So-net無料ブログ作成

「モアナと伝説の海」★★★ [映画日記]

moana.gif

ディズニーのアニメ・ヒロイン作品ですよ。

「アナ雪」の後は「モア海」ですよ!

モアナは島に住んでいて、村のお姫様的な存在。

村一番の女!

そんなモアナが、村を救うために海に1人で旅立つ、という展開です。

まずは「アナ雪」みたいな女子っぽさが無くてビックリ。
モアナが海の上で冒険するという「海洋アドベンチャー」の構図で、ときどき1人で「自分とは何か」と問いかける物語。

自己啓発的なテーマなのでしょうか。
登場キャラクター数も少なくて、ディズニー・アニメにしては珍しいほどの孤独色。

これではキャラクター商品化する材料も少ないと思います。

ぬいぐるみ化ができそうなキャラは、せいぜい出番が約2分の豚くらい。

頼りですよ、豚肉頼り!

旅の途中でモアナは伝説の英雄マウイに出会って、行動を共にしますけど。
もしかしたらマウイはモアナが見た幻だったのかも・・・。
そんなふうにも思えて、興味深かったです。

海の上でご先祖の霊たちに出会う場面でも涙出た〜、南国のお盆って感じで~!

鑑賞中は、トム・ハンクス主演の「キャスト・アウェイ」を思い出してしまいました。

ビジュアルはかわいいアニメだけれど、男くさい映画だと思います。

オッサンの枕の臭いがしてくるディズニー・アニメでした!

男女間のラブストーリーも一切無いんですよね~。

誰も抱かれたがらんの!

性別を排除して、それよりも奥にある、真理とか精神を描こうとしているのかもしれません。

そして音楽は、さすがのクオリティ。
今回のサントラは、南国っぽいノリの癒しサウンドが心地良い~。

発売する音楽に手抜きが無いんですよ、ディズニーさんジャニーさんも!

映像も爽快感が満点で、海賊船とかも「マッド・マックス」調でカッコ良かったです。

英雄マウイは、上半身裸の太ったオッサンなのですが。

さすがビジュアルの表現も細かいよ、太っているからマウイの乳りん楕円形!

伸びきってましたからビロ~ンと!!

そしてマウイの下半身は、葉っぱを集めてスカート状にしたものを巻いているだけ。

スケスケですよ!

モアナがマウイを下から見上げるシチュエーションが多かったですけれど、何も見えてなかったのか心配です。

一番ビックリしたのは、マウイ役の声優がドウェイン・ジョンソンだった、というところ。

ドウェインが劇中で一曲、フルコーラスで歌っているシーンがあるのですが。
ディズニー・ソングにありがちな起伏に富んだ歌い方をしていて、まー上手い。

この人がプロレスラーだとは信じられません。

長州力に同じことをやれ、って言っても無理ですよ!

ドウェイン・ジョンソンのスゴさを再認識する作品でした。

あと、ニワトリのヘイヘイはテリー伊藤さんに激似でした。


Moana [Blu-ray]

Moana [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Walt Disney Studios Home Entertainment
  • メディア: Blu-ray

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0