでほしいです。
パンチの効いた女に寛大な優男ってなんだか現代風味ですが、予告編はどころなくクラシック。面白そう。
非日常の雰囲気を出しながら日常に土台ありの話を書くクドカンさんはこういうのお好みかもしれませんね。
by sakaya (2017-09-09 06:46) 

のむら

sakayaさん。
まずは十分に養生なすってくださいね。この作品、体調が悪いと途中で寝てしまう可能性が・・。とっても、とっても静かな作風になっています。長期間、上映されているといいな。
by のむら (2017-09-09 17:15) 

怪しい探麺隊

「パターソン市のパターソン
 ドライバー役ドライバー」ってスゴイ!!
観たくなりました!!
by 怪しい探麺隊 (2017-09-09 19:27) 

のむら

怪しい探麺隊さん。
観た人はたいてい「ドライバー役ドライバー」って思うところを、今回はわたくしが代弁させていただきました〜。怪しい探麺隊さんにも、今回の作品を気に入ってもらえるといいな。
by のむら (2017-09-10 14:54) 

M

遅めのコメントですみません。やっと観ました~☆ローラのデザイン力、仕事に出来るレベル!美人で優しい理想の妻でしたね。双子の子供の夢をみたの~と話した後に、双子のおじいちゃん、後から双子のおばあちゃんまで出てきて、ちょっとデビッド・リンチ風味。何よりフレンチブルドッグの可愛さに、猫派の私もクラっときました!
by M (2017-09-11 21:57) 

のむら

Mさん。
観たんですね!嫁のデザイン力、カーテンとかオシャレでしたよね。あと、白いタイルに黒い水玉を入れるあたりもセンスを感じました。プロの方が描いてるのでしょうが、いっぺん他の商品も見てみたいですね。双子の場面は、たしかに少しリンチ風味〜。犬は、寝てるところや、おしおきされている姿ですら、かわいかったですね。
by のむら (2017-09-11 23:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。