So-net無料ブログ作成
検索選択

「ハクソー・リッジ」★★★☆ [映画日記]

HacksawRidge.gif

メル・ギブソン監督作ということで。

かなりの野心作だと思い、身構え、覚悟を決めて客席で待っていたのですが「まな板の鯉」みたいに!

観てみたら、思ったよりも優等生な出来映え~。

いかにもアメリカ的な感動作に仕上がっていたと思います。

これは喜びますよアカデミー賞の審査員も!

時代は第2次世界大戦ということで、戦闘シーンはすさまじかった~。

普通はここまで過激にやんない。

普通は誰かが止めますよ「アンタやりすぎ」と。

頭、ハタかれますよ!

ここまでグチャグチャにして見せたのは、さすがメル・ギブソンというところでしょうか。

誰もメルギブには文句は言えなさそうですしね、殴られそうで!

しかし、それでいいと思いました。

敬虔なキリスト教徒デズモンドが「人は殺さない」という信念のもと、戦地では衛生兵として多くの兵士を救出した、という実話を元にした脚本になっております。

信念を持つことが個性的に見えすぎたのでしょう。

訓練所にて、デズモンドの存在は浮いていた。

ヘンな子扱いですよ能年玲奈ちゃんみたいに!

・・・そんな場面がかわいそうでした。

同時に「人を殺すより、殺さない方が罰せられる」という矛盾もあぶりだされて、反戦メッセージもいい感じ。

そんなゴタゴタした中で、デズモンドが衛生兵になれたことが奇跡にも思えます。

なんとなく数奇~。

ミラクル兵士〜!

戦地でデズモンドが人を救助する場面も、神様とお話しながらの作業。

このお話、全体的にちょっと神ってる!

キリスト様がいらしてんの!!

戦う相手は日本軍。

劇中でデズモンドは、日本兵も助けたことになってますが、本当かな?

ホラ吹いてんじゃ?!

いや、「実話」って言ってるんだから本当なのでしょう。

だとしたら、戦争中、しかも戦地でそれが出来たって、すごいことだと思いました。

人助けに国境も敵味方もない、っていうことで。

戦争映画でありながら宗教色が強いところが特徴だと思います。

思想ひとつで殺し合いが無くなる、っていう点。

思想で戦争も無くなるのでは?・・・という問いかけも素晴らしいです。

気の持ちようなんですよ!

宗教とは関係なく、一体「殺すこと」や「戦争」の根本って何なのだろう、と考えてしまいました。

デズモンド役を演じているのはアンドリュー・ガーフィールドですけども。

「沈黙-サイレンス-」と「ハクソー・リッジ」の2作に連続主演って、心理的にも相当キツそう~。

どっちも敬虔なキリスト教徒で、どっちも日本人から痛い目に遭わされてる役ですし。

アンドリュー、アンタ絶対、日本が大嫌いになったと思う~!

見るのもイヤでしょうよ、ツリ目のアジア人の顔なんて!!

どうにか日本を好きなってほしいヒュー・ジャックマンみたいに!・・・と思いました。

訓練所にて、デズモンドに対して「辞めちまえ、役立たず」みたいな嫌味を言っていた上官役がサム・ワーシントンなのですが。

終盤では、さすがにデズモンドに謝っておりましたな。

サム・ワーシントンが謝ることによって、物語もスッとまとまったように感じました。

よく効いてましたよ「謝罪ジメ」!

しかし、謝り方が「メンゴ」程度て!!

ちょっと甘いと思う~。

土下座謝罪会見でもしてほしかったです。



Hacksaw Ridge [Blu-ray]

Hacksaw Ridge [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Lionsgate
  • メディア: Blu-ray

nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 4

ネスカフェ

のむらさん

私も2回、見ましたよ。初回はあまりの凄さに、2回目は娯楽映画として空きのない完成度に圧倒されました。特に前半の展開が修羅場と言える戦場での行動の伏線になっていくあたりはさすがでしたね。本当に無駄な描写が一つもなく、メッセージとエンターテイメント性がじっくり味わえる完成度の高い作品だと思います。

あんまり突っ込みどころがないかなと思いきや、ドス=のんちゃん説には笑いました。出兵する前のドスさんってもろ天然系ですもんね。奥さんもその辺に惹かれたのかな?あと戦場でのシーン、死体を被って難を逃れるシーンで、死体役の人がピクピク動いてましたね。その辺は現実に戻ってちょっとほっこりしました。

by ネスカフェ (2017-07-02 19:11) 

のむら

ネスカフェさん。
2回も観たんですね!いただいたコメントで気付きましたが、言われてみれば、前半のトレーニング場面が、後半の伏線になってましたね。ひもの結び方までも。奥さんとの馴れ初めがやけに詳しく描かれてましたけど、エピローグでの「彼らのその後」に繋がっていたのだろうと思います。死体がピクピク動いていたのは気付きませんでした〜。くすぐったかったのかな。
by のむら (2017-07-02 23:59) 

みな

私も戦闘シーン、力入れててすごいなー!って思いました。
足が吹っ飛ぶシーンを1回で終わらせない辺り、「この後の人生でハンバーガー食べれるかな。食べる度に思い出しそう」って思いでいっぱいでした。

ワーシントン上官より葉っぱ隊顔負けの真っ裸口ひげ兵士がお気に入りになりました。
by みな (2017-07-06 00:24) 

のむら

みなさん。
足が吹っ飛んだ映像、多かったですよね〜。僕も、焼肉屋でお肉を頼んで、出てきた皿を見るたびに思い出しそうです・・。はっぱ隊顔負けの兵士、とっても楽しくて良かったですよね!出てきたあたり、裸なのに上官から無視されて、笑ってしまいました。ホッとできたひとときでした〜。
by のむら (2017-07-06 23:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0