So-net無料ブログ作成
前の4件 | -

「教授のおかしな妄想殺人」★★★ [映画日記]

IrrationalMan.gif


2015年の作品です。

劇場で観逃してましたけども、先日ケーブルテレビで放送されたので録画してみました。


ウディ・アレン作品の主演がホアキン・フェニックスというのが新鮮~。

ホアキンが役作りで太っていて、おなかのお肉がプヨプヨなところも新鮮~。


あのお肉、新鮮~!(←さばきたての豚肉かい)


今回のホアキンは、どこか影のある中年の大学教授役。

ピッタリの役どころですけども、ウディ・アレン作品に起用される男優にしては重めのオーラ。



どんな男優もウディ・アレン作品に出演すると、ウディ・アレンが憑依したような軽い口調と振る舞いになりますけども。


のりうつっちゃいますけども、お爺ちゃんの生霊が!


ホアキンの場合、それはない。

お爺ちゃん臭くありませんよ。


入れ歯臭くナーイ!


ホアキンのおかげで、どこかウディ・アレン作品らしくない空気感になっていたと思います。


ホアキンの持ち味がジジ臭さをキレイサッパリ消し去ったのでしょう、豚肉の臭み生姜汁消し去るみたいに!


逆に言えば、ウディ・アレンとの相性は悪いかな。


同じ「生」でも、生ハムと生クリームは合わないみたいな状況でした!


そんな、哲学的でロマンチストである教授が抱く自殺願望から、なぜかロマンスや殺人事件にまで次々と鮮やかに発展していく物語。


劇中「ロマンチストは自殺までロマンにしてしまう」というセリフがありましたけども。

基本的に中年男性のロマンが描かれていて、それがダークすぎて楽しかったです。


この作品は、一般的な評価は低いですけども、ボクちゃんは結構好きかも~。


アートや文学を引用したり、相変わらず、脚本内の語彙も豊富で感心~。


大学生のパーティとか授業とかの場面も、ウディ・アレンが演出したと思うとビックリ。


女子大生とボーイフレンドがイチャつく場面もウディ・アレンが演出してるんだよね?


チュッチュチュッチュしてるところも、あのお爺ちゃんが仕切ってんだよね、こわい!


すごいお爺ちゃんだと思いました。


女子大生役を演じているのはエマ・ストーンが圧倒的なかわいらしさ。


撮影中はお爺ちゃんにセクハラされたのかな?



あの妄想監督に何かされたのかな?・・・とか、ついつい思ってしまう今日この頃でした。



教授のおかしな妄想殺人 ブルーレイ [Blu-ray]

教授のおかしな妄想殺人 ブルーレイ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」★★★ [映画日記]

renegades.gif


このアクション映画、製作と脚本はリュック・ベッソンですよ。


あのお方ご商売!


物語の時代設定は1995年で、メインで活躍するのはネイビー・シールズなのですが楽しいヨ。


お堅くナーイ!


なんと、ネイビー・シールズが、湖に沈んでいるナチスの金塊をいただこう、というお話。


パクるんですよ!


ミリタリー要素に「オーシャンズ11」みたいな怪盗要素をドッキング。

今までありそうで無かったタイプの娯楽作に仕上がっておりました。


冒頭から戦車が街を爆走、ときどき大砲をぶっ放して、まずは、大人の「戦争ごっこ」風味がたまりません。

水中での強奪場面も、みんな軍人だから機材の扱いが鮮やか。


手クセが良いわい!


他の強盗映画にありがちな「誰かが失敗しそうなイライラ感」は皆無。


とっても気持ちのいい強盗~!


水中場面のCG映像もクオリティが高くて安くない。

これで大スターが出ていたら超大作と言ってもいいくらい。


劇中に出てくる金ののべ棒からは、純粋なお宝オーラが出ております。


やっぱいいよね、金色は~!


目がくらんだわい!!


ボクちゃんも、そののべ棒、1本でいいから分けてほしかったです。


1本もらったら換金して、焼肉を食べに行きたいです、牛角に。(←ささやかな夢じゃな)


ラストシーンでは、どういうわけか、こんな映画なのに涙が出たわい。


泣いたんですよ、コソ泥映画で!


軍人さんが、みんないい人なんですよね~。

「兵隊さん、ありがとう」と言いたくなりました。


逆に言えば、全員にキャラクター性は無く、シンプル過ぎる印象になるのが、やや残念でしたけども。

これくらい単純な構造の方が、何も考えずに楽しめるから良いのかな。


出演している有名人は、軍の上官役J・K・シモンズくらいで、あとのキャストはサリバン・ステイプルトンとかテレビ男優等なのですが。


ヒロイン的な役を演じている美女が「ブレードランナー 2049」で悪役を演じたブレイク寸前女優のフク美~!(←シルヴィア・フークス)


なんか、めっけもん!!


ささやかながら、お宝を発見した気分になりました。



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ブライト」★★★ [映画日記]

bright.gif


Netflixのオリジナル映画ですよ。

主演はウィル・スミス。


あの大将!


