So-net無料ブログ作成
検索選択
前の4件 | -

「銀魂」★★★ [映画日記]

gintama.gif

テレビアニメ版はよく観ておりました。

楽しいんですよね~、発想も表現も自由で。

ノビノビしすぎてるんですよ、夏休みの学生みたいに!

版権侵害ギャグとか、批判を恐れずに何でもやっちゃうところも好きです。

宇宙人が出てくるハチャメチャ・コメディ時代劇でありながら、派手な立ち回りや、熱い心もあるのも魅力〜。

そんな「銀魂」が、まさかの実写映画化ということで。

広げてしまったわな、ビジネスのすそ野。

欲を出したわな、企業!

おかしな生き物がたくさん出てくるし~、映像を仕上げるのは、とっても難しいと思うのですが。

観てみたら、なんとなく、ちゃんと「銀魂」の世界になっていて感心~。

着ぐるみ等を使って、チープさを逆手にとって、味にしてるんですよね~。

あえての「安さ」ですよ、爆安!

巨大な犬「定春」は着ぐるみではなくCGキャラにしちゃったネ。

その部分は浮いていたけれど、まー仕方ないわな。

他にやりようの無い子だしさ〜!

他に行き場の無い子なんですよ!!

スタッフも出演者も、いろいろ考えて、よくがんばってるな~と思いました。

監督・脚本は、ドラマ「勇者ヨシヒコ」などの福田雄一さんなんですよね~。

この実写化は福田さんが手がけたから、形になったんですよね~。

どんなふうに演出しても許せてしまうんですよね~、作風自体がゆる~い自虐だから。

開き直ってっから!

SFやコメディ・マンガの実写化って、マジメに取り組むと失敗する気がすんの。

カッコつけてやると、ダサく仕上がんの!

福田くらいの、斜に構えた態度で、深夜に放送されているドラマのクオリティを目指すくらいが、ちょうどいいのかもしれません。

今回は、福田ファミリーである佐藤二朗さん、ムロツヨシさん、安田顕さんが、脇役として福田さんの世界を完璧に補完。

ゆる芸・御三家ですよ!

あの3人が出てくると、どうしてもニヤニヤしてしまう。

たまらん!

頼りになる3人だわな、あんなにゆるいのに!!

マンガのセリフを、そのまんま実写に乗っけると、とっても不自然になるはずなのですが。

今回のキャストは、セリフ回しもよく研究しているようで、様になっていてビックリ。

実写化するには、髪色ピンクでチャイナ服、中華っぽい日本語を使うという、難易度の高すぎるキャラクター、神楽を演じている橋本環奈ちゃんもホントよくがんばってる。

合格ですよ、コスプレ女王!

写真撮らせてほしい〜、生写真を〜!!

演じてくれてありがとう~。

志村妙役の長澤まさみちゃんは、コスプレ度数は少ないけれど怪演。

演技の幅を出し、プロ根性を見せつけておりました。

ああ、これが、まさみクオリティ!

銀時役が小栗旬くんていうのは、なんだかイメージと違うのですけども。

それでも小栗。

腐っても旬!

なんとなく、演技力と身長でカバー。

演技のツボを押さえている、というか~、銀時のカッコよさを表現しようとしているのが伝わってきて、うれしかったです。

旬は、実写化には慣れてるからね。

実写化の「さばき慣れ」ですよ!

ちょっと、しゃくれた銀時になっちゃいましたけども~。


実写版 映画『銀魂』 オリジナル・サウンドトラック

実写版 映画『銀魂』 オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: MUSIC ILLUMINATED Co., Ltd.
  • 発売日: 2017/07/12
  • メディア: CD

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

FOX「Empire 成功の代償」シーズン3を観終わってます。まさか!ルーマー・ウィリスが大役を得て輝いた。 [海外ドラマ日記]

いや〜、FOXで放送された「Empire 成功の代償」シーズン3な〜。

ヒップホップの音楽界を舞台にした、ゴージャス感あふれるドラマですけども。

とっても楽しかったです。


Empire: Season 3 [DVD] [Import]

Empire: Season 3 [DVD] [Import]

  • 出版社/メーカー: 20th Century Fox
  • メディア: DVD


シーズン2で、若干、作風が落ち着いたかな、と思ったけれど。

シーズン3では、やっぱりソコソコ派手になり、持ち直してよかった〜。


*FOXでの番組情報はこちら。↓




ジャマルは、シーズン3で髪を伸ばしたらオーラが半減したわな。

アンタ、丸坊主の方がいいよ。

今すぐ刈りなよ、バリカンで!

