So-net無料ブログ作成
検索選択
前の4件 | -

「美女と野獣」★★★ [映画日記]

beautyandbeast.gif

鑑賞中は、しばし現実を忘れました~。

デズニーランドに行ってきた感覚ですよ舞浜の!

ディズニー映画系の王道を行くクラシック路線でしたけども。

さすが世界観の作り込みがスゴいわな。

スタッフ全員、ハンパな仕事はしていない。

濃密な空間でスキがナーイ!

隙間風やブヨが入ってくる、スキだらけの我が家とは違うわな!!

「ドリームガールズ」の監督作なんですよね~。

そのせいか、「ドリームガールズ」みたいに、最初っから高いテンションのまま一気にラストシーンまで直行。

あの長い時間、興奮状態をキープできるってスゴイです。

大げさな演出も適度で楽しかった~。

中盤で、食器や蜀台が歌う場面が「もうクライマックスですか?もう終わりですか?と思うほどド派手で笑いました。

出演者も全員が一流芸能人。

そんで芸もお達者!

みんなお歌を歌いますけども、想像以上に上手かったです。

ヒロイン役のエマ・ワトソンは、ちょっと見ない間に立派な大人の女性に成長していてビックリ。

アンタ今、女ざかりじゃんか~!

気が強くて読書好き、という設定も本人のイメージ通り~。

そんなエマの役は、村中の人から「あの子は変人」と歌われる始末。

自分のテーマ曲が「変人ソング」なのでした!

ルーク・エヴァンスが演じた悪役ガストンの出番が、どういうわけか多いです。

前半はガストンが主役みたいなもん。

ガストンのテーマ曲もありましたけども。

歌の途中で披露されるガストンの自慢が「つば飛ばしの距離が村一番」というところに笑いました。

それって、大人としては、むしろ恥だもんねぇ。

野獣役のダン・スティーヴンスは、低音の声が良いわな。

まるでフランク永井ですよ!(←古すぎますか)

見た目は野獣化してますけども、その声で個性を出していたと思います。

野獣の演技は、ちょっと安岡力也風味でした。

野獣は、魔女に姿を変えられた元・王子様なのですがね~。

王子様の時の姿が、全てバカ殿っぽ~い!

野獣の方がクールでカッコよかったと思う~。

生涯野獣でいいじゃない・・・とも思いました。

美女と野獣は、出会ったときは全く愛も好意も抱いていないのですが。

ある瞬間に、ポッと愛が芽生えるんですよね~。

今回の映画でも、その瞬間がハッキリと描かれていたのですが、そこが良いです。

何もない荒野に、小さな新芽が生えるみたいな、ささやかさ。

グッときましたよ、抱いたり抱かれたりするシーンがなくても!

そのあたりが、この物語の魅力なのではないでしょうか。

「美しい見た目だけで、人を判断するから」という理由で、王子様は野獣に変えられてしまったのですが。

結局さ~、最終的に、恋の相手をエマ・ワトソンに絞り込んでいるんですよね~。

結局美人を選んどる!

説得力を出すために、ブスを選んでほしかった~!!

しかし魔女ってコワイわな。

怒って呪いをかけたらば、人の記憶は消すわ、城ごと形を変えるわで大変。

キレたら怖い女でした!

美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック<英語版[1CD]>

美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック<英語版[1CD]>

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: WALT DISNEY RECORDS
  • 発売日: 2017/03/22
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「バーニング・オーシャン」★★★ [映画日記]

DeepwaterHorizon.gif

観ましたよ、バーニング「オーシャン」だか「長万部」だか何だかを!

海上の施設で石油を発掘中に起きた、実際の大事故を映画化した作品ですよ。

事故の原因は何だったのか、悪役を立てて物語っておりました。

「アイツが悪い!」っていうお話。

指差しですよ!