ジャンルは「警官もの」ということで、「きっとよくある犯罪捜査映画っしょ。きっとヤクの売人でも捕まえる話っしょ」程度に思っていたら違―う。


いきなり、エルフとかオークとか出てくんの。

セリフの中ではドワーフの存在も明らかに。


「ロード・オブ・ザ・リング」にも出てきたファンタジーな種族が、人間と共存している世界観が斬新~。


美形種族のエルフと、ワイルド種族のオークは対立しているっぽい。

まるで、かつての白人と黒人みたいな関係性。


近年のエンターテインメント界では人種の多様化が進みましたけども。


今回の作品でさらに進ませたわいオバケの領域まで!


まずは、そのエルフやオークの特殊メイクが素晴らしいクオリティ。

お肉を貼り付けているタイプのメイクだと思いますが、とくにオークの肌の質感が小汚くて味わい深い。


豚とサイを継ぎ足したみたいなお肌。


湯上り卵肌の桃井かおりには程遠いお肌ですよ!


そんなお肌に、ついつい目が行ってしまう。


そして「アンタ、開いちゃってんよ毛穴!」と、ついついチェックしてしまうのでした。


ウィル・スミスって宇宙人オバケと相性バッチリ!


劇中では、オークとイヤイヤ相棒を組んでいるという設定ですが、なんともそのツーショットが自然に馴染んでおりました。


「慣れてるよね、オバケの扱い」と思いました。


エドガー・ラミレスが出ていることは知っていたので、「きっとウィル・スミスの相棒オーク役だよね。あの顔なら絶対オークだよ」と思っていたら。(←失礼)


なんとビューティフルなエルフ役で出てきたわい、あの顔で!


ヒゲの剃り跡も皆無。


厚~く塗りこんできたわい、ソフィーナ!


その結果「ホストになりたがっているブサイクな男」みたいなビジュアルに~!!


ということは、ウィル・スミスの相棒オーク役って誰?!・・・と思ったら。

鑑賞後に調べてみたら、その正体がジョエル・エドガートンと知ってビックリ。

メイクが派手すぎて、ジョエル・エドガートンのお味が全く出ていない。


アンタのお味は無味無臭~!


そんな役、誰が演じても同じなのに、よくやったと思いました。


敵の凶暴なエルフ役がノオミ・ラパス、っていうのがステキでした。

エルフメイクも決まってましたしね。


ウィル・スミスの役は案の定、情け深い善人で、ストーリーも普通でしたけども。

脇のキャスティングがスパイシー。


Netflixのオリジナル映画で、当たりを引いたことはありませんが。


スカしかありませんでしたけど!


この作品は比較的まとも~。

マシな出来でした。

 


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」★★★ [映画日記]

Chef.gif


2014年の作品です。

ジョン・ファヴローが、なんと製作・脚本・監督・主演を務めておりますよ、もうヤル気マンマン、エネルギーッシュ!


ジョン・ファヴローといえば、映画「アイアンマン」シリーズを監督していたものの、その完結編では監督を降板してしまいました


降ろされたかもしれないんですよね~、上の人から。


引きずり下ろされたかもしれないんですよ、パンツを引きずり下ろされたみたいに!


今回の作品は、主人公のシェフが料理店のオーナーから「保守的な料理を作れ」と指示されて反発、自由な感覚で料理をふるまう商売を始めるという内容。

会社の上層部やSNSから文句を言われ続ける仕事にうんざりした感は、「アイアンマン」監督を降りた事情に似てる気がしました。


数々の料理がフィーチャーされる「グルメ映画」という一面もあり、主人公は独創的な料理を作りたがっている設定だったから、どんな面白いごちそうが出てくるのか、と待っていたら。


オリーブオイルとニンニクたっぷりのパスタとか、お肉を焼いたやつとか、芋を揚げたやつとか、チーズを挟んだトーストとか、お肉を挟んだサンドイッチとか。


なんというか、アメリカ人男性が好きそうな高カロリーのものばっかり。


デブが好きそうなメニューづくし!


結局アンタ、ジョン・ファヴローの好物を並べただけじゃんか~ズラッと~!!


グルメ映画の割には、料理は大味でした。


また主人公の元妻役がソフィア・ベルガラ、元カノ役がスカーレット・ヨハンソンという2大セクシー女優。

しかも、その美女2人が、別れた後でも超・優しく接してくるというありえない設定で、2人ともすんごいステキ。


ちょっとしたハーレム状態ですよ、オッサンの夢!


しかし仕方ありません。

ジョン・ファヴローが好き勝手に作った映画ですので。


「やりたいことをやる。オッサンの夢をかなえる」がテーマですので!


また、ソフィア・ベルガラの元・夫役がロバート・ダウニー・Jrというのも楽しい~。

ロバート・ダウニー・Jrも若々しくてスターオーラがムンムン。


バッチリ染まってました、白髪も!


主人公には10歳の息子がいるのですが。

厨房で調理をちょこまかと手伝ったりしてカワイかったです。


父子の交流場面では泣きました~。

そんな家族エピソードと、お仕事エピソードが交錯して物語は進行するのですが。


独立して自営業になった主人公の仕事がトントン拍子すぎる~。


そんなにうまくいきますかフリーランス!?


純度の高い、エクストラ・バージン・オッサン・シンデレラ・ストーリーでした。



シェフ 三ツ星フードトラック始めました [SPE BEST] [Blu-ray]

シェフ 三ツ星フードトラック始めました [SPE BEST] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray

nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:映画
前の4件 | -