*写真、右がジャマル。↓

e1.jpg


クッキーさんは、相変わらずファッションがすごいことになっていて、ついつい見とれてしまいます。

ホントにおもしろーい。

こちらの扮装は、一体どんなコンセプトなのでしょうか?!↓

e2.jpg


こちらも普段着です。↓

e3.jpg


こちらもお高そう〜。↓

e4.jpg


こちらのお洋服は、おなかの部分がアクセントになっております。↓

e5.jpg


拡大図。↓

e6.jpg


チラッとゲストとして出てきたのはガショ子!(←ジーナ・ガーション)

ガショ子って、ドラマの中ではカネ持ち役が多いわな。

カネを持ってそうな顔をしてるのでしょう。↓

e7.jpg


その他のゲストの中で。

最もグッときたのは、ブルース・ウィリスとデミ・ムーアの娘、ルーマー・ウィリスですよ。

シンガーソングライターという大役を得て、これまでの女優人生の中で最も輝いておりました。

劇中で、大熱唱してましたから。

ああ、あのパッとしなかった子が、ついにここまで来たわい!

*写真、右が「Empire 成功の代償」出演時、左がパッとしなかった頃。↓

e8.jpg


ルーマー・ウィリスって、昨年後半から「妙にキレイになった」と評判でしたけども。

これってつまり。

「Empire 成功の代償」への出演が決まり、それを芸能生活での転機と認識し、決意の整形を決行したのでは?!

決意の「エラ削り」ですよ!

だとしたら、それでステップアップ大成功〜。

ルーマー・ウィリスの成功は、「エラ削り」という代償を払ったんですよ!


ドラマの劇中では、お色気シーンも果敢に挑戦。

そりゃあアンタ、これでもデミ・ムーアの娘ですから。

お色気も難なく出せますけども。


風呂場で魅せた笑顔はブルース・ウィリス似。

おじさんっぽかったのが残念でした〜。↓

e9.jpg



*「海外ドラマBOARD」でも「Empire 成功の代償」について書かせてもらいました。

ぜひぜひご覧ください。(タイトルをクリック↓)





nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「メアリと魔女の花」★★★ [映画日記]

meari.gif


このアニメ、すんごいヨ!

一時的に魔女になった少女メアリが繰り広げる、ちょっとしたファンタジー・アドベンチャー映画なのですが。

なかなか楽しい作品なのですがね~。

宮崎駿さんが手がけた、俗に言う「宮崎アニメ」にそっっっっっっくり!

あの爺さんにそっっっっっっくり!!

それも「千と千尋の神隠し」以降の、ヨボった「宮崎アニメ」じゃありません。

「魔女の宅急便」あたりの頃、駿さんの演出が冴え渡っていた黄金期の頃の「宮崎アニメ」。

爺さんが一番良かった頃ですよ!

そんな「宮崎アニメ」黄金期のエッセンスを抽出し、再構成して現代に蘇らせた禁断の作品…。

まさに魔法を使ったような出来映え!

お話が始まってからというもの、「宮崎アニメ」で見たことあるような、ないような、そんなキャラクターが続々と出てきますよ。

ヒロインのメアリがずっこけて「イテテテ~」なんていう場面すらも、どっかで見たことあるような、ないような。

脇役が笑ったり泣いたり、感情的な動作と環境も、「宮崎アニメ」のフォーマットを踏襲。

メアリが、ほうきに股がる姿や仕草、猫ちゃんの存在感などは「魔女の宅急便」から。

「夜間飛行」という名の不思議アイテム、決戦の舞台となるエンドア大学のデザインは「天空の城ラピュタ」をほうふつ。

その他のシチュエーションも、「宮崎アニメ」にありがちな百景。

オマージュにも程がある量~!

もはや「宮崎アニメ」あるある状態ですよ!!

ラストシーンからエピローグ映像に突入、主題歌が入るタイミングまで、完全に「宮崎アニメ」。

なんだかもう、感心しすぎて拍手したくなりました。

聖子ちゃんのモノマネをするまねだ聖子さんの芸が素晴らしくて、拍手をしたくなる気分と同じですよ!

モノマネ芸人への賞賛とおんなじ!!

これ、外人が観たら「宮崎アニメ」だと勘違いするんじゃ?

