So-net無料ブログ作成
検索選択

「ナイスガイズ!」★★★ [映画日記]

TheNiceGuys.gif

ライアン・ゴズリングが出てますけども。

「ラ・ラ・ランド」じゃありませんよ、それじゃナーイ!

宣伝ポスターでは、ゴズリングが割と前面に打ち出されているのですが。
実は主役はラッセル・クロウでした。

しかし旬の威力とはスゴイもので、劇中では、ラッセルの相棒役ゴズリングの方が目立ってる。

ゴズリングに時代の追い風が吹いてんよ。

ビュービュービュービュー吹き込んでんの、隙間風みたいに!

作品の舞台は1970年代のロサンゼルス。
ラッセルは、暴力でトラブルを解決する男役。

ゴズリングは冴えない探偵役。

つまりドジっ子!

2人がコンビを組んで、コミカルな掛け合いをしながら殺人事件の謎を追う、という、エンターテイメント作品に仕上がっております。

ミステリー部分も、なかなかよく出来ていると思います。

なんでも「リーサル・ウェポン」の製作者と脚本家のコンビが手がけたらしく、言われてみれば、マジとコメディのバランス配分がそんな感じ。
同時に「こういうテンションは古いかな」とも思いましたけども、「昔っぽさ」がコンセプトになっているから全く気にならない。

加齢臭が気にならな~い!

あえて時代設定を古くしたところが勝因でしょうか。

無理に若作りしないほうがいいわな、京本政樹も!

ゴズリングの芸の幅ってスゴイわな。
作品ごとにガラッと違うわな。

化けるわな、この子!

今回は、ちょっとしたことで悲鳴を上げる、なんとも頼りない「のび太風味」を出してきているゴズリング。

どっちかっていえば、同じライアンでも、ライアン・レイノルズが演じた方がハマりそうな役でしたけども。
ゴズリングが演じたおかげで、「粋」な感じが出たと思います。

かつて「L.A.コンフィデンシャル」で共演したラッセル・クロウとキム・ベイシンガーが、劇中でご対面~。
映画ファンを喜ばせるキャスティングでした。

2作品とも舞台がロサンゼルスだし~、あえてリンクさせてきたのかも。

「仕込み」だわな!

テレビ男優のマット・ボマーも出たーっ。

他の映画作品だと、マットはイントロ部分だけ担当してすぐ退場するか、すぐ死ぬという扱いを受けてましたけども。

耐えてしのんでましたけども!

なんと今回のマットは、話の途中から出てきたわい。

ねじ込んでくるんですよ!

映画で、こんなにも活躍するマット・ボマーを見たのは初めてです。

まーね、しかしながら。

結局はボコられるマット・ボマー!

「せめてラストシーンまで生き残ってほしい」という気持ちで応援していました。

それはかつてショーン・ビーンを見ていたときの気持ち。

懐かしかったです。


The Nice Guys [Blu-ray]

The Nice Guys [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Icon
  • メディア: Blu-ray

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 2

M

私コレ観るつもりですよ~!あからさまに古くさいビジュアルのチラシに、ゴズりんがいる不思議さ。しかしアッという間に上映終了しそうな不安があります…。
by M (2017-02-27 16:10) 

のむら

Mさん。
観る予定でしたか〜!意外とこの映画、たくさんの映画館で上映されてるんですよね〜。ゴズりん人気に便乗したのかな。しかし油断しないで早めに観たほうがいいかもしれませんね。お楽しみあれ〜。
by のむら (2017-02-27 20:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0