So-net無料ブログ作成
検索選択

「グレートウォール」★★★☆ [映画日記]

greatwall.gif

観ましたよ、「グレートウォール」だか「グレート義太夫」だか何だかを!

なんと、万里の長城を舞台にした、歴史アクション・ファンタジー超大作ですよ。
主題歌が「万里の河」byチャゲ&飛鳥じゃないのが残念~!

主役はマット・デイモンですが、その他ほとんどのキャストが中国スター。

きっと中国のオールスターが集結しているのだと思います。

中国の「オーシャンズ11」みたいな人たちですよ、多分!

まーね、アンディ・ラウ以外は知らない人でしたけども。

アンディ・ラウといえば、代表作は「インファナル・アフェア」。

「インファナル・アフェア」のハリウッド・リメイク作「ディパーテッド」に出演していたのがマット・デイモンということで。

「グレートウォール」で、ついに2人のインファナル男優が出会った~!

共演場面ではグッときてました。

CG映像をふんだんに取り入れたハリウッド・スタイルの作品ですけども。

セットや衣装のデザインが、いちいち中国っぽくて新鮮~。

万里の長城に仕込まれた、いろんな巨大武器も斬新でカッコいい~。

外壁から巨大ハサミが出てきたときは度肝を抜かれたわい。

外敵をチョキンとチョン切んの、大根でも切るみたいに!

アクションも、いかにも中国ぽいアクロバティックなもの。

何もかも大迫力。

何もかもが怒涛~!

バンジーみたいに、紐1本で壁の上からジャンプして、宙づり状態のまま槍で敵をつつく、という、度胸試しにも程がある戦法にもビックリ。

ジャンプチームは女性のみで構成されていて、たしか「鶴軍」だか「鶴団」だかと呼ばれてました。

とにかく鶴ちゃんですよ!(←片岡鶴太郎かい)

その女子ジャンプチームの戦力は、ほとんど役に立っていないところがせつなかったです。

あの子たちは中国の「スーサイド・スクワッド」でした!

終盤では、主要キャラが、材木と布を組み合わせただけの、雑すぎるにも程がある乗り物で長時間も空を飛びました。

グラグラしっぱなしで、座る場所もナーイ!

「アンタそれ、女性とかおトイレどうすんの?!」と思いました。

ありゃあ漏らすしかないわな、お空の上から!

降らすしかないんですよ!!

監督は、なんとチャン・イーモウなんですよね~。

イーモウ作でいえば「HERO」「LOVERS」方面の演出法だと思うのですが。

エレガントな要素は排除気味。

話の運び方も雑な感じで、派手でテンションが高い場面を次々と繰り出して、今回はライトな客層を狙ってきた感じです。

こんなイーモウは初めてです!

若干の「魂を売った感」がありましたけども。

それでも、西洋の監督には決してだせないデザインセンス、色彩センスがあって良かったです。

この世界観、もっと丁寧に描いてくれたら「ロード・オブ・ザ・リング」みたいなステキなファンタジーになれたかもしれないから、なんだか惜しかったです。

ウィレム・デフォーも出ているのですが。

本当に不要~。

デフォー、不要~!

お名前だけいただいた感じでした。


nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 7

keyboardcat

そうですか。やっぱり見なくってよかったです。予告編見て嫌な予感しましたから。
by keyboardcat (2017-04-23 00:45) 

怪しい探麺隊

だいたい分かったような気がします。
「若干の『魂を売った感』」と言われて逆に少し観たくなりました...
今さらだし、どうしようかなぁ....
by 怪しい探麺隊 (2017-04-23 02:46) 

のむら

keyboardcatさん。
普通に楽しかったですよ〜。米国人が、このチャイナテイストのアクション作品を観て、どんな感想を持つのか気になってます。

怪しい探麺隊さん。
映像が迫力満点なんですよ〜中身はあんまりないけれど。映像を観るだけでも楽しめると思います。ぜひぜひご覧になってくださいね。
by のむら (2017-04-23 19:04) 

ネスカフェ

のむらさん

私も見ましたよ。いやー楽しかった^_^対怪物というシンプルな粗筋に攻防戦、空中戦と手を変え品を変え、展開していく所がよかったですね。相棒が✕✕したり、怪物が✕✕だったりと意外な展開もあって面白かったです。人が襲われるシーンなどにグロさがない所も良かったですね。

そういえば見ていて「この映画、どっかでみたな」と思ったら「ワールドウォーZ」でした。で、エンドクレジットを見たら、原作が同じ人でした^_^あと脚本に「ボーン」シリーズのトニー・ギルロイも参加してましたね。あの中盤で官僚が幅を利かせるとことか彼のアイディアでしょうか。

出演陣ではマット・デイモンがいいですね。この人、「イケメンのジミーちゃん」という感じで過大評価ぶりや健全な演技派志向があまり好きではなかったのですが、実に渋くてヒーロー然としていてカッコ良かったですね。初めて好きになりました。ヒロインの景甜も凛々しくてカッコよかった^_^時折、魅せるツンデレぶりが可愛かったです。(この辺はチャン・イーモウは上手い)怪物と戦ってもメイクはいっさい乱れないという見事なまでの美女ぶりも見事でした^_^。「キングコング」にも出てましたから昇り龍なんでしょうね。
by ネスカフェ (2017-04-23 22:35) 

のむら

ネスカフェさん。
観たんですね!なんと、原作があるんですか?!たしかに「ワールドウォーZ」に似てるかも〜。そして、あのヒロインて「キングコング」の、あの子なんですか!!これはビックリ。全然違いますね、「グレートウォール」の方が断然良いです。おっしゃるとおり、あのヒロインはどこかアニメ調で、絵になるしマニアにもウケると思います。今回のジミーちゃんは、どこかボーンシリーズに通じるものがありましたね。白なのか黒なのか分からない、やや謎めいた人物像にしているところが良かったです。
by のむら (2017-04-24 00:16) 

ネスカフェ

のむらさん

原作というか原案に「ワールドウォーZ」の原作者に関わってますね。ヒロインはジン・テイエンですね。こちらに記事がありました。
http://www.cinemacafe.net/article/2017/03/20/47943.html

ネットで探しては見たのですが、あまり記事はないですね。これからどんどん増えるのでしょうけど。

ところでジミーちゃんこと、マット・デイモンはジミー・キンメルとの泥仕合で有名なのですが、今度はどういじられるか楽しみですね。
その顛末はこちらに載ってます。爆笑なので是非読んでみてください^_^↓
https://togetter.com/li/1053720
by ネスカフェ (2017-04-25 00:06) 

のむら

ネスカフェさん。
あのヒロイン役の子、パシフィックリム2にも出るんですね!ここまで一気に中国女優が売れるのも珍しいですね。マットとキンメルの戦いの歴史って、こんなにも古かったんですね!いろんなリンクをありがとうございました。今後の展開も楽しみです。
by のむら (2017-04-25 19:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0