ダマせると思う~、アメリカ人を!(←アメリカ人に失礼)

米林宏昌監督の演出ついて、とりたててズバ抜けた個性やセンスを感じたことはなかったのですが。

ここまで「宮崎アニメ」っぽい作品が作れるのも才能だと思います。

「リミックスの天才」とでも言いましょうか。

もしかしたら製作サイドから「宮崎アニメっぽいものを」との指示があったのかもしれませんが。

もしそうなら、100点満点の仕事ぶり。

それに、これって宮崎駿さん公認なんでしょ?!

こういうことを堂々とやれる場所があり、売り出す環境があるのは、米林宏昌監督にとっては、幸せなことだと思います。

もうこのまんまで行ってほしい、こういう芸風で!

まーね、「宮崎アニメ」にそっくりとは言え、駿さん特有の持ち味である、力学を感じる飛行演出、工学を感じるミリタリー・センスとオタク感、物語の壮絶感、凶暴性や男心をくすぐるカッコよさは、一切ない。

アクはナーイ!

なんとも甘口で、かろやかで、なんだかディズニーアニメっぽいノリも感じました。

日本人の観客はアニメを観る目が肥えていて、相当の野心作を見せつけないと認めてくれませんけども。

外人客には、これくらいの塩梅で良いのかも。

あと、赤毛の魔女が、お姉さんぽくて、めちゃめちゃカワイかったです。

ブーツをはいてるのが良いんだよね~。

「借りぐらしのアリエッティ」とかもそうでしたけども。

米林宏昌監督の好きなところは、女子にブーツをコーディネイトできるところです。

そんな赤毛の魔女が、年をとった姿も出てくるのですが。

それは色気へったくれもナーイ!

一番せつない場面でした。



メアリと魔女の花 オリジナル・サウンドトラック

メアリと魔女の花 オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: トイズファクトリー
  • 発売日: 2017/07/05
  • メディア: CD

nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ライフ」★★★☆ [映画日記]

life.gif

ジャンルや、物語の構成は「エイリアン」なのですけども。

感覚がイマドキ。

流行感があるんですよ、トレンディ!

主な舞台は宇宙ステーション内ですけども、無重力感を全面に打ち出してきたわな。

ふんわりしとる、み~んな浮ついてんの!

なかなか、ここまでフワフワした「エイリアンもの」は無いですよ。

革新的な映像技術を見せ付けた映画「ゼロ・グラビティ」以降の世代の「エイリアン」、という感じで、見た目が新しかったです。


悪役の宇宙生物は、元は火星から採取した細胞だったんですよね~。

単細胞ですよ!

そんなところも、なんとうか~、よくわかんないけど、現実的な宇宙計画っぽいというか~。

NASA的な?

あっちのお国的な?・・・そんな印象を受けました。

宇宙生物のデザインは、目・鼻・口があるわけじゃないんですよね~。

海の生物みたいヒトデとかナマコとか、そんな感じ。

磯の香りがしてきそうなんですよ!

タコ状に成長した生物が、人の体にまとわりつく場面は気色悪かったです。

はがしても、はがしても巻きついてくるんですよ。

なかなかしつこいお方でした、松居一代さん並みに!

そんな宇宙生物ですけども。

大好物の酸素に食いつく姿は、どこかカワイイ~。

カルカンに食いつく猫ちゃんと変わりありませんでした!

そんな作品なのですが、豪華な出演者が集まりましたよ。

ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、レベッカ・ファーガソン、そして真田広之さんですよ。

彼らの演技には、B級役者には出せない高級感が漂っておりました。

ジェイク・ギレンホールは、お得意の泣き顔もキマった~。

この人、ついに宇宙でも泣いたわな!

宇宙生物に次々と殺されていくメンバーなのですが。

はたして、日本代表の真田広之さんは生き残れるか?!

やっぱりアジア人だからダメなのか?!・・・まずはその展開が気になりました。

結局~、将来性の薄い役者さんから死んでいった、という解釈でいいのかな?

次に気になったのは。真田広之さんの役に子が生まれたという場面。

「真田さん、50半ばで子作りかい」と思いましたけども。

もしかしたら、今回の真田さんはアラフォーくらいの役だったのかもしれません、若く見えるからねアジア人は。

さらに子が生まれる際に、真田広之さんの嫁役を演じた女優さんがチラッと姿を見せるのですが。

なんだか冴えない嫁~。

ああ真田さん、そんな嫁を抱いたんか?!

きっと、嫁の荒れた姿は「お産で疲れ果てている。全てを出し切った後」という役作りだったのでしょうね。



Life

Life

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Milan Records
  • 発売日: 2017/05/05
  • メディア: CD

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の4件 | -