So-net無料ブログ作成
検索選択

「キング・アーサー」★★★ [映画日記]

kingarthur.gif


主人公は有名なアーサー王。

日本名を付けるとしたら朝雄さんでしょうか?!

冒頭から、巨大怪獣サイズの象さんが出てきてパオーン!

まるで動くビルですよ、ビルヂング!!

ド派手なCG映像を組み込んで魔法と剣の世界を描いた、ファンタジー・アクション大作に仕上がっているのでした。

残虐だったりセクシーな場面は一切ナシ。

ポロリもナーイ!

なんとなく、中国市場を狙ってるような作風ですけども。

監督はガイ・リッチーなんですよね~。

「あ~あ、ガイ・リッチーも中国市場に魂を売ってしまったんか。そんなに銭が欲しいんか?!元妻マドンナに払う慰謝料、まだ足りんのか?!」と、残念な気分で観始めたのですがね~。

なんと、こんなバカみたいな映画の中でも、ガイ・リッチーの個性は消えていない。

残ってんの、しぶとく!

襟元のしぶとい汚れみたいに頑固!!

幼少のアーサー王は売春宿で育てられ、悪そうな仲間とつるんで商売しながら成長するというあたり、ガイ・リッチーの持ち味であるストリート感覚が生きている。

かつて手がけた「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」や「スナッチ」みたいな、小粋なチンピラ・クライム映画の風味が出ております。

チンピラの臭みが、たまらん!

出演している男優陣も、詳しく知らない人ばかりなのですが。

子役も含めて、イギリスとかスコットランドとか、あのへんに住んでそうな庶民面がズラリ。

見事なヨーロッパのシズル感!

男選びもお上手なのでした、紗栄子並みに!!

お得意のスピード感あふれる「スタイリッシュ編集」も炸裂して、商業映画に自分の個性を完璧に乗っけております。

乗るのもお上手、ひかれたレールに!

もうこの監督、完全にハリウッドでの生き方を分かっているな、と思いましたけども。

監督の個性が強いせいで、中国客を魅了するには、少しクールで辛口な味わいのような気もします。

わずかに時間軸をズラす「ちょい回想」という編集テクも、ボクちゃんは好きですけども、中国市場だと難しく感じるかもしんない。

ちょっとゴチャゴチャした印象になるしね、みかんの皮茶筒が散らばった茶の間みたいに!

主人公アーサーを演じたチャーリー・ハナムのフンイキは、ブラピとチャニング・テイタムを足したような感じ~。

略して「ブラッチャ」という感じ~。

宿敵の叔父役はジュード・ロウが演じているのですが。

冒頭で見せた若かりし頃の姿では、当然のように毛髪は増量キャンペーン実施中!

ついつい生え際に目が行ってしまってすみません。

「CG映像が発達した現代においても、その生え際だけは明らかに不自然」と、ついつい思ってしまって、すみませんでした!!


King Arthur: Legend Of The Sword

King Arthur: Legend Of The Sword

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Classical
  • 発売日: 2017/05/05
  • メディア: CD

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。