So-net無料ブログ作成
検索選択

「おとなの恋の測り方」★★★ [映画日記]

otonanokoi.gif

おフランスの作品ですけども。

ヒロインが落としたスマホを、見知らぬ男が操作。

そのスマホからヒロインの自宅に電話がかかってくる場面から始まるラブストーリーです。

スマホにロックをかけていたら始まらなかった物語!

甘いセキュリティ意識が、甘いラブストーリーを生んだわい!!

ヒロインが電話の男に会ってみると、彼は身長136センチだった・・・という展開。

愛は身長差を越えることができるか?・・・という、難しくないテーマなんですよね~。

メディ調だし、これは誰でも気軽に楽しめますよ。

ちいさい彼の名はアレクサンドル。

サンダルとは違いますから、便所サンダルとは!

アレクサンドルは誰からも好かれる人柄、という設定が素晴らしい~。

しかも顔もいいし、カネもある、っていう・・・。

アレクサンドルのキャラクターに、ちょっとした「夢」があるんですよね~、アイドル的な。

「ちょい足し」されてるんですよ、アイスクリームに醤油をちょい足すみたいな!

そんなところもエンターテイメントだな~、と思いました。

アレクサンドルの息子は長身で、モデル体型のイケメン。

性格もいい子でビックリ。

ああ、おフランスの男子界にはチンピラはいなんでしょうか?!

息子の存在は、アレクサンドルの身長が遺伝的なものではないことを物語っておりました。

顔と性格の良さだけは遺伝で受け継がれている、ということも物語るし。

あの息子は、なかなか深い役だったと思います。

アレクサンドルと、ヒロインの元夫との対立も楽しい~。

小さいアレクサンドルが椅子に座っていることが分からず、彼の上から元夫が座ってしまった場面では爆笑してしまいました。

あれじゃあ座布団男だわな!

中盤以降の筋書きはお決まりの「偏見と戦う」パターンで若干残念なのですが。

冒頭から中盤までのノリの良さは最高~。

「彼の才能は、頭ひとつ抜きん出ている」「小さいのは私の器のほう」など、「チビ」にちなんだ名言も炸裂。

チビ慣用句ですよ!

「チビ」ネタとは無関係ですが、ヒロインが見せた「美容整形」という顔芸も、完成度が高すぎて笑ってしまいました。

あの場面だけユーチューブに上げたら、アンタ、ユーチューバーになれますよ、ユーチューバーの意味もよく知らんけど!

小さいアレクサンドルは、たいていが合成映像で表現されていて、ビジュアルも面白いし~。

そのうちハリウッドでリメイクされそうな勢いを感じました。

リメイク臭がツンときたんですよ、生わさびみたいに!

ジョージ・クルーニーが20年若けりゃ、アレクサンドル役もやれたと思う~。

日本でパクるのは難しいかな、炎上しそうだし。

もしも日本でリメイクするとしたら・・・。

吉本新喜劇の池乃めだかさんでお願いしたいです。



nice!(6)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 9

sakaya

trailerだけ見てきたのですが、おじさんの小ささが絶妙にかわいい~。しかも素敵な方をチョイスしているという。面白いですね。
フランスはこういうのうまいですね。ハリウッドもありかもだけど偏見との戦いがガチメインになりそうな予感が。

私も日本で作ると炎上確実だと思うんですが、フランスOK→ハリウッドヒットとなると「世界でイケてるから」ってことでリブートかパクリ作れちゃいそうな。
日本はそういうところありますよね。なんだかなー。
by sakaya (2017-06-28 05:32) 

のむら

sakayaさん。
ハリウッドを経由してからのパクリはあるかもしれませんね。フランスって「最強のふたり」もそうでしたけど、こういう繊細なネタをスパッとサッパリと映画化するのが上手いですよね、お国柄なのかな。今回、おじさんの顔がハンサムだし、かわいらしさも絶妙というアレンジが良かったと思います。まずは、観客も、おじさんを好きにならないと始まりませんしね。
by のむら (2017-06-28 23:19) 

内幸町

のむらさん
私も観ました。
アレクサンドルにセーターをプレゼントするのに
子供服のお店に行って買ったら
その後、同じセーターを着た子供に会っちゃったり
アレクサンドルが椅子に座る時、座り方がかわいかったですね。
アレクサンドルの息子が大きくてカッコよかったです。
家に帰ると走ってくる犬も可愛かったですね。
元旦那と卓球で勝負するとか言ってましたね
観たかったな。卓球で勝負するとこ。
https://www.youtube.com/watch?v=UfWgMOwJ-V8
あの歌もお気に入りになりました。

大人の恋の測り方もジーサンズも面白かった。
by 内幸町 (2017-06-30 22:26) 

のむら

内幸町さん。
観たんですね!アレクサンドルは、座ったとき足が下に付かない、というのが基本なんですよね〜。ああいうところが子どもっぽい印象で、かわいらしく感じるんでしょうね。言われてみれば卓球勝負は無かったですね〜。僕もあのオープニングテーマ曲、いいなと思いました。作品イメージとピッタリですよね。
by のむら (2017-06-30 23:37) 

ちびまま

実はワタクシ目、アメリカで同じ様な体験をしましたわい。ちょうど永住ビザが欲しかった時で、友人の紹介で某銀行の頭取という方とお見合い?での初対面。レストランで最初に会って相手が立ち上がったら、なんとワタクシ目よりかなり小柄で(私自身かなり小柄体型)-(笑) やっぱり駄目でございましたよん。やっぱ顔だけじゃあねぇ。
by ちびまま (2017-07-01 21:38) 

のむら

ちびままさん。
なんと、頭取とお見合い的なことをされたんですね!映画の中でも「女性には理想の男性がいるもので、それはチビではない」っぽい表現があったと思います。やっぱり現実的には、理想が備わった男性でないと、交際は無理なんでしょうかねぇ。もしもちびままさんが頭取と結ばれていたら、彼のハンドルネームは「ちびぱぱ」になっていたのかも〜。
by のむら (2017-07-01 23:02) 

stonkovic

これ、アレクサンドルがチャーミングだから成り立ってますが、
ヴァンサン・カッセルが小さいおっさんだったら怖すぎて成立せんわなーと思いながら観ておりました。
ジャン・デルジュダンは、恋愛モノの映画にひっぱりだこですねぇ(しょっちゅう見てる気がします)
by stonkovic (2017-07-04 12:40) 

stonkovic

あ、↑ジャン・デュジャルダンだった。
おフランス語読みづらいー
失礼しました

by stonkovic (2017-07-04 12:43) 

のむら

stonkovicさん。
ヴァンサン・カッセルが小さいおじさんだったら怖いですね〜!なんか蹴らそう、本気で。ジャン・デュジャルダンて、僕はあんまり最近見ない顔だったのですが、へ〜、いろいろ恋愛映画に出てるんですね。彼も45歳だから、ロマンチックな役は今のうちなのかも〜。
by のむら (2017-07-04 21:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。