So-net無料ブログ作成
検索選択

「東京コミコン」に行ってきたで〜。すんごい盛り上がり。コスプレを見てるだけで楽しい〜。 [映画写真日記]

いや〜「東京コミコン」な〜。

かねてから「コミコンて何じゃい!」…と思ってました。
ハリウッド映画の劇中では、よく舞台になってますけども。
具体的には分からん。
「おそらく、SF映画の祭か何か」と思ってましたけども。

「SF映画の感謝祭か謝肉祭」かと思ってましたけども!

そんなコミコンが、「東京コミコン」と称し、日本で初めて2016年12月2〜4日まで開催〜。
ボクちゃんも最終日の4日(日)に行ってきたわい!

*「東京コミコン」と公式サイトはこちら。↓


「東京コミコン」とは言うけれど。
会場は幕張ネ。

千葉ネ!

正確には「千葉コミコン」ネ!!

会場の幕張メッセ内に入ったら、まずは映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアンだか、チロリアンだかがお出迎え。↓
c2.jpg

その奥はすんごい人〜。
企業や個人のブースがギュウギュウ詰め〜!
これは、相当盛り上がってますよ。
この調子なら、来年は、もうちょっと規模を大きくしてやるかもしんな〜い。↓
c1.jpg

今回の「東京コミコン」にゲストとして来た主なハリウッドスターはジェレミー・レナー。
それと「ロード・オブ・ザ・リング」出演男優。
ピピン役の人て!
2016年にアンタかい!!

2人とも、そりゃまあスターでしょうけども、いまひとつパンチに欠ける人材でした。
次回があるなら、もうちょっとスゴいスターが来てくれそうな予感がいたしました。

いろんなブースを見学して「コミコン」が何か分かりましたよ。
基本的に、映画会社や関連会社が、映像を流したり品物を展示して、宣伝する場だったんですね〜。
それに加えて、個人でアート活動をしている人が出し物を用意して、アピールできる場だったんですね〜。

それを見学する客は…。
コスプレをしてOKなんですね!

入場者は、外人が多かった〜。
とくに白人ですよ。
そんな、手足が長くて、顔が小さい白人たちのコスプレ・クオリティが高〜い。
カッコいいし、カワイイ〜。

日本人のコスプレーヤーも気合い十分。
ボクちゃんは彼らを見て「あっちにカイロ・レン。こっちにエルフがいる」とか言いながら楽しみました。

ボクちゃんは普段着でブラブラしていたのですが。
知り合いに「のむらさんも今からゴラムのコスプレでもすればいいじゃん。脱げばOKだよ」と言われてしまい…。
ボクちゃん、確かにゴラムを演じる自信はある。
むしろ、ゴラム以上に、ゴラムらしいゴラムになれますけども!

わざわざ幕張にまで来て全裸になることもあるまい。
恥をかくこともなかろう!
普段着のままで楽しみました。
「ありのままで」ですよ!(←「アナ雪」ネタ、古いですか)

会場の片隅では、「スターウォーズ」などのコスプレーヤーが撮影されまくり〜。
うわ〜、こういう光景、アメリカのコミコン映像で観たことある〜。↓
c3.jpg

毎年、新宿で「ブレードランナー」イベントを開催している主催者による「ブレードランナー」ブースも盛況〜。
こんなにも、情熱的で作品愛にあふれたブースもないですよ。
メインで展示されててるオブジェは、「ブレードランナー」劇中に登場したスピナーのタイヤカバーですよ。
レアでニッチで、なんだかカワイイですな〜。↓
c4.jpg

あるブースでは。
コテコテに日本的なデザインのハリボテ龍にグルグル巻きにされ、ご満悦の表情で写真を撮られる白人の姿も。
もはやコミコンの枠を超えた、異次元感覚。
こんな感じ。
クールジャパンですよ!↓
c5.jpg

そんな「東京コミコン」で。
ボクちゃんが一番良かったのは、イラストレーター生賴範義さんの原画展示ブースで、20点以上の生絵を至近距離で見れたこと。
ハリウッドSF大作の絵を日本人が描いているなんて、誇らしいですな〜。↓

その次にグッときたのは、日本の手品師ジャックマジシャンさんによる、ジャック・スパロウのコスプレが見事だったこと。
「ホントに日本人?!」と思うくらい、本物のジャック・スパロウにソックリ〜。
*気になる方は「ジャックマジシャン」で検索してみてください。

そんな「東京コミコン」会場にて。
食事スペースでビールを飲んで、すぐに歩き回ったせいか、おなかがゆるくなってきたボクちゃん。
行列の末に入ったトイレの個室。
便器が洋式じゃナーーイ!

そんなところまでクールジャパンでした。


nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 5

sakaya

コミコンってコミックかと思ったら映画寄り?のイベントなんですねえ。
ゴラムってのむらさん・・ゲイリー・オールドマンに何が起きたんですか!

スレチですみませんが、ダウントンアビーが始まり母が生き生きツヤツヤしながらあらすじを教えてくれます。
抱いた抱かれた→トラブル→解決→つかの間の幸福→不幸→最初に戻る
こんな感じでしょうか~。ダウントン、海外ドラマでは普通の方とのことですが、私には無理かも~。
むしろシャーロックとか観たら楽しめるかもしれません。あの007に出ていらした人、モリアーティなんですよね。キワモノっぽくて面白そう。
by sakaya (2016-12-05 12:44) 

えじりんこ

私も行きたかったよ~。

by えじりんこ (2016-12-06 00:09) 

のむら

sakayaさん。
あっ、映画とコミックのイベントという感じでしたよ。ダウントンは録画してまだ観てないのですが、お母さまもツヤツヤなすっているということは面白いのでしょうね。再生するのが楽しみです。しかし、海外ドラマ好きなお母さまって、ステキだと思います。親孝行なすってくださいね。シャーロックはダウントンとは全く違う若々しい作風ですよ。いっぺん観てみてほしいな。

えじりんこさん。
コミコンって、映画好きなら、いっぺん行って体験してみたいものですもんね〜。次回はぜひいらしていただきたいです〜。
by のむら (2016-12-06 00:46) 

とおる

のむらくん、来てくれてありがとね!
ビール呑んでお腹ユルくなってたんじゃ、ゴラムなんて出来ないじゃん。w
by とおる (2016-12-06 11:04) 

のむら

とおるさん。
おなかのゆるみはおさまったので、ゴラムもOKだったのですがね〜。ゴラムを演じるには全裸にならなくてはならず、そうなるとおなかが冷え、再度おなかがゆるくなる可能性がなきにしもあらず!
by のむら (2016-12-06 21:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0