So-net無料ブログ作成
検索選択

「わたしは、ダニエル・ブレイク」★★★ [映画日記]

IDanielBlake.gif

主人公のダニエル・ブレイクさんが気の毒~。

彼は初老の元・大工。

「exカーペンター」ですよ!

病のせいで仕事が続けられないから、どうにかして国から援助金をもらおうとするお話です。

なんと、見せ場はお役所とのやり取り。

もはやお役所映画!

タイトルは「わたしは、役所広司」でいいかもよ!

お役所でのダニエルさんは、マニュアル通りの冷たい対応をされて、適当にあしらわれんの。

ああ、受け流されていくおじさん!

お役所からは、援助する気が全く感じられないんですよね~。
この作品は、お役所での手続きが、いかに民に対して劣悪で、効率の悪いものかを細かく暴いてくれますよ。

ワテらにチクってくれんの!

上品な佇まいで知的に訴えてくる暴露映画なのでした!!

まーね、おそらく援助金をもらおうとする民の中には、悪意のある者もいるのでしょう。
そんな人の扱いを重ねていくうちに、お役所での対応は威圧的になり、各種手続きも複雑になっていったのかもしれません。

しかし、手続きをする人の中にはダニエルさんみたいな、真面目にコツコツ働いてきた善良な民もいる。
病気で困っている人もいる。
そんな民への情けを忘れちゃいけませんな~、お国は〜!

困っているのはダニエルさんだけではありません。
お役所で知り合った貧乏シングルマザーのケイティが、ダニエルさん以上にかわいそう~。

ケイティは、いっつも腹をすかせとる。

「腹すかし美人」ですよ!(←「見返り美人」調で)

日本名は「原・ぺ子」でいいかもしんない!!

ケイティの子どもの面倒を見たり、自宅を修復してくれる優しいダニエルさんに晩ごはんをふるまうケイティ。
「私はおなかいっぱいだから、どうぞ食べて」とパスタを差し出したわい。

ゆであげたわい、麺!

自分はおなかペコペコなのにねぇ。
義理を通したんですよ、この子!

これこそ貧乏人のプライド。

「心は錦」ですよ。

その他もろもろ、ケイティのバラエティに富んだひもじいエピソードがせつな~い。
わかるよケイティ。
つらいよね、貧乏は。

泣かされたわな、あの子には!

そんな感じで、生活弱者同士の助け合い場面が美しいです。

そして、関わる人の中にも、彼らを助ける人がいる。
また「お役所が使えない」という意見に賛同してくれる人もいる。

アンタ1人じゃないよ、おじさん!・・・と思えるところが救いだし、また希望だと思えました。

わたくしたちとお役所との戦いは死ぬまで続くんですよね~。

心構えをしておいた方がいいかもよ、「あなたが、ダニエル・ブレイク」になる日が来るかもしれませんからね。



nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 6

sakaya

地味~なケン・ローチ作品で劇場まさかの満席でした。ご時世なんですね。
私もケイティの汚れエピソード集に涙してしまい、汚れアワードあげたいくらい。
あれ結構出費かさむんですよ・・・リアルでした。
全編通して「そんなぁ・・・」という話でしたが、他人事じゃないですよね。
隣人って大切なのかなあとも思えるお話でございました。
by sakaya (2017-03-29 04:40) 

M

フードバンクのシーンが強烈でした。シングルマザーの切実さが伝わってきて…よく考えて結婚しなよ!って言いたくなりました(余計なお世話)。ケン・ローチ、役所に何かムカつく事でもあったんでしょうか!?引退宣言を撤回するほどに!!
by M (2017-03-29 15:50) 

のむら

sakayaさん。
僕が観た劇場も、ほぼ満席でしたよ〜。ケイティのネタは、どれもかわいそうでしたよね。スーパーの支配人が、意外といい人で良かったです。そして隣人ネタを入れているところが特徴ですよね!あれは「近くにいる人が気付いて助け合いましょう」というメッセージに見えましたよ〜。

Mさん。
フードバンクの場面、僕も衝撃でした〜。「アンタ、そこまで限界かい?!」と、相当気の毒になりました。ケイティの娘が「フードバンクのことをクラスメイトに知られて」とイジメられていることを告白する場面も悲しかったです〜。ケンローチ、明らかにお役所でムカつくことがあったのでしょう。お役所の場面は相当念入りでしたよね。


by のむら (2017-03-30 00:04) 

LOLA

昨日こちらにお邪魔して、即新宿武蔵野館、チケット予約しました。
完全に満席、始まるまでスマホを取り出して時間潰しみたいな人は皆無。「観るぞ!」の気合が充満してました。
冒頭の映像無しでの役所の人とのやり取り、近いものに同席したことがあってリアルだったー。あの女性の訛りさえ、憎たらしく聞こえましたね。
私もフードバンクのとこなど「えっ?」とか「うぅぅ!」となったシーンがいくつかあり、救われるシーンもあり、何より普段あまり意識ない「尊厳」について考えた。
明日は我が身、だけどあんな感じでいられるかどうか。
しばらく考えそうです。
by LOLA (2017-03-30 09:42) 

sakaya

ちょうど昨日お役所に行く用事がありまして、番号札でたらい回されてきました。
手続きはできたんですけど、変な動悸が・・・やっぱり手続きは機械的で、長時間じゃなくても疲れました。
今日は仕事もなくゆっくりお休みです。映画が身に染みる体験でした。
by sakaya (2017-03-30 10:36) 

のむら

LOLAさん。
僕も新宿武蔵野館で観たのですが、同じくお客さんの気合いを感じましたよ〜!始まる前、付近の席の人が、前列のお客さんに「帽子取ってくれますか(観づらいんで)」と注意してましたし。映画ファンにとっては、あそこは良い環境だと思います。劇中では後半にもなると、あんなにチャキチャキしていたダニエルさんも疲れ果て、女の子の訪問にも対応しきれてませんでしたね。お役所がテーマで「尊厳」を考えさせてくれるって、なんかスゴいですね〜。

sakayaさん。
なんとお役所に行ったんですね、タイムリー!僕も最近お役所に行く機会がありますが、きっと職員のみなさんに罪はないと思うのですが、どういうわけか手続きとか面倒なんですよね〜。何か足りずに、出直すことになったりして…。あとは、夜8時くらいまで開いてると助かるんだけどな〜。お疲れさまでした、また明日からお仕事がんばってくださいね。
by のむら (2017-03-30 21:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。