So-net無料ブログ作成
検索選択

「マリアンヌ」★★★ [映画日記]

Allied.gif

*ネタバレはありません。

1940年代が舞台、スパイ夫婦のかけひきを描いた作品です。

夫婦で探り合うんですよ、腹ん中。

嫁が夫を疑ったりするんですよ「なんか今日、いつもと抱き方が違う」とか!

まずは監督がロバート・ゼメキスということで。
昔の風景や空襲シーンなどの絵作りが完璧~。

あえて合成映像っぽくしたりして。
濃厚な空気をつむぎだしております、ムンムンしてんの!

夫婦間で疑いを持つ、という、それほど新鮮味も無い話ですが、結末は気になる~。
夫婦がどうなるかオチを知りた~い。

結局、嫁には勝てぬのか?

結局、嫁が世界最強なんか?

教えとくれよ!

スムーズなストーリーテリングが素晴らしかったです。

夫婦を演じているのがブラッド・ピットとマリオン・コティヤールですよ。

スター様の中のスター様!

2人が発するスターのオーラに圧倒されっぱなし。

ボクちゃん、体中でスターのオーラを浴びたわい。

手であおって頭にもかけたわい!(←お寺のお線香の煙かい)

その結果ボクちゃん、肌ツヤが良くなった気すんの!(←気のせいですか)

この作品を観た後で「ブラピが実生活で離婚した理由は、アンジェりーナ・ジョリーがマリオン・コティヤールに嫉妬したから」と言われたら「なるほど」と納得してしまう。

二つ返事ですよ!

それくらいマリオン・コティヤールがステキすぎる~。

まずはコティやんは、昔の髪型や衣装が似合いますし。
時に敏腕諜報員として、時に妖艶な美人妻として、確かにそう見える説得力もございました。

空襲を受けながらの出産シーンでは、手を握るブラピに「アンタよく見んしゃい!これが、今この時が、何の隠し事もしてないウチの姿やから~!!」と大迫力。

ええ、確かに「何も隠してない」状態でしたけども!(←画面上では見えてません)

ブラピの方も美貌が全開、すんごく若く見えました。
CGでシワでも消してるのでしょうか。

そして若作りのため、髪がふんわりボリュームアップするシャンプーでも使ったのでしょうか。

花王のセグレタとか!

ブラピは、ときどきフランス語もしゃべるしヤル気も十分。
ベッドシーンでのブラピは、サービスでチラッと「尻見せ」。

無料で見せたわい!

まーね。
ブラピなど、50歳を越えた男性ですと、尻の割れ目からは毛がボーボーと生えている場合もあると思うのですが、筆でも挟んでいるかのように!

ブラピの場合はツルンツルン。

刈って来たわい!

尻までスターでした。


Allied [UHD/BD/Digital HD Combo] [4K] [Blu-ray]

Allied [UHD/BD/Digital HD Combo] [4K] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray

nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 6

ネスカフェ

のむらさん

私も見ましたよ。映像や人物の表情でストーリーを語る「行間を読む」タイプの映画だったので、気に入って二回も観に行きました^_^

特にブラピとマリオンの演技が達者なので、一回目はブラピに二回目はマリオンに感情移入していました。終盤は演出が効果的で「早く逃げて」とハラハラし、あのラストシーンには号泣でした。

二回目観たときに気づいたのですが、モロッコでのマリアンヌとの会話や仕草が終盤の伏線になっているんですね。そういう意味でもすごく良く出来た映画ですね。

シリアスな映画ですが、あのキノコ狩りのシーンで「きのこ狩りって旦那のかい!」と思わず突っ込んでしまいました。シモネタ失礼します。
by ネスカフェ (2017-02-19 15:04) 

のむら

ネスカフェさん。
なんとすでに2回も観てるんですね!「きのこ狩り」は僕もそう思いましたよ〜。印象的な場面でしたね。「早く逃げて」のシーンは、演出力が最高潮でした。ハマった人は、あのシーンで号泣なんでしょうね。ハッピーエンドなのか、アンハッピーエンドなのか、どちらとも言えない、あいまいな気分で迎える結末も良かったですね。
by のむら (2017-02-19 16:27) 

ちびまま

はいはい、見てきましたよー コティヤールのお衣裳が素敵で、スタイルもスッキリしているので本当に良く似合ってましたね、オスカー衣裳候補も納得でした。ラストも予想はつたとはいえ、さすがにホロリとさせてくれました。鬼の目にも涙(笑)

ただ最後まで気になった事、冒頭ふんわりとサハラ砂漠だったかにパラシュート降下したブラピ、熱砂の砂漠を歩いて、都合よくスパイ仲間の車に合流。程なくしてパリッとしたスーツ姿に着替えたブラピ、偽の妻に扮したコティヤールと初対面となる訳っすが、あんたねぇ砂漠歩いたよね、汗かいたよね、砂まみれだよね(たぶん)-シャワーどこで浴びたんかい!!ー 汗臭そう!! でした。パリ帰りの設定だから強烈香水でも振りかけたかね。
by ちびまま (2017-02-19 19:39) 

のむら

ちびままさん。
へ〜、衣装でオスカーノミネートされていたんですね!砂漠に降り立ち、そのままスーツ姿に・・。言われてみればたしかに〜!見た感じはサッパリとしていて、ひとっ風呂浴びて来た感じでしたよね。どこかで銭湯に立ち寄ったか・・ビオレさらさらパウダーシートで汗を拭いたか・・。不思議ですね〜。
by のむら (2017-02-20 19:45) 

かつかつ☆

管理人さん、すっげ~ご無沙汰してます<(_ _)>
ブランジェリーナ結構好きだったんで破局がショックでショックでしばらく沈没してました・・・。(ホントか?)

本当に久しぶりに正統派で綺麗&カッコイイブラピが観れたので満足です。(やっぱ今までアンジーに生気吸われ(びしっ!))マリオン・コティヤールさんがすっごく綺麗で同性の私でも惚れ惚れしました♡

オチは途中で読めましたが結構泣けました(涙)
あと二人で機関銃ぶっ放すシーンにしびれました!
特にドレス姿でぶっ放すコティヤールさんは極妻の岩下○麻さんみたいでカッコ良かったです♡(どういう例えだ!)
by かつかつ☆ (2017-06-07 21:43) 

のむら

かつかつ☆さん。
ごぶさたしております〜!岩下志麻さんが、なぜか伏せ字ですね、コメントありがとうございます。マリオン・コティヤールがここまで美人な映画は珍しいと思います。美人オーラも出せる人だったんですね〜。僕も機関銃のシーンはシビれました。美人だからこそ機関銃というアイテムが生きるんですよね〜。
by のむら (2017-06-07 22:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。