悪役を演じているのはマルコちゃん!!(←ジョン・マルコヴィッチ)

マルコは石油ビジネスの経営者役でしたけども。

作業員に威圧的に接したり、とっても感じの悪いキャラクター。

マルコちゃんのお口から、次々と繰り出される嫌味もバーニングでした。

マルコちゃんも上手に演じてましたよ、アンタもよく見たら悪い顔してるしね!(←失礼)

主人公の作業員が、ヘリで海上施設まで飛んで行くところから始まったり。

経営陣の思惑と安全性のバランスが崩れて惨事が起きる展開など。

ジャンルは違えど、娯楽恐怖映画「ジュラシック・パーク1」に似た構造で、観客は確実に乗ってける。

ノリは、アトラクション感満点の「事故シック・パーク」ですよ。

大惨事に発展してからはストーリー性が無くなるのが残念でしたけども。

衝撃に耐えている部品とか、振り切れそうなメーターの針とか、事故にいたるまでの再現映像がリアルで怖いです。

ちょっと、関東大震災時の原発を思い出してしまいました。

演出が細かくて、リサーチの成果を感じました。

現場監督の役カート・ラッセルがハマってる~。

ハリウッドで最も機械油臭い男優ですし!

カート・ラッセルの役は、なんとお風呂に入っているときに事故が起きてしまうという、お気の毒なお方。

フルチンのままドカーンですから!

あれは悪夢的なシチュエーション。

せめて白ブリーフ1枚だけでいいから穿かせてといてやりたかったです。

絡みは薄いですが、カート・ラッセルは、娘ケイト・ハドソンとも共演~。

「バーニング親子」ですよ!

一瞬だけの共演シーンはレアでした。

主演はマーク・ウォールバーグ、監督はピーター・バーグということで。

「ローン・サバイバー」でも組んだコンビですけども。

確かに今回の作品も、終わり方は「ローン・サバイバー」に似てるわな。

2人は次回作「パトリオット・デイ」でも一緒に仕事をしているんですよね~。

全部合わせて、実話三部作ということでしょうか?!

もはや実話ビジネスですよ!

たしかに2人が手がけた実話映画はリアルなアクション満載でありながら、適度にポップで観やすいし、誠意も感じて良い出来映え。

しかも3作とも、ジャンルはバラバラで内容はカブらない。

食い合わナーイ!

食材選びもお上手なのでした、速水もこみちみたいに!!

 

Deepwater Horizon [Blu-ray + DVD + Digital HD]

Deepwater Horizon [Blu-ray + DVD + Digital HD]

  • 出版社/メーカー: Lionsgate
  • メディア: Blu-ray

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「リピーテッド」★★★ [映画日記]

BeforeIGotoSleep.gif

2014年のスリラー作品です。

ヒロインは40歳の主婦。

突入したてですよ、四十路!

彼女は病気で、毎朝起きると前日の記憶がキレイさっぱり消え去っている、という症状。

覚えていない過去を探る「記憶」系のお話なのでした。

「ペイチェック 消された記憶」系だわな、よくあるタイプの!

朝、起きたときの主婦の気持ちは、なんと20代だという。

気は若いんですよ!

ボクちゃんだって前日食べたおかずも思い出せず、翌朝起きたときの気持ちは20代ですが?・・・と、ふと思いましたけども。

同じ症状ですが病気でしょうか?(←ただ物覚えが悪いだけですか)

ヒロインの主婦は、全身血まみれで発見されるという事件以来、記憶に障害があるということで。

「一体、事件の犯人はどなた?」・・・という、ミステリーも満喫できました。

なんとヒロイン役を演じているのはキッ子なんですよね~。(←ニコール・キッドマン)

キッ子が出ていると、こんな娯楽作品にも特別な香りが漂いますよ。

高級な香りですよ、うなぎの蒲焼きみたいな!

まずキッはキレイだから、1960年代のサスペンス映画の美人女優みたいな風格があるんですよね〜。

そしてキッ子は「性」をかもしだせるお方。

抱かれそうな風味を出せんの。

抱かれ臭ですよ!

簡単そうな役に見えて、ちょっぴりハードな場面もあって説得力が必要。

この役は、実力派のキッ子が演じて正解だと思いました。

あの美人女優キッ子が、ホテルの廊下を全力疾走してましたしね。

結構いいフォームしてましたよジョイナーみたいな!(←古いですか)

結果的にキッ子は、見事に「女」「妻」「母」の3役を演じきっておりました。

医者役はマーク・ストロングで、夫役は、なんとコリン・ファースなんですね~。

一体どうして、こんな映画に豪華な面子が揃ったのか、その方がミステリー。

そっちのカラクリの方が興味がありますけども!

