So-net無料ブログ作成
検索選択

「パッセンジャー」★★★ [映画日記]

Passengers.gif

航海中の宇宙船内では、カプセル内で人々が冬眠中。

数十年間も爆睡!

どうするんでしょうか、尿意!!

年寄りとか、夜中に便所に行きたがるけど、なんべんも。

便所あんのかな、あすこ!

そんな船内で、予定より約90年ほど早く目覚めてしまった男女2名。

目覚まし時計が鳴る寸前に起きちゃうタイプでしょうか?!

・・・そんな2人を描いた、SFラブ・アドベンチャー作品です。

いや~しかし、クリプラってさ~!(←クリス・プラット

一体いつから、こんなに男前になったんでしょうね~。

昔はただのデブタレントだったのにさ~内山くんみたいな!

主人公を演じているのがクリプラで、相手の女性役はジェニファー・ローレンスなのですがね~。

ジェニファー・ローレンスより、クリプラの魅力が勝っているという、この感じ・・・。

劇中でのクリプラの役は「キモいクソ野郎」のはずですが、そうは見えづらい。
むしろピュアに見えたところは、クリプラの力量だと思います。

ホントあの人、天然素材~!(←「天然」扱いかい)

そして西洋の映画スタッフは、宇宙船の描き方が上手いわな。
設計が垢抜けている。

ああいう宇宙系のデザインは、アメリカ製が一番だわな。

米国人は月に行き慣れてるし、宇宙人にも誘拐され慣れてっからね!

そんな宇宙船が、まさかの沈没危機に陥る展開に。
しかし危機感は薄いわな。
メカあたりのリアリティは重要ではないと思われます。
コンセプトは「パニック映画」じゃありませんからな。

美女は倫理を越えて「キモいクソ野郎」を愛せるか?!・・・っていうところに重点を置いていているところが良かったです。

劇中のシチュエーションには「タイタニック」的なダイナミズムもあれば、「アビス」的な閉塞感もある。

「眠れる森の美女」や「美女と野獣」的なロマンチックな部分もある。

「男」要素と「女」要素が適度に組み込まれていて・・・素晴らしかったです「おネエタレント」みたいなバランス感が!

実質2名で回しているお話でしたけども、意外なほど楽しめました。

ジェニファーも、感情的な演技をするとさすがに魅力的。

キレた方がウケるんですよ、デヴィ夫人みたいに!

ジェニファーは白水着も着用してサービス満点。

なんたって、ジェニファー・ローレンスが宇宙服を着て宇宙空間に飛び出した、という場面がレア。

まさかの「ジェニファー・ローレンス出撃!」ですから。

そしてジェニファー・ローレンスの役名はオーロラ・レーンですよ。

趣きがありましたよ、ボウリング場みたいなお名前で。


Passengers (2016) - Blu-ray/UltraViolet

Passengers (2016) - Blu-ray/UltraViolet

  • 出版社/メーカー: Sony Pictures Home Entertainment
  • メディア: Blu-ray

nice!(11)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 11

コメント 8

ネスカフェ

のむらさん

私も本日見てきました。いやー結構楽しめました。✕✕の登場シーンはさすがに笑いました。「結局つじつま合わせかい!」と一人で突っ込んでました。

個人的にはジェニファー・ローレンスがよかったですね。凛とした感じが素敵で、クリプラさんとのロマンスや終盤のアクション等様々な彼女がみれて楽しめました。特に真相を知った時のあの般若の顔が印象的でしたね。ドレスからビキニまで着せ替えも眼福でした。

しかし、見ていて感じたのは成功した人間とそうでない人間の暮らしぶり。ジムはゲームなんかの娯楽でダラダラ過ごして太って鬱になるけど、オーロラは体を鍛えて執筆するなど自己管理はしっかりしてるんですよね。成功する人間は人間の質が違うのだとまざまざと描写されていて、ダラダラ派な私としては非常に耳が痛い映画でした^_^
by ネスカフェ (2017-04-01 23:27) 

のむら

ネスカフェさん。
観たんですね!言われてみれば確かに、成功者の方は自己管理がちゃんと出来てましたね。全く違うタイプの2人、ということを、そんなところでも表現していたんですね〜。ジェニファーローレンスの般若面は見事でした。ああいう演技が彼女の持ち味ですよね〜。同時に、好いた女性にあんな顔される男性が気の毒になりました。なんとも切ない般若面でした。
by のむら (2017-04-02 17:26) 

内幸町

のむらさん。
私も昨日マリオンで見てきました。
映像が綺麗ですね。
ジェニファーの水着姿綺麗でした。
壇蜜にも着せたいですね。あの水着。
バーテンダーがよけいな事を話すから
バレちゃったじゃないか。
毎日あんな豪華な食事を食べて飽きないんでしょうかね。
どんどん太りそうです。
クリスプラットってどうやって痩せたんだろう
WANTEDに出ていた時、太ってたような。。
最後、緑がたくさん出てきて
アンディガルシアがちょっと映ってた??
https://www.youtube.com/watch?v=T5AdquDjiyE
by 内幸町 (2017-04-03 23:24) 

のむら

内幸町さん。
アンディガルシア、数秒の出演で、おいしい役どころでした。出てきたとき「アンディガルシアに似てるな」と思っていたら、まさか本人だったとは〜。あんな宇宙船を作る技術があるのに、バーテンダーの人工知能は冴えてませんでしたよね〜。
by のむら (2017-04-03 23:39) 

ちびまま

たまたま飛行機の中で見たんですが、最後の方は爆睡(笑) それにしても元々は目的地まで寝てればいい設定なのに、ジェニファーちゃんやたらとっかえひっかえ着替えてましたね。全員分の洋服収納設備は無かったと思うけどー謎です!
by ちびまま (2017-04-07 00:04) 

のむら

ちびままさん。
観たんですね!ジェニファーローレンス、いろんな服が似合ってましたね〜。たしかクリスプラットの方は「服は船内の売店から拝借した」みたいなことを言ってたような。ジェニファーの方も、お店の服をくすねたのかも。万引きシーンも見てみたかったですね。
by のむら (2017-04-07 23:16) 

ちびまま

そっかぁ~ 目的地で着るための洋服だったんだ。我ながら
英語版で見てたのでききのがしたかも。でも全員分ならサイズも取り揃えてデパートなみにズラーっと服やら日用品やらが並んでるショップの場面があっていいですよね。100年位たっても劣化しない技術もあるかな? 昔有名なSF映画で遠い先の未來を描いているのに男性がネクタイしてて、さすがにそれは無いだろうに、と思ったことが。想像力の限界なのか、人間はそれほど変わらないと言うことなのかー 相変わらす細かい所が気になります。
by ちびまま (2017-04-08 09:07) 

のむら

ちびままさん。
そうそう、近未来を描いた映画でも、男性のファッションはスーツ&ネクタイが多いんですよね〜。女性服は、歴史ものとSFなら、全く違うデザインになるのですが、男性のファッションって歴史ものからSFまで、あんまり違いがないと思います。女性は時代によって生き方が変化しますが、男性の生き方はどの時代も「勤める」が基本で、そう変わることもないから、それが要因かな。
by のむら (2017-04-08 16:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0