So-net無料ブログ作成
検索選択

「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」★★★ [映画日記]

bridgetjonessbaby.gif

世界を魅了した、ラブコメ界の女王ブリジット・ジョーンズが、アラフォーになって帰ってきたわい。

世界の「ちょいブス」大復活ですよ!

これまでも、「ブリジット・ジョーンズの日記」みたいなテンションの映画は、いくつも作られてきましたけども。
やぱりオリジナルは輝き方が違うわな。

ほんまもんですよ!

冒頭から、自分の誕生日を1人で祝うブリジットが、いい意味でイタいです。

今では演じているレニー・ゼルウィガーも、ハリウッドではイタい存在。

イタさの倍々ゲームでイタ・オモローイ! 

イタすぎて、スクリーンからは、すんごい量のアクが出てるのですが。
そのアクが良いお味。

エグ味がたまらん!

アクお出汁のうちなんでしょうな!!

レニー・ゼルウィガーのハマりっぷりが見事です。

「やっぱりセックスしないとダメね。天井を見上げてする、ありきたりなやつ」というシモネタ発言にも貫禄を感じますよ。

まるで名言みたいに聞こえるんですよ、シモネタが!

久々に「レニー・ゼルウィガーって、やっぱりスゴイんだな」と思わせてくれました。

今回のブリジットは妊娠しますよ。
おなかの子の父親は「元カレか?新カレか?」みたいな感じ。

「種は、どっち?」みたいな!

まーよくあるストーリーなのですが。
そんな手垢のついたネタも、ブリジット・ジョーンズが料理すると何か違う。

共感できる要素、応援できる要素、「なんでアンタがそこまでモテる?!」というツッコミ要素が適度に配合。
特別感のあるエンターテイメントに見えるからフシギ~。
同ジャンルの作品の中では、トップクラスのクオリティだと思います。

ブリジットの元カレ役はコリン・ファースなのですが。
昔はヒュー・グラントの次に輝いていたコリン・ファースも、今ではヒュー・グラントの遥か先を行く大スター。
こんなにも、年々カッコよくなっていく50代の男性は、他にいませんよ。

「ブリジットにはコリン・ファースが一番似合ってる。これは抱かれるべき」と思いながら観てました。

新カレ役を演じているのは、テレビ男優のプシ夫!(←パトリック・デンプシー)

コリン・ファースと並ぶと、存在感が明らかに小粒で「やっぱりテレビの人だわな」と思ってしまうのですが。

プシ夫の役はITサービス企業のイケメン社長ということで。
プシ夫もビジネスでは成功してますし、「カネだけは持ってんど~。何でも買ってやんど~」っていうフンイキだけは出てました。
新札の臭いですよ、お札男優!

ブリジットがプールで溺れそうになったとき、サッと服を脱ぎ捨てて、お水に飛び込み助けたプシ夫。

それを物陰から見ていたコリン・ファースの「やっぱり若い男は泳げるからいいわな。若い男は心臓が強いみたいな目線が切なかった〜。

コリン・ファースの年齢だと、冷たいお水は体に悪いもんねぇ。



ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期-オリジナル・サウンドトラック

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期-オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: クレイグ・アームストロング
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2016/10/21
  • メディア: CD


nice!(8)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 9

内幸町

のむらさん。
ブリジットのイラスト素敵!
愛と青春の旅だちがかかったり
ヒューグラントの葬式だったり
笑いましたね。
エドシーランをスタバの店員よばわれするなんて(笑)
面白かったですね
https://www.youtube.com/watch?v=CWfkL4KnniE

by 内幸町 (2016-11-11 22:36) 

John

こんにちわ。
まさかの「プシ夫」命名されるとは。
ネーミングセンス抜群です。

プシ夫が死んだグレイズアナトミーは
なんだか、寂しくなりました。
これからのプシ夫が
活躍してくれることを
願っています。

コリンはよかったです。
渋さがでてて。
大物になると続編は
断る人もいるのに
いい人なんだと勝手に想像してます。

では、また。日々楽しみにしてます。







by John (2016-11-12 00:29) 

sakaya

前の作品をTVで観てお腹いっぱいなので、これは観ないと思いますが(笑)、コリンはん、スピード2のサンドラ・ブロック並みの男前。
まあ彼がいないと集客が不安ですよね。
プシ夫さんは「共演緊張する・・」とインタビューで言ってたみたいです。

ちなみにヒュー・グラントは「作品底上げ要員」として私の中では評価高いです。スターにはなり損ねたかな。悪くない俳優人生と思いますが。
by sakaya (2016-11-12 10:31) 

のむら

内幸町さん。
いつもありがとうございます!ヒューグラントの扱いが楽しかったですね!続編があるならまた出てきそう〜。エドシーランは「アンタなんて知ーラン」ということなのでしょうね。

Johnさん。
いつもありがとうございます!エッ、グレイズアナトミーでのプシ夫って死んだんですか?!僕はグレイズアナトミー大好きっ子のはずですが、シーズン6で視聴がストップしていて、その先の話は知りませんでした。今回いい役がもらえて良かったですよね〜。

sakayaさん。
そうそう、この映画にコリンファースが出てくれたのが勝因だと思います。もしコリンファースが出ていなかったら・・きっと安いだけの映画になっていたと思います。プシ夫は緊張するでしょうね、他の2人はオスカー俳優ですもんね。前作を観ておなかいっぱいのところ、あえて今回の作品を観てほしいです。「もう食えん!」っていう状態になるでしょうけども〜。
by のむら (2016-11-12 19:48) 

M

エグ味(笑)確かに出てましたね、タップリと。レニーの劣化がやけに心配でしたが、ちゃんと面白かったので安心しました。コリン・ファースは大物になってもマメに働いていて好感度アップです。デプ夫、いやプシ夫では最初から勝負にならなかったかも☆
by M (2016-11-12 20:39) 

内幸町

のむらさん。
アンタなんて知ーランって(笑)
面白い!
by 内幸町 (2016-11-12 20:41) 

のむら

Mさん。
そうそう、レニーの劣化は最初は気になってましたけど、10分くらいしたら慣れました。劣化は演技でカバーしていたと思います。コリンファースとプシ夫が並ぶと、コリンファースの貫禄が圧倒してましたよね。50半ばで立派です〜。

内幸町さん。
「アンタなんて知ーラン」は、口に出して言うとオヤジギャグになりますのでお気をつけて〜。
by のむら (2016-11-13 14:29) 

それいゆ

今日、皆さんがファンタスティックビーストに浮かれている横でこれを見てきました。
とにかく鑑賞後にハッピーになりたかったのです。
ラブコメさいこーですね!何も残らなくても!

コリンもプシ夫もおじさま達は素敵なんだけど、レニーのお直しの影響が出てるルックスは…うーん…。
でもまあ、ブリジットはお金を手にしたら整形に手を伸ばしそうなキャラではあるから、ある意味間違ってない劣化ですが…。
過去映像のブリジットがまぶしかったです。
by それいゆ (2016-11-23 22:43) 

のむら

それいゆさん。
観たんですね!ハッピーすぎるくらいハッピーでしたよね。女優も男優も、あの年で、こういうラブコメが演じられるってスゴいですよね。日本じゃ見かけないですね、こういうの。過去映像のブリジットもコリンファースもまぶしかったです。同時に「そんな昔の作品なのか?!」と再認識しました。自分も同じくらい年食ってるんですよね〜。
by のむら (2016-11-23 23:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0