マーク・ストロングもコリン・ファースもラクそうな役~。

彼らには簡単な仕事だったと思う~。

基本的に、ステキでキラキラした彼ら3~4人だけで話が進むところがクールなのですが。

ラストあたりで全ての過去が明るみになってからは、出てくる人物の全員がブサイクでビックリ。

ガツンときたわい、脳天に金ダライを落とされたみたいに!

まさに夢から覚めた気分にさせる、見事なブサイク演出でした。

リピーテッド [Blu-ray]

リピーテッド [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • メディア: Blu-ray

nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

FOX「ウォーキング・デッド」シーズン7と「24:レガシー」観終わった〜。活躍した美熟女を紹介。 [映画写真日記]

*ストーリーのネタバレはありません。

いや〜FOXで放送された「ウォーキング・デッド」シーズン7な〜。

先日最終回を観たのですが、やっぱり切なかった〜。

クライマックスでは「うああああ〜っ」と声が出たわい。

うめいたんですよ!

こちらのお写真は、メインキャストの記念写真。

センターに陣取っている悪役ニーガンが憎らしい〜。↓

w2.jpg

シーズン8も観たい気持ちはあるけれど、同時にもう辛い。

「観たいけど辛い。もうやめたいけど観るしかない」という変な気持ちにさせてくれる、珍しいドラマですよ。

*番組情報はこちら。↓


シーズン7には、シリーズ初の(?)フルCGキャラ、虎が出てきましたよ。

テレビドラマですが、CGのクオリティがお高くてビックリ。

ドレッドヘアの飼い主ついても、生い立ちとか設定がオモローイ。↓

w1.jpg

シーズン6に出ていた、あるコミュニティの女性リーダー。

演じていたのはトヴァ・フェルドシャーという女優さんですけども。

こちらのお写真はダリルとのツーショット。

おばちゃん、若々しく撮れてんよ!↓

w3.jpg

こちらのお写真は、どっかの会場にて。

ドラマ「アウトランダー」の主演女優カトリーナ・バルフとのご対面シーン。

宝塚にハマるタイプかも。↓

w4.jpg

そんなトヴァ・フェルドシャーさんなのですが。

Netflixでミュージカル・コメディ・ドラマ「クレイジー・エックス・ガールフレンド」を観ていたら。

ヒロインの母親役としてトヴァ・フェルドシャーさんが出てくるやいなや、歌い出してビックリ。

曲名は「アンタ、おトイレどこよ?」です!

「ウォーキング・デッド」では深刻な顔しか見せてませんでしたけど、もしかしたら楽しい人なのかも〜。



続きまして。

FOXで放送された「24:レガシー」も、つい先日観終わりました。↓

w5.jpg

主演はコーリー・ホーキンズですよ。

先日公開された映画「キングコング 髑髏島の巨神」にも出てましたけども。

テレビドラマじゃ主役でも、映画じゃこの位置っていうのが寂しい〜。↓

w6.jpg

いや〜「24」のスピンオフの「24:レガシー」でしたけども。

まあまあ普通に面白いのですけども。

キーファー・サザーランドが不在だと、やっぱりイマイチ〜!

「はっちゃけた感」が無いんですよね〜。

ちっちゃく納まっているのが残念でした。

*番組情報はこちら。↓


テロ対策ユニットCTUの元局長役はミランダ・オットーですよ。

「HOMELAND」シーズン5に続いて「政府組織の女」役。

すっかり「組織美人」のイメージが定着〜。↓

w8.jpg

そんなミランダ・オットー起用の効果もあってか、今回の「24:レガシー」は、どことな〜く「HOMELAND」シーズン5臭かったです。

ちょっとツンしたわい!

CTUの分析官役はダン・ブカティンスキーでした。↓

w7.jpg

ドラマ「スキャンダル」劇中では、爺さんに抱かれている役だったブカティンスキーですけども。

こちらのお写真が「スキャンダル」での出演シーン。

名シーンだわな。↓

w9.jpg

「スキャンダル」を降板した後、調子よく「24:レガシー」に出演できて良かったと思います。

「スキャンダル」の時とは違って、「24:レガシー」では、精悍な40代男性に抱かれていたという役のブカティンスキー。

抱かれる相手が、大幅ランクアップ〜!

性的な待遇も良くなってました。↓

w10.jpg

*「海外ドラマBOARD」でも「24:レガシー」について書かせてもらいました。

ぜひぜひご覧ください。(タイトルをクリック↓)




nice!(8)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の4件 | -